ゴーヴィンド・ラーオ・ガーイクワード

ゴーヴィンド・ラーオ・ガーイクワード(Govind Rao Gaekwad, 1751年4月以降 - 1800年9月19日)は、西インドグジャラート地方ガーイクワード家の当主(在位:1793年 - 1800年)。

ゴーヴィンド・ラーオ・ガーイクワード
Govind Rao Gaekwad
ガーイクワード家当主
別号 マハーラージャ

出生 1751年4月以降
死去 1800年9月19日
ヴァドーダラー
子女 アーナンド・ラーオ・ガーイクワード
サヤージー・ラーオ・ガーイクワード2世
家名 ガーイクワード家
父親 ダマージー・ラーオ・ガーイクワード
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

ダマージー・ラーオ・ガーイクワードの四男として生まれた[1]

1778年、兄ファテー・シング・ラーオ・ガーイクワードが当主サヤージー・ラーオ・ガーイクワードを廃し、新たな当主となった[2]。同年に弟のゴーヴィンド・ラーオはファテー・シング・ラーオに反乱を起こしたが失敗した[3]

敗れたゴーヴィンド・ラーオはアフマダーバードへと退き、そこからプネーへ逃げることを強いられ、亡命生活を送った[4]

1793年7月27日、弟であり当主のマナージー・ラーオ・ガーイクワードが死亡し、ゴーヴィンド・ラーオが当主位を継承した[5]

1800年9月19日、ゴーヴィンド・ラーオは死亡し、息子のアーナンド・ラーオ・ガーイクワードが当主位を継承した[6]

出典・脚注編集

関連項目編集