メインメニューを開く

1918年のメジャーリーグベースボール

1918年の野球から転送)

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1918年のできごとを記す。

1918年4月15日に開幕し、シーズン途中に第一次大戦のためペナントレースを9月1日に中断し、その時点の首位チームを優勝としてワールドシリーズを9月初旬に開催して9月11日に全日程を終えた。

9月1日時点で首位であったナショナルリーグシカゴ・カブスアメリカンリーグボストン・レッドソックスがリーグ優勝した。シカゴ・カブスは8年ぶり11度目、ボストン・レッドソックスは2年ぶり6度目の優勝となった。

ワールドシリーズはボストン・レッドソックスがシカゴ・カブスを4勝2敗で制し、5度目のシリーズ制覇を果たした。

できごと編集

第一次大戦の影響編集

1914年8月に始まった第一次世界大戦にアメリカは参戦していなかったが、1917年4月にウイルソン大統領は参戦を決意しドイツに宣戦布告した。1917年はメジャーリーグでも数人が志願して兵役についたが、野球開催に関しての影響は少なかった。しかし1918年に入ると戦局が急を告げて、選手たちがぞくぞくと召集を受け、一般国民の戦意の高揚とともに野球に対する関心が衰え始め、野球界にとって冬の時代であった。この年に曲がりなりにも試合を消化できたのはメジャーリーグとマイナーのインターナショナルリーグだけで、他のマイナーリーグは選手の不足と経営の不振で崩壊状態であった。

そのためアメリカン・リーグのバン・ジョンソン会長は危機感を持ち、ワールドシリーズの中止を検討するが他の球団オーナーが反対する事態となった。そして軍の要請(仕事か戦闘かを迫るものであった)を受け入れて、8月2日にレギュラーシーズンを9月1日で打ち切りとすることを決め、この結果合計226試合が中止となった。しかしペナントレースは中断されたがワールドシリーズは特別措置として開催が認められて、9月5日から行われた。

アメリカン・リーグのレッドソックスは、ベーブ・ルースが投手で20試合に登板して13勝7敗の成績を収め、そして外野手として59試合、一塁手として13試合出場し、打率.300・本塁打11本・打点66を打って本塁打王となり、そのバッティングに注目が集まって、レッドソックスの投打の中心となり、他にもカール・メイズ(21勝)がいた。

一方ナショナル・リーグのシカゴ・カブスも強力な投手陣がいてヒッポ・ボーン(22勝)、レフティー・タイラー(19勝)、クロード・ヘンドリックス(19勝)らが活躍した。

そしてワールドシリーズでは、ベーブ・ルースが2勝、カール・メイズも2勝してレッドソックスがシリーズを制した。

  • シカゴ・カブスのヒッポ・ボーン投手はこの年にピート・アレクサンダーがカブスに移籍してきたが、第一次世界大戦に派兵されたため、ボーンとタイラーとヘンドリックスでカブスの投手陣を支えた。そしてこの年ボーンはナショナルリーグの最多勝22勝・最優秀防御率1.74・最多奪三振148で投手三冠を達成する最高のシーズンとなった。彼は翌1919年も最多奪三振を記録した。
  • ブルックリン・ロビンスザック・ウィートは、この年に打率.335で首位打者となった。タイトルはこの年の首位打者だけだったが、1909年から1926年までブルックリン・ロビンス(後のドジャース)に、1927年はコニー・マックのアスレチックスに1年在籍して引退した。外野手として評価が高く、後にブランチ・リッキーがブルックリン史上最高の外野手と述べ、長い間ロビンスで人気があった選手である。ライン・ドライブをよく打ち、カーブ打ちの名人で、ジャイアンツのジョン・マグロー監督が「ポログラウンドでは絶対に彼にカーブを投げるな」と投手陣に厳命したほどであった。生涯通算打率.317で1959年に殿堂入りした。
  • フィラデルフィア・フィリーズはピート・アレクサンダーの徴兵を恐れて前年末にアレクサンダーをカブスに金銭トレードで放出した。このフィリーズの予想通り彼は1918年のシーズンに入ってすぐに徴兵され、第一次世界大戦フランス戦線に出征した。この年は結局3試合に登板しただけであった。フィリーズには1930年に戻ってきたが1勝も挙げられなかった。

レッドソックスとヤンキース  編集

ボストン・レッドソックスはこの年に新しい監督エド・バローを迎えて通算5度目のシリーズ制覇であった。しかし1920年に当時のレッドソックスのオーナーだったハリー・フレイジーは、財政難からチームの看板選手だったベーブ・ルースをヤンキースに放出、バローも1920年限りで監督をやめ、ヤンキースのゼネラルマネージャーをつとめることになる。そして1903年から1918年までの15年間で5回シリーズ制覇したレッドソクッスの6度目のシリーズ制覇はそれから86年後の2004年になった。

その間にニューヨーク・ヤンキースは1923年から通算27回のシリーズ制覇を成し遂げることになるが、この1918年時点ではシリーズどころかリーグ優勝も無い弱小球団であった。第一次大戦が終結したこの年でボストン・レッドソックスはアメリカンリーグ最多の6回リーグ優勝し、ナショナルリーグではシカゴ・カブスが最多の11回、ニューヨーク・ジャイアンツが8回リーグ優勝していた。やがて32年後の1950年にヤンキースはカブスの優勝回数(1950年時点で16回)を超えて17回のリーグ優勝からさらに20世紀後半に優勝回数を伸ばしていく。

