ザラアンコウ(学名:Centrophryne spinulosa)(そのままセントロフリネと呼ばれることもある。)は、アンコウ目・ザラアンコウ科・ザラアンコウ属に分類される魚類の一種。

ザラアンコウ
Centrophryne spinulosa.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: アンコウ目 Lophiiformes
亜目 : アカグツ亜目 Ogcocephalioidei
: ザラアンコウ科 Centrophrynidae
: ザラアンコウ属 Centrophryne
: ザラアンコウ

C. spinulosa

学名
Centrophryne spinulosa
Regan & Trewavas, 1932
英名
Horned Lantern Fish

ザラアンコウ科 Centrophrynidae唯一の種であり、4つの胸側の橈骨、手術中の骨の前部脊椎、両性の短い舌骨(顎)のバーベルなど、さまざまな特性によって他の深海アンコウと区別される。 [1] [2]

分布編集

熱帯から亜熱帯地域。 深さ650mから2000m以上の深海にて捕獲されている。深さ35mの地点で幼魚が捕獲されたこともある。

説明編集

体長はメスで最大23cm、オスは最大でも1.6cm。顎には大小様々なサイズの曲がった歯があり、メスはエスカ(擬餌状体)をもつ。 体には微小なトゲがある。

参考文献編集

  1. ^ Froese, Rainer and Pauly, Daniel, eds. (2008). "Centrophryne spinulosa" in FishBase. October 2008 version.
  2. ^ Pietsch, Theodore W. and Christopher P. Kenaley. (2005). Centrophryne spinulosa. Prickly Seadevils. Version 3 November 2005 (under construction). |The Tree of Life Web Project.