メインメニューを開く

ザ・ウォール

ピンク・フロイドのアルバム

ザ・ウォール』 (The Wall) は、1979年11月30日イギリスで発表されたピンク・フロイドの2枚組コンセプト・アルバムロック・オペラ

ザ・ウォール
ピンク・フロイドスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル イギリスの旗ハーヴェスト・レコード
EMI(再発盤)
アメリカ合衆国の旗コロムビア
キャピトル(再発盤)
プロデュース ロジャー・ウォーターズ
デヴィッド・ギルモア
ボブ・エズリン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 3位(英国・ナショナルチャート)
  • 1位(米国・ビルボードチャート
  • 16位(日本・オリコンチャート
  • ゴールドディスク
  • 2,300万枚(米国・RIAA
  • ピンク・フロイド アルバム 年表
    アニマルズ
    (1977)
    ザ・ウォール
    (1979)
    時空の舞踏
    (1981)
    ミュージックビデオ
    「Another Brick In The Wall, Part Two」 - YouTube
    「Comfortably Numb (Recorded at Live 8)」 - YouTube
    テンプレートを表示

    全英3位・全米1位を記録し、全世界で3,000万枚以上という驚異的なヒットを記録。先行シングルとして発売された「Another Brick In The Wall (part II)」も全米・全英ともに1位を記録する大ヒットとなる。

    目次

    解説編集

    発表当時の音楽業界にはパンク・ロックニュー・ウェイヴの波が押し寄せており、ピンク・フロイドを始めとするプログレッシブ・ロック勢は「オールド・ウェイヴ」と称され、若いロック・リスナーから無視されていた。そのような状況下にあって、この作品は全世界で爆発的なヒットを記録し、このバンドの底力を見せつけた。

    アルバム発表後のワールド・ツアーでは、ステージ上に実際に「壁」を築き上げるという大掛かりなパフォーマンスが話題となった。2000年になって、このコンサートの模様を収録したライブ・アルバム『ザ・ウォール・ライヴ:アールズ・コート1980-1981』が発売されたが、公式の映像作品は未だにリリースされていない。

    また、1982年には『ピンク・フロイド ザ・ウォール』というタイトルでアラン・パーカー監督、ボブ・ゲルドフ主演による映画も公開された(現在はDVDで発売されている)。

    アルバム概要編集

    ロック・スターと思われる主人公ピンクの人生がストーリー形式で進行していき、そこから人間心理を描き出すという手法を取ったコンセプト・アルバムである。ピンクの人生の過程の中で感じる、学校教育や社会の中での抑圧・疎外感を「」に例えている。

    ピンクはごく早い時期に父親を戦争で失っている設定で、基本的にはロジャー・ウォーターズ自身を投影したキャラクターと言える。一方で、ロック・スターとして成功しながらもドラッグに溺れて精神が破綻していく姿などには、かつてのメンバーであるシド・バレットの姿も重ねられている面も有る。Disc 2の8〜9曲目は、作品世界中でのピンクによるライブ演奏という趣向である。

    1973年のアルバム『狂気』と同様に基本的にすべての楽曲が繋がっており、2枚組全曲を通してひとつのストーリーになっている。

    アルバムのほとんどの曲をロジャー・ウォーターズが一人で書き下ろし、アルバムのレコーディングにはバンドのメンバー以外に多くのスタジオ・ミュージシャンが参加している。プロデュースもボブ・エズリンとの共同である。

    制作の経緯編集

    1977年発表の『アニマルズ』のコンサート・ツアー「Pink Floyd : in the flesh」の最終日である7月6日のカナダモントリオール公演において、ウォーターズは最前列にいた若者が騒ぎ立てていることに激怒し、演奏途中で手招きして唾を吐きかけるという行為に及んだ。このときにウォーターズは自分自身の行為にショックを受けながらも、「ステージの前を隔てて壁を築くことにより、僕の嫌悪感を表現しようという考えが稲妻のごとく頭に浮かんだ」という。ちなみに、そのステージを観ていたボブ・エズリンは、ウォーターズの行動を絶賛していた。

