アニマルズThe Animals)は、イギリスロックバンドである。ジャンルはブルースロックR&Bブルースロックである。60年代後半にアメリカに渡ってからは、サイケデリック・ロックの作品も残した。1960年代半ば、ビートルズローリング・ストーンズザ・フーキンクスなどと共に人気を博した。アメリカでは、いわゆるブリティッシュ・インベイジョン[1]の代表格の一組とされている。アメリカのブルースに根ざした作風が特徴的で、ロックシーンにも多大な影響をもたらしたバンドである。

アニマルズ
The Animals
Eric Burdon & the Animals.jpg
左から、エリック・バードン、アラン・プライス、チャス・チャンドラー、ヒルトン・ヴァレンタイン、ジョン・スティール(1964年)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
ニューカッスル・アポン・タイン
ジャンル ブルースロックブリティッシュ・ブルースサイケデリック・ロックロックンロールR&Bソウル
活動期間 1963年 - 1969年
1975年 - 1976年
1983年 - 1984年
レーベル コロムビア・レコード
デッカ・レコード
MGMレコード
Jet Records
IRS Records
アトコ・レコード
アトランティック・レコード
公式サイト animalsandfriends.info
メンバー Eric Burdon & The Animals
エリック・バードン
ヒルトン・ヴァレンタイン
アラン・プライス
チャス・チャンドラー
ジョン・スティール
旧メンバー The Animals
エリック・バードン
ヒルトン・ヴァレンタイン
アラン・プライス
チャス・チャンドラー
ジョン・スティール

ボーカルのエリック・バードンが「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第57位にランクインしている[2]

キャリア編集

1963年、イギリスのニューカッスル・アポン・タインでエリック・バードンボーカル)、アラン・プライスオルガンピアノ)、ヒルトン・ヴァレンタインギター)、チャス・チャンドラーベース)、ジョン・スティールドラム)の5人で結成。バンド名はグラハム・ボンド・オーガニゼーションのグラハム・ボンドが命名[3]。ライブがあまりにもワイルドだったため、観客から「Animal!」という声が多くかかったことから、メンバー自ら名乗るようになったという由来が語られたことがあるが、2013年のインタビューでエリック・バードンが否定している。

音楽性はブルース色が非常に強く、ジョン・リー・フッカーの「Boom Boom」などをコピーしている。対照的に、シングル曲にはヒットを意識してブリル・ビルディング系の作曲家の作品が多く取り上げられる。

多数のヒット曲の中、「The House Of The Rising Sun(邦題は「朝日のあたる家」)」が最大のヒット曲として知られている。これはアメリカの伝統的なフォーク・ソングを、ブルース的な解釈でカバーしたものである。また、「We Gotta Get out of This Place (邦題は「朝日のない街」)」は、全英2位に輝き、ブルース・スプリングスティーンボン・ジョヴィなど、多くのアーティストがカバー。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2011年版)では235位にランクされた[4]。特にブルース・スプリングスティーンはこの曲について、彼の1970年代の曲作りにおいて影響を受けた曲の1つとインタビューで語っている[5]

同じ時期に活躍していたこともあり、ビートルズとも仲が良かった。チャス・チャンドラーは、ジミ・ヘンドリックスを見出したことでもよく知られている。

1966年に、本拠地をサンフランシスコへ移し「エリック・バードン&ジ・アニマルズ」として再始動し、グレイトフル・デッドジェファーソン・エアプレインなどとシスコ・サウンドと呼ばれるようになる。1968年の曲「スカイ・パイロット」は、サイケデリック・ロックの反戦歌と認識されている。この時期のメンバーとして、後のザ・ポリスのギタリスト、アンディ・サマーズが在籍していた。

1968年の来日ツアーは、本来9月の予定がビザ取得が困難だったため11月に延期されている。この際のトラブルとしてよく知られている事件は、日本でのプロモーターは彼らが全く面識のない反社会的勢力だったことである。彼らは、来日の延期で損失した金額として$25,000を要求され、借用書に$25,000の金額を記入させられた。相手は、翌日までにバンドメンバーと共に出国しなければバンドメンバー共々危害を加えると脅した。彼らはツアー用機材を全て残して、直ちに日本を去った。

1975年及び1983年に、オリジナル・メンバーで一時的に再結成した。1994年に、ロックの殿堂入りを果たしている。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『ジ・アニマルズ』 - The Animals (1964年、US) / The Animals (1964年、UK)
  • 『ジ・アニマルズ・オン・ツアー』 - The Animals on Tour (1965年、US)
  • 『アニマル・トラックス』 - Animal Tracks (1965年、UK) / Animal Tracks (1965年、US)
  • 『アニマリズムズ』 - Animalisms (1966年、UK) / Animalization (1966年、US)
  • 『アニマリズム』 - Animalism (1966年、US)
  • 『エリック・イズ・ヒア』 - Eric Is Here (1967年、US) ※エリック・バードン&ジ・アニマルズ名義
  • 『サンフランシスコの夜』 - Winds of Change (1967年) ※エリック・バードン&ジ・アニマルズ名義。旧邦題『ウィンズ・オブ・チェンジ』
  • 『野性の若者たち』 - The Twain Shall Meet (1968年) ※エリック・バードン&ジ・アニマルズ名義。旧邦題『トウェイン・シャル・ミート』
  • 『エヴリー・ワン・オブ・アス』 - Every One of Us (1968年、US) ※エリック・バードン&ジ・アニマルズ名義
  • 『愛』 - Love Is (1968年) ※エリック・バードン&ジ・アニマルズ名義。旧邦題『ラヴ・イズ』
  • 『ビフォー・ウィー・ワー・ソー・ルードリー』 - Before We Were So Rudely Interrupted (1977年)
  • 『アーク』 - Ark (1983年)

脚注編集

  1. ^ http://britishinvasionradio.com/the-bands/the-animals/
  2. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Eric Burdon”. 2013年6月8日閲覧。
  3. ^ 『ブルース・ロック・アンソロジー』(2017年 シンコーミュージック・エンタテイメント ISBN 9784401644926 p26)
  4. ^ Rolling Stone. “500 Greatest Songs of All Time: The Animals, ‘We Gotta Get Out of This Place’”. 2019年12月7日閲覧。
  5. ^ DoubleTake. “Will Percy Interviews Bruce Springsteen”. 2019年12月7日閲覧。

外部リンク編集