メインメニューを開く

コアノゾア類 (コアノゾアるい、Choanozoa)は、襟鞭毛虫類後生動物から構成される、真核生物オピストコンタ系統群のひとつ。襟鞭毛虫類と動物による姉妹群という関係性は、動物の起源を探る上で重要な意味を持つ[2]

コアノゾア
Monosiga Brevicollis Phase.jpg
Monosiga brevicollis
分類
ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota
階級なし : オピストコンタ Opisthokonta
階級なし : ホロゾア Holozoa
階級なし : フィロゾア Filozoa
階級なし : コアノゾア Choanozoa
学名
Choanozoa
Brunet and King, 2017
シノニム

Apoikozoa Budd & Jensen, 2015
Choanimal Fairclough et al., 2013

和名
コアノゾア類[1]

この襟鞭毛虫類+動物というクレードは2015年Apoikozoa[3]と命名されているが、2017年にChoanozoaを使用することが提唱された[4]2018年に出版された国際原生生物学会による分類体系でも同様の見解が示された[5]

学名の"Choanozoa" の由来は、古代ギリシア語: χόανος (choanos)=漏斗またはζῶον (zōon)=動物より。

形態編集

襟鞭毛虫類と動物界との間の密接な関係は、デュジャルダンが襟鞭毛虫と海綿動物の形態学的類似性を記録した1841年より、古くから認識されてきた[6]。特に、襟鞭毛虫の細胞と海綿動物の襟細胞との総体的な形や構造の面には顕著な類似性が観察される。その発見以降、複数回の分子系統解析によってもこの関係は確かめられてきた。しかし、有櫛動物(クシクラゲ類)の系統的位置に関する2013年の提案は、この相同性に対して疑問を投げかけた[7][8]

学名の由来編集

Choanozoaの学名はもともと、1991年トーマス・キャバリエ=スミスによって真核生物の一群に対して使用され始めた。しかし現在では、このグループはクレードを形成しないことが明らかとなっている。

Brunet & King (2017)は、襟鞭毛虫類と動物を包括したクレードに対して、Choanozoaを再定義して用いることを提唱した。古代ギリシア語choanē には襟の意味があり[注釈 1]、これはコアノゾア類の共有派生形質とされた襟細胞と襟鞭毛虫類の繊毛を指している。

コアノゾア類のシノニムであるApoikozoaは、古代ギリシア語のコロニーと動物の意味の語から由来する学名で、多細胞組織を形成する動物と襟鞭毛虫類の両方の形質を指している[5]。しかしコロニーを形成する形質はこのクレードに固有のものではないため、�"Apoikozoa" は公式な学名として適切ではないとされた[5]

進化の位置づけ編集

コアノゾア類の共通の祖先は明確には復元できないが、バッドとイェンセンはこれらの生物が約6億3500万年前〜5億4000万年前のエディアカラ紀の期間に存在していたと知られている微生物マット(柔らかなマット状になった微生物の集合体のこと)の空間の中で生存競争をしていたベンド生物ではないかと示唆した。その通りであったとすれば、単細胞生物であった動物の祖先と謎のエディアカラ紀の微生物との間の進化の断絶・空白を埋める重要なつながりを形成し、最も初期にあった頃の動物とその生態系が復元可能になる[3]

コアノゾア類は系統樹内で以下のような位置におかれる[9][10][11]。約数百万年前のクレードが新しいクレードに分岐していく(バッドとイェンセンの後の論文では、より若い年代を与えることに注意。キンベレラの記事も参照のこと)。Tedersoo et al. (2018)に基づくホロミコタHolomycota)の系統樹は下記の通り[12]

オピストコンタ
ホロミコタHolomycota)
Cristidiscoidea

Fonticulida



Nucleariida 



菌類

BCG2





真菌類  



Cryptomycota





BCG1


Rozellomyceta

ロゼラ  




Namako-37



微胞子虫  








ホロゾア

イクチオスポレア (Ichthyosporea) 



Pluriformea

Syssomonas



コラロキトリウム (Corallochytrium) 



フィロゾア (Filozoa)

フィラステレア (Filasterea) 


コアノゾア

襟鞭毛虫類  



動物  







脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ choanos の意味については、襟鞭毛虫類のWikipediaの多国語版の記事を見ると、「襟」と記載されているが(例:スペイン語版)、コアノゾア類に関しては「漏斗」と記載している(例:フランス語版スペイン語版等)。「襟鞭毛虫類」の英語版記事では2015年8月19日版よりchoanos が"funnel" (漏斗)の意味を指すとする記載が登場している。Choanozoaを「"funnel" + "animal" 」と紹介している動画もある(WikiAudio (2016-01-22), Choanozoa, YouTube)。