そのニューヨーク・ヤンキースは、1913年にハイランダースからヤンキースに名称を変え、この1918年に新監督を迎えてリーグ4位であった。1915年にオーナーとなったジェイコブ・ルパートが1913年からカージナルスの選手兼監督を務めていたミラー・ハギンスを招いての最初のシーズンであった。この年は4位、翌1919年は3位、1920年も3位とそれまでBクラスであったチームは確実に上昇機運であった。そしてレッドソックス監督であったエド・バローをゼネラルマネージャーに就任させてからヤンキースの黄金時代が始まった。ミラー・ハギンスも1929年のシーズン途中で急逝するまでにリーグ優勝6回、シリーズ制覇3回の実績を残した。

記録編集

  • ワールドシリーズでベーブ・ルース投手がクリスティ・マシューソンの記録を破る29回2/3イニングスのワールドシリーズ無失点記録を樹立した。

最終成績編集

レギュラーシーズン編集

アメリカンリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ボストン・レッドソックス 75 51 .595 --
2 クリーブランド・インディアンス 73 54 .575 2.5
3 ワシントン・セネタース 72 56 .563 4.0
4 ニューヨーク・ヤンキース 60 63 .488 13.5
5 セントルイス・ブラウンズ 58 64 .475 15.0
6 シカゴ・ホワイトソックス 57 67 .460 17.0
7 デトロイト・タイガース 55 71 .437 20.0
8 フィラデルフィア・アスレチックス 52 76 .406 24.0

ナショナルリーグ編集

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 シカゴ・カブス 84 45 .651 --
2 ニューヨーク・ジャイアンツ 71 53 .573 10.5
3 シンシナティ・レッズ 68 60 .531 15.5
4 ピッツバーグ・パイレーツ 65 60 .520 17.0
5 ブルックリン・ロビンス 57 69 .452 25.5
6 フィラデルフィア・フィリーズ 55 68 .447 26.0
7 ボストン・ブレーブス 53 71 .427 28.5
8 セントルイス・カージナルス 51 78 .395 33.0

ワールドシリーズ編集

  • カブス 2 - 4 レッドソックス
9/ 5 – レッドソックス 1 - 0 カブス
9/ 6 – レッドソックス 1 - 3 カブス
9/ 7 – レッドソックス 2 - 1 カブス
9/ 9 – カブス 2 - 3 レッドソックス
9/10 – カブス 3 - 0 レッドソックス
9/11 – カブス 1 - 2 レッドソックス

個人タイトル編集

アメリカンリーグ編集

打者成績編集

項目 選手 記録
打率 タイ・カッブ (DET) .382
本塁打 ベーブ・ルース (BOS) 11
ティリー・ウォーカー (PHA)
打点 ボビー・ヴィーチ (DET) 78
得点 レイ・チャップマン (CLE) 84
安打 ジョージ・バーンズ (PHA) 178
盗塁 ジョージ・シスラー (SLA) 45

投手成績編集

項目 選手 記録
勝利 ウォルター・ジョンソン (WS1) 23
敗戦 エディ・シーコット (CWS) 19
スコット・ペリー (PHA)
防御率 ウォルター・ジョンソン (WS1) 1.27
奪三振 ウォルター・ジョンソン (WS1) 162
投球回 スコット・ペリー (PHA) 332⅓
セーブ ジョージ・モグリッジ (NYY) 7

ナショナルリーグ編集

打撃成績編集

項目 選手 記録
打率 ザック・ウィート (BRO) .335
本塁打 ギャビー・クラバス (PHI) 8
打点 シェリー・マギー (CIN) 76
得点 ヘイニー・グロー (CIN) 86
安打 チャーリー・ホロシャー (CHC) 161
盗塁 マックス・キャリー (PIT) 58

投手成績編集

項目 選手 記録
勝利 ヒッポ・ボーン (CHC) 22
敗戦 ルーブ・マーカード (BRO) 18
ジョー・オーチジャー (PHI)
防御率 ヒッポ・ボーン (CHC) 1.74
奪三振 ヒッポ・ボーン (CHC) 148
投球回 ヒッポ・ボーン (CHC) 290⅓
セーブ フレッド・アンダーソン (NYG) 3
ウィルバー・クーパー (PIT)
ジョー・オーチジャー (PHI)
フレッド・トニー (CIN/NYG)

出典編集

  • 『アメリカ・プロ野球史』第3章 揺さぶられる大リーグ 90-91P参照 鈴木武樹 著 1971年9月発行 三一書房
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪1918年≫ 61P参照  週刊ベースボール 1978年6月25日増刊号 ベースボールマガジン社
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪ザック・ホイート≫ 68P参照 
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪グローバー・アレキサンダー≫ 73P参照   
  • 『米大リーグ 輝ける1世紀~その歴史とスター選手~』≪ミラー・ハギンス≫ 74P参照 
  • 『メジャーリーグ ワールドシリーズ伝説』 1905-2000  上田龍 著 90P参照 2001年10月発行 ベースボールマガジン社

外部リンク編集