ゲーザ・ハプスブルク=ロートリンゲン

ゲーザ・ハプスブルク=ロートリンゲンドイツ語: Géza Habsburg-Lothringen1940年11月14日 - )は、ハンガリーハプスブルク=ロートリンゲン家の一族で、美術史学者。ロシアの金細工師ファベルジェについての世界的権威[1]

ゲーザ
Géza
ハプスブルク=ロートリンゲン家
Wappen Habsburg-Lothringen Schild.svg

全名 Géza Ladislaus Euseb Gerhard Rafael Albert Maria
称号 オーストリア大公・ハンガリー王子・ボヘミア王子・クロアチア王子など(非公式)
出生 (1940-11-14) 1940年11月14日(79歳)
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国ブダペスト
父親 ヨーゼフ・フランツ・フォン・エスターライヒ
母親 アンナ・フォン・ザクセン
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

祖父は、戦間期ハンガリーの国王候補に推戴されたことで知られるヨーゼフ・アウグスト大公。同妃のバイエルン王女アウグステを介して、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の血も引く。

経歴編集

 
ゲーザの両親:ヨーゼフ・フランツ大公とアウグステ大公妃

1940年11月14日ヨーゼフ・フランツ大公と、ザクセン王フリードリヒ・アウグスト3世の娘アンナの三男としてブダペストにて誕生。

1965年、スイスのフリブール大学ドイツ語版にて博士号を取得[1]1966年、世界的に有名な競売会社であるクリスティーズに入社し、1980年に同ヨーロッパ事業会長に就任する。ニューヨーク・インテリアデザイン大学英語版ニューヨーク大学で准教授、メトロポリタン美術館講師などを歴任し、2014年4月1日より就実大学客員教授を務める[2]

2019年11月、日本を中心とするアジアに「ハプスブルク家認定商品」などを展開することを視野に、株式会社サンライズジャパングループ・ドーモとライセンス契約を締結した[3][4]

子女編集

出典編集

  1. ^ a b Олег Сулькин (2016年12月13日). “Геза фон Габсбург: «Мы хотим воскресить императорский стиль»”. ボイス・オブ・アメリカ. https://www.golos-ameriki.ru/a/os-faberge/3634496.html 2019年10月6日閲覧。 
  2. ^ 平成26年4月1日に着任されます客員教授ハプスブルク大公からビデオメッセージが届きました
  3. ^ “株式会社サンライズジャパングループ・ドーモ株式会社とゲーザ・フォン・ハプスブルク大公がライセンス契約”. PR TIMES. (2019年11月11日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000012796.html 2019年12月18日閲覧。 
  4. ^ “日本初!華麗なる一族ハプスブルク家の正統ウエディングが挙げられることに”. TABI LABO. (2019年11月21日). https://tabi-labo.com/292760/wt-habsburg-wedding 2019年12月18日閲覧。 
  5. ^ a b c Bernhard Ecker (2018年4月). “Die neuen Habsburger: Glanz und Gloria”. トレンド (雑誌)ドイツ語版. https://www.trend.at/wirtschaft/habsburger-glanz-gloria-10460070 2019年10月6日閲覧。