ゴールデン湾

ゴールデン湾(英語:Golden Bay)(マオリ語:Mohua)は、ニュージーランド南島北西部の放物面型の浅い湾。 タスマン海に面し、タスマン湾英語版クック海峡の北西に位置する。 北には東西26kmのフェアウェル岬英語版(告別岬)が伸びる。 南からアオレレ川英語版タカカ川英語版が注ぐ。 かつては背美鯨[1]座頭鯨矮小白長須鯨が観察出来た[2]。 西岸~北岸は無人地帯で、南岸にはタカカ英語版村とコリングウッド英語版村、エイベル・タスマン国立公園が有る。 ゴールデン湾とタスマン湾の地理的境界は公園内に有る。 砂嘴の根本はカフランギ国立公園が広がる。 休日にはタタ海岸英語版が賑わう。

ゴールデン湾
Golden Bay
Mohua
Bay
Farewell spit.jpg
衛星写真
ニュージーランド
ゴールデン湾の位置(ニュージーランド内)
ゴールデン湾
ゴールデン湾
ゴールデン湾の位置
ゴールデン湾とフェアウェル岬
エイベル・タスマン国立公園の海岸

歴史編集

 
湾に入るアベル・タスマン

少なくとも1450年には、マオリが沿岸部に住んでいた。

1642年北島から来たNgati Tumatakokiriのイウィ英語版が占領した。 同年、ネーデルラント連邦共和国の探検家のアベル・タスマンが、湾から7kmの位置に停泊した。 Ngati Tumatakokiri人はワカ英語版でオランダ船に近付き、4人のオランダ人船員を殺害した。 この事からタスマンはこの湾を「殺人湾」と名付けた。

1770年大英帝国ジェームズ・クックの最初の冒険で、ゴールデン湾を盲目湾の一部と判断した。

1773年、2度目の冒険で、ゴールデン湾が殺人湾の位置に在る事に気付いた。 フランス王国の探検家のジュール・デュモン・デュルヴィルが「虐殺湾」と改名した。

1823年マスケット戦争英語版の中で、マオリはNgati Tumatakokiri人を絶滅した[3][4]

1842年3月、トゥケットがモトゥピピ村の近くで石炭を発見した。 10月、アン・ロヴェル英語版率いるヨーロッパ人が、マオリの村の近くに入植を開始した[5]

1840年代、「石炭湾」に改名された[6]

1850年代後半、アオレレで金が発見され、湾は「ゴールデン湾」(黄金湾)と改名された[7][8]

2011年12月、周辺地域が豪雨と洪水に襲われた。

2012年6月29日、孤立していたトタラヌイ英語版村への道路が復旧した。

2014年8月、公式に「ゴールデン湾/モフア」に改名された[9]

2017年2月10日、少なくとも416頭の巨頭鯨がフェアウェル岬に打ち上げられ、多くが死んだ[10]

脚注編集

  1. ^ http://www.stuff.co.nz/nelson-mail/news/8918/Sighting-of-rare-whale
  2. ^ Torres G. L.. 2013. Evidence for an unrecognised blue whale foraging ground in New Zealand. New Zealand Journal of Marine and Freshwater Research 47(2). ResearchGate. Retrieved on March 03, 2017
  3. ^ Musket Wars R. Crosby p 21.
  4. ^ Current Anthropology. Vol 53, No 6. Dec 2012. Garden of Rongo. I Barber. University of Otago.
  5. ^ Discovery of coal and freestone, Nelson Examiner and New Zealand Chronicle, Volume I, Issue 4, 2 April 1842, Page 15
  6. ^ Auckland Extracts, Nelson Examiner and New Zealand Chronicle, Volume VI, Issue 287, 4 September 1847, Page 105
  7. ^ Golden Bay”. Te Ara (1966年). 2010年9月14日閲覧。
  8. ^ Advertisements, Colonist, Volume II, Issue 172, 14 June 1859, Page 2
  9. ^ NZGB decisions”. Land Information New Zealand (2014年8月). 2015年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月7日閲覧。
  10. ^ クジラ400頭以上打ち上げられる 救出も「望み薄くなりつつある」」The Huffington Post2017年2月11日