サニー・ボーイ・ウィリアムソンII

サニー・ボーイ・ウィリアムスン[1] (Sonny Boy Williamson II1899年12月5日 - 1965年5月25日) は、米国ミシシッピ州出身のブルースシンガーブルースハーモニカ奏者。本名は、アレック・ミラー。晩年の1950年代から60年代にかけて、チェス・レコード傘下のチェッカー・レコードから数多くの作品を生み、シカゴ・ブルースの歴史に大きな足跡を残した。

サニー・ボーイ・ウィリアムスン
Sonny Boy Williamson II
出生名 Aleck Miller
別名 Rice Miller
Little Boy Blue
生誕 1899年12月5日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシシッピ州グレンドーラ
死没 (1965-05-25) 1965年5月25日(65歳没)
米国アーカンソー州ヘレナ
ジャンル ブルース
職業 ミュージシャン、歌手
担当楽器 ボーカルハーモニカ
活動期間 1941年 - 1965年
レーベル トランペット・レコード
チェッカー・レコード
共同作業者 ロバート・ロックウッド・ジュニア
エルモア・ジェームス

芸名の末尾にII(あるいはII世)が付けられることがあるが、これは先に同じ芸名を名乗っていたジョン・リー・ウィリアムソンと区別するため。一方のジョン・リーはサニー・ボーイI(あるいはI世)と称される。両者に血縁関係があるわけではなく、I世の成功にあやかりたいII世が無断で芸名を拝借したものである。皮肉なことに結果的にII世はI世を凌ぐ成功を収めた。

来歴編集

ウィリアムスンの生年月日は1899年12月5日とする資料が比較的多いが、1897年1901年1909年など諸説があり、正確なところは判っていない[2]。生まれたのは、ミシシッピ州グレンドーラ近郊のプランテーションであった。彼の幼少期については、多くが謎に包まれている。本名ひとつとってもラスト・ネームを「フォード」とする説と「ミラー」とする説があるなど、決定的な情報はない[3]。独学でハーモニカを学び、他にギター、ドラムスも学んだという[4]

1930年代頃から、ミシシッピ州とアーカンソー州を一帯を放浪し、その過程でエルモア・ジェームスブラインド・レモン・ジェファーソンロバート・ロックウッド・ジュニアらブルースマンと出会う。当時彼は、リトル・ボーイ・ブルーという芸名で活動していた[3]

1941年アーカンソー州ヘレナのラジオ局KFFAで始まったブルース番組「キング・ビスケット・タイム」にロバート・ロックウッド・ジュニアとともに出演するようになった。彼がサニー・ボーイを名乗り出したのはこの頃であり、番組のスポンサーだったインターステート・グロサリーのオーナー、マックス・ムーアは彼がその名前を使うことを提案したと主張している[5]。レコードは出していなかったが、この番組出演により南部一帯でサニー・ボーイの人気は高まっていく。

番組のリスナーの中には後にザ・バンドのドラマーとして活躍するリヴォン・ヘルムもいた。彼は自叙伝の中で、当時のウイリアムスンについて以下のように述べている[6]

オーバーオールに麦わら帽をかぶった、じかに見るサニー・ボーイは、迫力に満ちた印象的な人物であった。分厚い唇は長年ハーモニカを吹いてきたせいで硬くなっていた。ぼくは彼がハーモニカに向かって歌っているのに気づいた。彼の声は金属製のハーモニカを通って、剃刀の刃のように研ぎすまされてから、マイクに到達する。それが歌に、特別な金属的な衝撃のエネルギーをくわえる。

1951年、ウィリアムスンはミシシッピ州ジャクソントランペット・レコードで初レコーディングを行う。エルモア・ジェームスらをバックに、ブギ・ナンバーを中心としたサウンドを披露している。

1955年、シカゴのチェス・レコード傘下のチェッカー・レコードと契約。この頃から拠点も南部からシカゴへ移している。同年、チェッカーにおける初セッションでレコーディングされた「Don't Start Me To Talkin'」がR&Bチャートの3位を記録する。その後も「Keep It To Yourself」(1956年、同16位)、「Help Me」(1963年、同24位)とヒットを生んでいる[7]。チェッカーでのウィリアムスンはトランペット時代よりもぐっとモダンなサウンドとなり、また彼のハーモニカのプレイは、シカゴ・ブルースにおける基本形として、多くの後続プレイヤーに影響を与えた。

1963年には、アメリカン・フォーク・ブルース・フェスティバル出演のため、初めてのヨーロッパ・ツアーを行った。1964年にも再度同フェスティバルに出演した。この間、ウィリアムスンはイギリスアニマルズヤードバーズジミー・ペイジとレコーディングを行っている。

