ザクロ石角閃岩(ざくろいしかくせんがん、garnet amphibolite又は、garnet hornblende schist)は、主成分に鉄ばんザクロ石普通角閃石を、副成分として斜長石白雲母を含む角閃岩である[1][2]

概要編集

主に愛媛県四国中央市徳島県の一部などで多く産出される。日本では中生代白亜紀変成作用を受けて誕生したものが一般的である[2]

日本国内の主な産地編集

日本国内の主な変成帯編集

脚注編集

  1. ^ 都城秋穂久城育夫『岩石学Ⅱ』- 岩石の性質と分類 (共立全書 205) 1975年6月1日
  2. ^ a b 都城秋穂、久城育夫『岩石学Ⅲ』 (共立全書 214) 1977年5月30日
  3. ^ 北海道地質百選 - 北大聖蹟碑−ざくろ石角閃岩
  4. ^ 岐阜大学教育学部理科教育講座(地学)柘榴石角閃岩

参考サイト編集

関連項目編集