メインメニューを開く

シアン・レーシングポールスター・シアン・レーシング[1]ロータス・シアン・レーシング[2])は、 スウェーデンイエーテボリに拠点を置く吉利汽車社のレーシングチームである。

スウェーデンの旗 シアン・レーシング
Cyan Racing
Cyan Racing logo.jpeg
種類 法人
本社所在地  スウェーデン
イエーテボリ
設立 1996年 -
業種 サービス業
事業内容 自動車競技チーム
代表者 Christian Dahl
外部リンク https://www.cyanracing.com/
テンプレートを表示

目次

歴史編集

 
シアン・レーシングのレース車(STCC 2015)


1996年、スウェーデンGTチームはFlash Engineering英語: Flash EngineeringとしてJan "Flash" Nilsson英語: Jan Nilssonによって設立された。

2005年、Christian Dahlはチームを買収し、Polestar Racingと改名した。Christian Dahllがポールスターパフォーマンスロードカー部門をボルボに売却した後、チームはCyan Racingに改名される。

世界ツーリングカー選手権編集

 
ロバート・ダールグレン
2011年世界ツーリングカー選手権(日本開催)
 
ロバート・ダールグレン
Volvo S60のテスト走行(2014年)

2007年の世界ツーリングカー選手権、シーズン中にPolestarはWTCCのスウェーデンレースでSTCC(スウェーデンツーリングカー選手権)で使用されたバイオエタノール対応エンジン搭載したVolvo S60Flexifuel英語: Flexible-fuel vehicle[3]で参戦した。バイオエタノールを使用している車はチャンピオンシップポイントを獲得する権限はなかったが、STCCレギュラードライバー、 ロバート・ダールグレン英語: Robert Dahlgren は10位と8位を獲得した。

2008年の世界ツーリングカー選手権、PolestarはイギリスレースでVolvo C30[3]で参戦したが、今回もバイオエタノールを使用している車はチャンピオンシップポイントを獲得する権限はなかった。 オープニングレースでダールグレンは完走はしたが、メインレースには参戦することができなかった。 チームはイタリアレースの2レースにVolvo C30で参加する予定だったが、プロジェクトは失敗に終わった。

2009年の世界ツーリングカー選手権、シーズン中にチームはイギリスレースに参戦し、STCCで使用されていたC30を2レースに持ち込んだ。 ダールグレンは15位と14位を獲得したが、トミー・ラスタッド(Tommy Rustad)は2レース共リタイヤした。

2010年の世界ツーリングカー選手権、シーズン中、PolestarはC30でイギリスレース3戦目を迎えた。 ダールグレンは、オープニングレースで12位になったが、メインレースはリタイヤした。その後、 日本のレース(岡山国際サーキット)に参戦し、ダールグレンは8位と5位を獲得した。

2011年の世界ツーリングカー選手権、この年初のフル参戦を果たす。更にポイント獲得の権限が与えられた。コンスタントにポイントを獲得し第8戦ドイツのオープニングレースで表彰台あと一歩の4位入賞を果たす。シリーズランキングではダールグレンは11位と健闘した。

2013年の世界ツーリングカー選手権、シーズン中PolestarはC30で第11戦中国に出場。テッド・ビョークはオープニングレースには出走出来なかったが、メインレースでは15位で完走した。

2016年の世界ツーリングカー選手権、Polestarは5年振りにフル参戦。2年かけて開発したVolvo S60 Polestarで出場。ドライバーはSTCCレギュラーのテッド・ビョークフレデリック・エクブロムの2台体制で挑む。ビョークは第10戦中国のオープニングレースでホンダノルベルト・ミケリスをファイナルラップで逆転し、自身そしてチームにとってWTCC初優勝をもたらした。ビョークはこの年シリーズランキングでは10位と大健闘した。一方エクブロムは開幕戦フランスから第6戦ロシア、第10戦中国の7戦に出場し、最高位は第10戦中国メインレースの6位だった。エクブロムがテストプログラムに集中している間はチームのレギュラードライバーロバート・ダールグレンが第7戦ポルトガル、第8戦アルゼンチン、最終戦カタール。アルゼンチンのネストール・ジロラミが第9戦ツインリンクもてぎにそれぞれ出場した。ダールグレンの最高位は最終戦カタールでのメインレースの7位。ジロラミは第9戦オープニングレースで9位、メインレースで5位と結果を残した。