    アニマルズ・ツアーの終了後、ウォーターズはフランスの田舎に引きこもってデモテープの製作に没頭した。一方、他のメンバーはソロ活動を開始。こうしてしばらくの間、ピンク・フロイドとしての活動は休止することになった。

    この頃、バンドは財政難に陥ることになる。バンドの資産を管理していた「ノートン・ウォーバーグ・グループ」という資産運用会社が、バンドの資産をリスクの高い事業に投資し、次第に赤字に転落していって多額の損失を被ったためである。このため、バンドは収益性が高いプロジェクトに取り組まざるを得なくなった。

    バンドは1978年7月に集合し、ウォーターズは他のメンバーに対して2つのマテリアルを提示し、どちらをピンク・フロイドのプロジェクトとして進めるべきか討議した。そのうちの一つが『ザ・ウォール』であった。もう一方のマテリアルは他のメンバーに「個人的すぎる」として拒絶され、それは後にウォーターズのソロアルバム『ヒッチハイクの賛否両論』として陽の目を見ることになる。

    レコーディング・セッション編集

    レコーディングは1978年7月から取り掛かり、イギリスのブリタニア・ロウ・スタジオにてレコーディングが行われた。ウォーターズは新たなプロジェクトの規模の大きさ、複雑さ、そしてデヴィッド・ギルモアとの軋轢もあり、外部から共同制作者を招くことを考え、アリス・クーパーなどを手がけていたカナダ人のボブ・エズリンがプロデューサーとして招かれた。ちなみに、ウォーターズの当時の妻キャロラインがかつてエズリンの秘書として働いていた。

    ブリタニア・ロウ・スタジオにてエズリンはギルモアらとともにウォーターズのデモテープを分析するなどの作業に当たっていたが、レコーディング途中でイギリスを去ることになった。ノートン・ウォーバーグの件で財政難に陥り、税金対策を講じざるを得なかったためである(このためブリタニア・ロウスタジオでレコーディング作業されたことは公表されていない)。アルバムのレコーディングは、フランスのスーパーベア、ロサンゼルスのプロデューサーズ・ワークショップ、ニューヨークのCBSスタジオで録音された。

    Another Brick In The Wall (part II)」のシングル・カットを決めたのはプロデューサーのボブ・エズリンである。エズリンはアルバムのプロモーションのために、シングルをリリースするという営業戦略をバンドに提案したが、バンドに当初は拒絶されてしまった。そこで、子供たちに実際にコーラスで歌わせるというアイデアを思いついた。これが受けたのか、結局バンドもシングルリリースに同意した。

    このレコーディングの過程で、リチャード・ライトがウォーターズの圧力によって解雇されるという事件がおきる。レコーディング・セッション中、ライトはほとんど身動せず創作活動を行わなかったこと、後にギリシャへ家族と療養に行ったがレコーディング活動へ戻ろうとしなかったことなどがウォーターズの逆鱗に触れたと言われている。しかし、ウォーターズとライトの言い分は食い違ったままである。

    ともかく、ウォーターズはバンドに対してライトの解雇を迫り、他のメンバーも同意の上でライトはバンドのメンバーから正式に外されることになった。ライトはその後肩書きとしては「雇われミュージシャン」としてバンドに同行し、コンサート・ツアーも全公演こなした。なお、コンサートは規模が大きすぎて経費が掛かりすぎ、結局コンサート自体の収支は赤字だった(ライトは正式メンバーから外されたためにこの赤字を蒙ることはなかった)。

