メインメニューを開く

シネマディクト(Cinemadict)は、青森県青森市古川1丁目に所在する映画館ミニシアター)である。旧名称は『奈良屋劇場』(ならやげきじょう)。

シネマディクト
Cinemadict
情報
正式名称 シネマディクト
旧名称 奈良屋劇場
完成 1997年
開館 1997年3月15日
収容人員 (2館合計)205人
客席数 ルージュ:150席
ノアール:55席
設備 ドルビーデジタルDTS
用途 映画上映
運営 株式会社奈良屋劇場
(代表:谷田恵一[1]
所在地 030-0862
青森県青森市古川1丁目21-18
アクセス 青森駅から徒歩10分
青森市営バス「古川」停留所下車
外部リンク http://www.cinemadict.com/

概要編集

略歴編集

  • 1954年、青森県青森市古川に『奈良屋劇場』として設立される。当初は東映作品を中心とする邦画の封切館だった[2]。館名の「奈良屋」は、創業者の谷田猷次郎が奈良県出身だったことに由来する[3]1957年の時点では、青森市内は当館を含めて22の映画館が存在していた[4]
  • 開業5年後の1959年頃、天井裏を観客席に改造するという試みを行うも[5]1962年、火事により当時の建物は消失。その後再建され[2]、東洋映画劇場が「青森東映」[6]に改称して以降は邦画の二番館として営業を継続した。
  • その後ビルの改装までの間はいわゆるピンク映画を上映していた。
  • 1997年3月15日、地上4階建ての「NARAYAビル」に改築。同ビル3階に2スクリーンのミニシアター『シネマディクト』として再開業し現在に至る。ちなみにビルの正面(国道7号線沿い)には旧劇場時代に使用していたスライド式映写機がモニュメントとして展示されている[7]
NARAYAビルのフロア構成
入居施設
4階 映写室
3階 シネマディクト(ルージュ/ノアール)
2階 たにた耳鼻咽喉科クリニック
1階 エントランス
(かつてはあおもり信用金庫の支店が入居していたが、青い森信用金庫へ統合したことに伴い撤退している)

特徴編集

  • 150席のルージュ館(椅子の色は赤)と、55席のノアール館(椅子の色は黒)の2スクリーンで構成されている。
  • リニューアル当初は主に洋画の話題作をメインに上映していたが、近年はアート系や中規模系の作品を主としている。同館のあるビル3階に向かう階段の壁に歴代上映作品のポスターが数多く展示されている。
  • 映画上映のみならず、2006年からは『シネマディクト寄席』と題した落語の興行を年数回行っている[1]

関連項目編集

  • 土曜ワラッター! - 青森放送のラジオ番組。同じく谷田が出演し、おすすめ作品を紹介・解説するコーナー「映画大王」を内包。また、番組のイベントおよび公開放送も行われるなど、番組ぐるみでの繋がりが深い。
  • 張間陽子のハリコレ! - 青森放送のラジオ番組。不定期に出演し、「谷コレ!」と称して、土曜ワラッター!が終わった後でも映画の紹介や解説を行っている。

脚注・出典編集

  1. ^ a b Person Cover Interview (2011年3月28日). “第140回「シネマディクト館主 谷田恵一さん」”. JOB PRESS. 2012年12月3日閲覧。
  2. ^ a b 奈良屋通信 (2001年2月17日). “開店当時の奈良屋。”. シネマディクト. 2012年12月3日閲覧。
  3. ^ 奈良屋通信 (2010年2月21日). “奈良へ”. シネマディクト. 2012年12月3日閲覧。
  4. ^ 昭和32年の青森県の映画館”. 中原行夫の部屋(原資料「キネマ旬報」). 2014年4月10日閲覧。
  5. ^ 写真で見るあおもりあのとき (2010年10月7日). “「映画全盛のころ 観客あふれる劇場」”. 青森県立郷土館. 2012年12月3日閲覧。
  6. ^ 後に「青森東映シネマ」と改称し3スクリーン体制となるも2005年4月15日閉館。ビル自体は「青森東映プラザ」として残存している。
  7. ^ 奈良屋通信 (2002年1月7日). “新年号”. シネマディクト. 2012年12月3日閲覧。
  8. ^ 映画館で見る映画が本物 by 谷田恵一さん(シネマディクト)”. 青森の魅力 (2010年12月23日). 2012年12月3日閲覧。

外部リンク編集