メインメニューを開く

ザ・フラッシュ!』は宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。花組[1][2]公演。形式名は「グランド・ショー[1][2]」。18場[1][2]。作・演出は小原弘稔[1][2]。併演作品は『春の風を君に…[1][2]』。

公演期間と公演場所編集

解説編集

※宝塚100年史(舞台編)の宝塚大劇場公演[3]参考。

1990年代の幕開けにふさわしく、花組ならではの華麗で迫力あるダンシングの魅力を十二分に満喫していただくショー作品。題名の"フラッシュ"は、今充実期の絶頂を迎えた感のある大浦みずきをはじめ、花組全体の舞台でのきらめきを意味している。

スタッフ編集

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

主な配役編集

宝塚[1]

東京の変更点[2]

  • 第3場 歌う淑女 - 詩乃優花
  • 第7場 踊る女 - 霧原翔子
  • 第18場(A) 踊る淑女 - 香坂千晶

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 346.
  2. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 348.
  3. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 166.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3