    セールスと評価編集

    アルバムは発売されるやアメリカを始め世界中でベストセラーとなり『狂気』以来のメガヒットとなる。ビルボードの集計によると15週連続でチャート1位を記録し[1]、アメリカだけで2,300万枚(全米歴代3位)を売り上げた。アメリカの集計では、2枚組作品は1セットの売上で2枚とカウントするので、実際の売上セット数は1,150万枚あまりということになる。2枚組のアルバムとしては、同じく2,000万枚を売り上げているザ・ビートルズの『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』と売り上げの差は僅差であるとされるが、現在わずかながら本作の方が上回っており、世界で最も売れた2枚組アルバムとされている[2]

    このアルバムからシングル・カットされた「Another Brick In The Wall (part II)」が、英・米チャート[3] で1位を獲得した。本国イギリスでは11年振りの発売となるシングルで、ピンク・フロイドにとって唯一のシングル・チャート1位獲得作品でもある。

    Comfortably Numb」も彼等の代表曲の一つであり、(ウォーターズのソロも含め)1980年代以降のライブで頻繁に演奏されている他、LIVE 8での再結成の際にも披露された。 また、「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・アルバム500」において第87位に選ばれている[2]

    ザ・ウォール・ライブ編集

    『ザ・ウォール』のコンサート・ツアー「The Wall Performed Live」は、1980年2月4日のロサンゼルス・スポーツアリーナを皮切りに、1980年から1981年にかけてニューヨークロサンゼルスドルトムントロンドンの4都市で開催された。通常であれば全世界を回り100公演以上は行うのだが、経費とコストがあまりにもかさむため、4都市全30公演にとどまった。

    コンサートは、アルバムの1枚目、2枚目がそれぞれ第一部、第二部という二部構成である。最初の曲である「In The Flesh?」は、サポート・メンバーたちがバンド・メンバーのお面を被って演奏している。第一部の演奏途中から壁の構築が始まり、一枚目の最後の曲「Goodbye Cruel World」が終わると壁が完璧に構築され、第一部が終了する。そして、第二部の最初の曲「Hey You」では、壁の向こう側でバンドが演奏を繰り広げていった。ただし、これ以後は、壁に巧妙に仕掛けが構築されており、バンドのメンバーが壁の一部から姿を現して演奏している。

    この圧倒的なステージ・パフォーマンスはプレスから絶賛され、ローリングストーン誌に「ピンク・フロイドはロック・コンサートの概念を一夜にして変えた」と評された。

    また、2010年にはウォーターズがソロ・ツアーとして「The Wall Live」を再現し、北米・ヨーロッパを回る大規模ツアーを開催している。

    エピソード編集

    • オープニング・ナンバーの「In The Flesh?」の冒頭のセリフ「....we came in?」は、ラスト・ナンバーの「Outside The Wall」のラストの途切れたセリフ「Isn't this where」につながるもので、これを続けると、「Isn't this where we came in ?(ここはぼくらが入って来た所じゃないのか?)」となる。
    • 「Empty Spaces」のイントロ部分の声を逆回転で再生すると、ピンク・フロイドからの隠されたメッセージを聴くことができる。
    • 「Empty Spaces」は、レコーディング時点では「What Shall We Do Now?」という曲で長めのヘビーな曲だったが、LPレコードの収録時間の制約のために、この曲の前半部分のみ収録された。これは発売ギリギリになって決まったようで、本作の初回盤LPの内ジャケットには「Empty Spaces」ではなく「What Shall We Do Now?」の歌詞が掲載されていた。ライブ盤や映画「ザ・ウォール」では「What Shall We Do Now?」のフルバージョンを聴くことができる。

    収録曲編集

    脚注編集

    1. ^ 1980年1月19日付から4月26日付まで15週連続。w:en:Number-one albums of 1980 (U.S.)を参照。
    2. ^ ただし一部資料では2,400万枚ともなっているため、この差に関しては考慮の余地はある。いずれにせよ最も売れた2枚組アルバムであることに変わりはない。[1]
    3. ^ 1980年3月22日付から4月12日付まで4週連続。w:en:List of Hot 100 number-one singles of 1980 (U.S.)を参照。