メインメニューを開く

シェリー・マギー

シェリー・マギー(Sherwood Robert "Sherry" Magee 、1884年8月6日 - 1929年3月13日)は、主に1900~1910年代に活躍したアメリカ合衆国のプロ野球選手。ポジションは外野手ペンシルベニア州クラレンドン生まれ。右投げ右打ち。1900~1910年代のフィリーズの主力選手で、ナショナルリーグで首位打者1回、4度の打点王となった。

シェリー・マギー
Sherry Magee
Sherry magee.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 Flag of the United States.svgペンシルベニア州クラレンドン
生年月日 1884年8月6日
没年月日 (1929-03-13) 1929年3月13日(44歳没)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
179 lb =約81.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
初出場 1904年6月29日
最終出場 1919年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

ペンシルベニア州で油田労働者の息子として生まれる。1904年、19歳の時に当時のフィラデルフィア・フィリーズのスカウトの目にとまりフィリーズに入団。6月の終わりには怪我をした正外野手ジョン・テトスの代役としてメジャーの試合に出場する。1年目は95試合出場で、チーム最多の12本もの三塁打を放ち、以後フィリーズのレフトのレギュラーを不動のものとした。

2年目からは持ち前の俊足と強打を発揮するようになった。1905年から1908年まで4年連続で40盗塁を記録したほか、1906年には長打数がリーグトップとなった。二塁打数は1906年から1910年まで5年続けてリーグ2位の数字を残す。1907年にはリーグ最多の85打点を上げるなど、毎年高いレベルの数字を残した。1910年には首位打者のタイトルを獲得、この年は出塁率及び長打率でもリーグ1位となり、同じ年に挙げた123打点、110得点もリーグ最多の数字を残した。外野守備もうまく、当時のマギーは背走してボールをとる背面キャッチを得意にしていたそうである。

フィリーズのスター選手となったマギーだったが、一方で勝負へのこだわりからか、周辺としょっちゅうトラブルを起こすようにもなっていたそうである。1911年のセントルイスでのゲームでは、判定に不服を言って退場処分を受けたこの試合の主審ビル・フィネランを殴って鼻を折る怪我を負わせ、罰金と出場停止処分を受けている。それ以外にも地元フィラデルフィアのファンの中には、マギーを「チームのためでなく自分の記録のために野球をやっている」とか「マギーがいるからフィリーズは優勝できない」など非難するものも多かったそうである。しかし1914年シーズンにマギーはチームキャプテンに指名されると、この年自身3度目となるリーグ最多打点に加え、最多安打、最多二塁打などの記録を残し、早々と優勝争いから脱落していたチームを牽引する役目を果たした。

1915年のシーズンが始まる前、マギーは前年ワールドシリーズを制したボストン・ブレーブスに移籍するが、スプリングトレーニングでいきなり怪我を負い、打率も.241にとどまるなど活躍できず、翌年にはシンシナティ・レッズに移った。1918年シーズンには第一次世界大戦中で徴兵された選手もいる中、76打点で自身4度目となるリーグ最多打点を記録する。しかし1919年シーズンは重い病気で2ヶ月試合に出られず、若手選手にレギュラーの座を奪われた。この年レッズはリーグ優勝を果たし、マギーは自身最初で最後のワールドシリーズに代打として出場、同年メジャーリーグから退いた。

メジャーリーグ引退後もマギーはマイナーリーグでしばらくプレイし、その後リーグの審判やニューヨーク・ペン・リーグの運営などに携わっていた。1929年肺炎のため死去。2009年アメリカ野球殿堂入り選考の際候補者の一人となった。

評価編集

マギーは、その成績の割に評価されていないプレイヤーの一人だと言われている。彼が活躍した1910年にはまだ最優秀選手の表彰制度が始まっていなかった(1911年から現在のMVP表彰にあたる『チャルマーズ賞』が始まった)こと、また「リーグ最多打点」のタイトルはマギーが引退した翌年の1920年から制定され、4度のリーグ最多打点を記録していたことが後年になって判ったといった事情がある。リーグ最多打点を4度以上獲得して野球殿堂入りしていないのは、マギーのみである。

通算成績編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1904 PHI 95 387 364 51 101 15 12 3 149 57 11 -- 7 -- 14 -- 2 23 -- .277 .308 .409 .717
1905 155 669 603 100 180 24 17 5 253 98 48 -- 14 -- 44 -- 8 58 -- .299 .354 .420 .774
1906 154 630 563 77 159 36 8 6 229 67 55 -- 10 -- 52 -- 5 59 -- .282 .348 .407 .755
1907 140 568 503 75 165 28 12 4 229 85 46 -- 8 -- 53 -- 4 29 -- .328 .396 .455 .852
1908 143 588 508 79 144 30 16 2 212 57 40 -- 19 -- 49 -- 11 60 -- .283 .359 .417 .776
1909 143 603 522 60 141 33 14 2 208 66 38 -- 27 -- 43 -- 11 36 -- .270 .339 .398 .737
1910 154 650 519 110 172 39 17 6 263 123 49 -- 22 -- 94 -- 12 36 -- .331 .445 .507 .952
1911 121 514 445 79 128 32 5 15 215 94 22 -- 14 -- 49 -- 6 33 -- .288 .366 .483 .849
1912 132 555 464 79 142 25 9 6 203 66 30 -- 29 -- 55 -- 7 54 -- .306 .388 .438 .825
1913 138 537 470 92 144 36 6 11 225 70 23 8 21 -- 38 -- 9 36 -- .306 .369 .479 .848
1914 146 614 544 96 171 39 11 15 277 103 25 -- 14 -- 55 -- 3 42 -- .314 .380 .509 .890
1915 BSN 156 655 571 72 160 34 12 2 224 87 15 12 23 -- 54 -- 7 39 -- .280 .350 .392 .742
1916 122 485 419 44 101 17 5 3 137 54 10 -- 16 -- 44 -- 6 52 -- .241 .322 .327 .649
1917 72 276 246 24 63 8 4 1 82 29 7 -- 15 -- 13 -- 3 23 -- .256 .302 .333 .635
CIN 45 158 137 17 44 8 4 0 60 23 4 -- 3 -- 16 -- 2 7 -- .321 .400 .438 .838
'17計 117 434 383 41 107 16 8 1 142 52 11 -- 18 -- 29 -- 5 30 -- .279 .338 .371 .709
1918 115 456 400 46 119 15 13 2 166 76 14 -- 10 -- 37 -- 10 18 -- .298 .370 .415 .785
1919 56 200 163 11 35 6 1 0 43 21 4 -- 8 -- 26 -- 4 19 -- .215 .337 .264 .601
MLB:16年 2087 8545 7441 1112 2169 425 166 83 3175 1176 441 *20 260 -- 736 -- 109 624 -- .291 .364 .427 .790
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 「-」は記録なし
  • 通算成績の「*数字」は不明年度があることを示す

獲得タイトル・記録編集

  • ナショナルリーグ最多打点:4回(1907,1910,1914,1918年)
  • ナショナルリーグ首位打者:1回(1910年)
  • 最多得点:1回(1910年)
  • 最多安打:1回(1914年)
  • リーグ最多二塁打:1914年
  • 長打率リーグ1位:2回(1910,1914年)
  • ワールドシリーズ出場:1回(1919年)

脚注編集

出典・外部リンク編集