2017年の世界ツーリングカー選手権、フル参戦2年目はビョークに加え、前年の日本ラウンドに出場したネストール・ジロラミと、ラーダの撤退を受けてニッキー・キャッツバーグが加入し3台体制で挑む。ビョークは第2戦モンツァのメインレースでポールトゥウィンを達成し2勝目を飾ると、第4戦ニュルブルクリンクのオープニングレースでも優勝した。またその他のレースでも好成績を残し、ホンダティアゴ・モンテイロノルベルト・ミケリスとの激戦を制し挑戦2年目でWTCCシリーズチャンピオンを獲得した。スウェーデン人でのワールドチャンピオンの獲得は、モータースポーツ史上初の快挙となった。キャッツバーグは第5戦ニュルブルクリンクでのメインレースで優勝し、一時チャンピオン争いで首位に立つなど目覚ましい活躍を見せ、ランキングでは自己最高の5位を獲得した。ジロラミは開幕戦モロッコのメインレースで3位表彰台に立ち、第8戦中国のメインレースでは大雨によりセーフティカー先導で僅か3周を走っただけで赤旗中断となるも初のポールトゥウィンを達成した。しかしこの2戦以外は苦戦を強いられ3人の中では最下位のランキング9位となった。このことがあり最終戦カタールでは開発ドライバーとして在籍してたイヴァン・ミュラーと交代することとなった。ミュラーは1年ぶりの復帰だったがオープニングレースでは6位、メインレースでは7位だった。更にチームはマニュファクチャラーズタイトルも獲得し2冠を達成した。

2018年はWTCC代わり新設されたWTCR(世界ツーリングカーカップ)にイヴァン・ミュラーが運営するMレーシング-YMRのサポートをする形で参戦。マシンはヒュンダイ・i30 N TCR。ドライバーには代表兼任のミュラーと前年度WTCCチャンピオンテッド・ビョークのラインナップで挑む。ミュラーは第3戦ニュルブルクリンク、第5戦ポルトガルのレース1、第7戦寧波国際サーキットのレース2で優勝し3勝を挙げるが、同じマシンを駆るガブリエル・タルキーニにわずか3ポイント届かずWTCR初代チャンピオンを逃した。ビョークは第4戦ニュルブルクリンク、第5戦ポルトガル、第7戦寧波国際サーキットのレース3でのポールトゥウィンを含めた計4勝を挙げたが、終盤3戦で苦戦し前年をまたいでのチャンピオン連覇は叶わずランキング7位終わった。しかしチーム選手権ではタルキーニが所属するBRCレーシングチームを3ポイント上回り、WTCR初代チームチャンピオンに輝いた。

2019年は新たにWTCRに参入するLynk & Coとタッグを組んでシアン・レーシングの名で2年振りに参戦。マシンはLynk & Co 03 TCR。ドライバーにはビョーク、ミュラーに加え、ミュラーの甥であるヤン・アーチャーとWTCC初年度から2010年まで参戦しチャンピオン3連覇の経験を持つアンディ・プリオールが加わりチャンピオン経験者3人を含む4台体制で挑む。開幕戦モロッコではビョークがレース1で2位、レース3でLynk & Coにデビューウィンをもたらした。またレース2ではアーチャーが3位に入り新規参入ながら好スタートを切った。

脚注編集

  1. ^ ポールスター・シアンレーシングが新型TCRマシンを公開。詳報は10月19日発表”. AUTOSPORTweb (2018年9月19日). 2018年10月6日閲覧。
  2. ^ シアン・レーシング、『ロータス・エヴォーラGT4』でスウェデッシュGT参戦へ”. AUTOSPORTweb (2018年4月4日). 2018年10月6日閲覧。
  3. ^ a b ボルボ、バイオエタノール対応エンジン2タイプを追加”. レスポンス (2007年7月31日). 2018年10月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集