1965年5月25日、再びキング・ビスケット・タイムに出演するためヘレナに戻っていたウィリアムスンは、心臓発作により他界した。亡くなった直後にアルバム『リアル・フォーク・ブルース』が発表された。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『ダウン・アンド・アウト・ブルース』 - Down And Out Blues (1959年、Chess)
  • 『ポートレイト・オブ・サニー・ボーイ・ウィリアムスン』 - A Portrait in Blues (1963年)
  • The Blues of Sonny Boy Williamson (1963年)
  • 『ライブ』 - Sonny Boy Williamson and Memphis Slim (1964年)
  • 『サニー・ボーイ・ウィリアムソン&ザ・ヤードバーズ』 - Sonny Boy Williamson and the Yardbirds (1966年、Fontana) ※with ヤードバーズ
  • 『リアル・フォーク・ブルース』 - The Real Folk Blues (1965年、Chess)
  • 『ジミー・ペイジ&ソニー・ボーイ・ウィリアムソン』 - Don't Send Me No Flowers (1966年、Charly) ※with ブライアン・オーガー・アンド・ザ・トリニティージミー・ペイジ
  • 『モア・リアル・フォーク・ブルース』 - More Real Folk Blues (1967年、Chess)
  • 『バマー・ロード』 - Bummer Road (1969年、Chess)
  • 『ソニー・ボーイ・ウィリアムソン&アニマルズ』 - Sonny Boy Williamson + Animals (1972年)

コンピレーション・アルバム編集

  • In Memoriam (1965年) ※1966年に『The Real Folk Blues』として再発あり
  • 『キング・ビスケット・タイム』 - Blues Classics by "The Original" Sonny Boy Williamson (1965年) ※『King Biscuit Time』として再発あり
  • 『ワン・ウェイ・アウト』 - One Way Out (1968年、Chess)
  • This Is My Story (1972年)
  • Keep It To Ourselves (1990年、Alligator)
  • The Essential Sonny Boy Williamson (1993年、MCA/Chess)

シングル / EP編集

  • "Cool, Cool Blues" / "Do It if You Wanta" (1951年、Trumpet Records)
  • "Crazy 'Bout You, Baby" / "Eyesight to the Blind" (1951年、Trumpet)
  • "Pontiac Blues" / "Sonny Boy's Christmas Blues" (1951年、Trumpet)
  • "Mighty Long Time" / "Nine Below Zero" (1951年、Trumpet)
  • "Going in Your Direction" / "Red Hot Kisses" (1954年、Trumpet)
  • "Don't Start Me Talkin'"/ "All My Love in Vain" (1955年、Checker Records)
  • "Keep It to Yourself" / "The Key (To Your Door)" (1956年、Checker)
  • "Let Me Explain" / "Your Imagination" (1956年、Checker)
  • "No Nights by Myself" / "Boppin' with Sonny" (1956年、Ace Records)
  • "Fattening Frogs for Snakes" / "I Don't Know" (1957年、Checker)
  • "Cross My Heart" / "Dissatisfied'" (1958年、Checker)
  • "Born Blind" / "Ninety-Nine" (1958年、Checker)
  • "Your Funeral and My Trial" / "Wake Up Baby" (1958年、Checker)
  • "Let Your Conscience Be Your Guide" / "Unseeing Eye" (1959年、Checker)
  • "Temperature 110" / "Lonesome Cabin" (1960年、Checker)
  • "Trust My Baby" / "Too Close Together" (1960年、Checker)
  • "The Goat" / "It's Sad to Be Alone" (1960年、Checker)
  • "Stop Right Now" / "The Hunt" (1961年、Checker)
  • "The Hunt" / "Little Village" (1961年、Checker)
  • "One Way Out" / "Nine Below Zero" (1962年、Checker)
  • "Trying to Get Back on My Feet" / "Decoration Day" (1963年、Checker)
  • "Bye Bye Bird" / "Help Me" (1963年、Checker)
  • "My Younger Days" / "I Want You Close to Me" (1964年、Checker)
  • "Bring It On Home" / "Down Child" (1965年、Checker)
  • "Baby Let Me Come Back Home" / "November Boogie" / "All Nite Boogie" / "Leavin Blues" (1966年、Collectors Special Records EP)

サニー・ボーイ・ウィリアムスン・ヒズ・ハーモニカ・アンド・ハウスロッカーズ編集

シングル

  • "Too Close Together" / "Cat Hop" (1953年、Trumpet Records)
  • "Gettin' Out of Town" / "She Brought Life Back to the Dead" (1954年、Trumpet)
  • "Empty Bedroom" / "From the Bottom" (1955年、Trumpet)
  • "Mr. Downchild" / "Stop Now Baby" (1954年、Trumpet)
  • "I Cross My Heart" / "West Memphis Blues" (1954年、Trumpet)
  • "Come on Back Home" / "Stop Crying" (1954年、Trumpet)
  • "From the Bottom" / "Empty Bedroom" (Blue Horizon Records)[8]

脚注編集

  1. ^ 現在のメーカー表記は「サニー・ボーイ・ウィリアムスン」だが、「サニー・ボーイ・ウィリアムソン」「ソニー・ボーイ・ウィリアムソン」の表記もある。それぞれ「II」が付く場合もある。
  2. ^ アルバム「Bummer Road」ライナーノーツ(ピート・ウェルディング、メアリー・キャスリン・アルディン著)
  3. ^ a b AllMusicのバイオ
  4. ^ アルバム「Down And Out Blues」ライナーノーツ(Don Kamerer著)
  5. ^ 「ディープ・ブルーズ」(ロバート・パーマー著、五十嵐正訳; JICC出版局刊)
  6. ^ This Wheel's on Fire: Levon Helm and the Story of the Band (Chicago Review Press)
  7. ^ Joel Whitburn's Top R&B Singles 1942-1988 (Record Research)
  8. ^ Sonny Boy Williamson (2) Discography”. Discogs. 2015年9月6日閲覧。

外部リンク編集