出典編集

  1. ^ コアノゾア類 - 日本分類学会連合
  2. ^ Nicole King; Westbrook, M. J.; Young, S. L.; Kuo, A.; Abedin, M.; Chapman, J.; Fairclough, S.; Hellsten, U. et al. (February 14, 2008). “The genome of the choanoflagellate Monosiga brevicollis and the origin of metazoans”. Nature 451 (7180): 783–788. doi:10.1038/nature06617. PMC: 2562698. PMID 18273011. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2562698/. 
  3. ^ a b Budd, G. E.; Jensen, S. (2015). “The origin of the animals and a 'Savannah' hypothesis for early bilaterian evolution”. Biological Reviews: n/a. doi:10.1111/brv.12239. PMID 26588818. 
  4. ^ Brunet, Thibaut; King, Nicole (2017-10). “The Origin of Animal Multicellularity and Cell Differentiation” (英語). Developmental Cell 43 (2): 124–140. doi:10.1016/j.devcel.2017.09.016. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S1534580717307694. 
  5. ^ a b c Adl, Sina M.; Bass, David; Lane, Christopher E.; Lukeš, Julius; Schoch, Conrad L.; Smirnov, Alexey; Agatha, Sabine; Berney, Cedric et al. (2018-09-26). “Revisions to the Classification, Nomenclature, and Diversity of Eukaryotes”. Journal of Eukaryotic Microbiology. doi:10.1111/jeu.12691. https://doi.org/10.1111/jeu.12691. 
  6. ^ Leadbeater, B.S.C.; Kelly, M. (2001). “Evolution of animals choanoflagellates and sponges”. Water and Atmosphere Online 9 (2): 9–11. 
  7. ^ Ryan JF (December 13, 2013). “The genome of the ctenophore Mnemiopsis leidyi and its implications for cell type evolution”. Science 342 (6164): 1242592. doi:10.1126/science.1242592. PMC: 3920664. PMID 24337300. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3920664/. 
  8. ^ Pisani, D.; Pett, W.; Dohrmann, M.; Feuda, R.; Rota-Stabelli, O.; Philippe, H.; Lartillot, N.; Wörheide, G. (December 15, 2015). “Genomic data do not support comb jellies as the sister group to all other animals”. Proceedings of the National Academy of Sciences 112 (50): 15402. doi:10.1073/pnas.1518127112. PMC: 4687580. PMID 26621703. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4687580/. 
  9. ^ Peterson, Kevin J.; Cotton, James A.; Gehling, James G.; Pisani, Davide (2008-04-27). “The Ediacaran emergence of bilaterians: congruence between the genetic and the geological fossil records”. Philosophical Transactions of the Royal Society of London B: Biological Sciences 363 (1496): 1435–1443. doi:10.1098/rstb.2007.2233. PMC: 2614224. PMID 18192191. http://rstb.royalsocietypublishing.org/content/363/1496/1435. 
  10. ^ Parfrey, Laura Wegener; Lahr, Daniel J. G.; Knoll, Andrew H.; Katz, Laura A. (2011-08-16). “Estimating the timing of early eukaryotic diversification with multigene molecular clocks”. Proceedings of the National Academy of Sciences 108 (33): 13624–13629. doi:10.1073/pnas.1110633108. PMC: 3158185. PMID 21810989. http://www.pnas.org/content/108/33/13624. 
  11. ^ Hehenberger, Elisabeth; Tikhonenkov, Denis V.; Kolisko, Martin; Campo, Javier del; Esaulov, Anton S.; Mylnikov, Alexander P.; Keeling, Patrick J. (2017). “Novel Predators Reshape Holozoan Phylogeny and Reveal the Presence of a Two-Component Signaling System in the Ancestor of Animals”. Current Biology 27 (13): 2043–2050.e6. doi:10.1016/j.cub.2017.06.006. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0960982217307078. 
  12. ^ Tedersoo, Leho; Sánchez-Ramírez, Santiago; Kõljalg, Urmas; Bahram, Mohammad; Döring, Markus; Schigel, Dmitry; May, Tom; Ryberg, Martin et al. (2018). “High-level classification of the Fungi and a tool for evolutionary ecological analyses” (英語). Fungal Diversity 90 (1): 135–159. doi:10.1007/s13225-018-0401-0. ISSN 1560-2745. https://doi.org/10.1007/s13225-018-0401-0. 

関連項目編集