シャングリラスThe Shangri-Las)は、1964年に結成されたアメリカ合衆国ガールズ・グループである[2]。「リメンバー〜渚のおもいで英語版」、「リーダー・オブ・ザ・パック」などの楽曲で知られる。

シャングリラス
The Shangri-Las 1964.jpg
1964年撮影
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク
ジャンル
活動期間
レーベル
旧メンバー

来歴編集

結成 - 解散編集

1963年、ニューヨーク市クイーンズ区カンブリア・ハイツ英語版にあるアンドリュー・ジャクソン・ハイ・スクール英語版で2組の姉妹によって結成[3]。グループ名は、クイーンズ区にあるレストランに由来する[4]

数曲シングルを録音していた中、シャドー・モートン英語版に雇われ、モートンが当時作ったばかりの「リメンバー〜渚のおもいで英語版」のデモ音源を作成[1]。1964年8月にシングル盤『リメンバー〜渚のおもいで』が発売され、Billboard Hot 100で最高位5位を獲得[5]。同年9月20日に発売されたシングル盤『リーダー・オブ・ザ・パック』は、Billboard Hot 100で第1位を獲得[6]

1966年に所属していたレッド・バード英語版が深刻な組織上の問題に直面したことにより事業を終了。シャングリラスはマーキュリー・レコードへ移籍し、シングルを2作発売するも[1]、そのうちチャートインしたのは『ザ・スウィート・サウンド・オブ・サマー』(123位)[7]のみとなった。

1968年からメアリーは、薬物やアルコールの依存症となり、1970年3月15日にニューヨーク市クイーンズ区で22歳で死去[8][注釈 1]

1969年に解散[3]

リバイバル、再結成以降編集

1972年に再発売されたシングル『リーダー・オブ・ザ・パック』が、全英シングルチャートで最高位3位を獲得し[13]、その4年後にも再発売されて最高位7位を獲得[14]。1977年8月にワイス姉妹とマージーの3人でCBGBに出演し、同年にはサイアー・レコードから新作を発売することを計画していたが、「素材が間に合わない」という理由から断念[15]。1989年にニュージャージー州パラセイズ・パーク英語版で単独コンサートを開催[16]。以降活動は行なっておらず、これがシャングリラスにとって最後の公演となった[15]。シャングリラ解散後、メアリー・ワイスはサンフランシスコに1年半にわたって滞在した後、ニューヨークに戻り、建設事務所での事務職を経て、2004年まで商業用家具の販売店に勤め[15]、2007年3月6日にソロ・アルバム『デンジャラス・ゲーム』を発売[17]。なお、姉のエリザベスは音楽活動を再開することなく、夫とともに生活している[15]

1996年7月28日、マーガレット・ガンサーが乳がんにより48歳で死去[18]

メンバー編集

ディスコグラフィ編集

シングル編集

発売年 タイトル 最高位 初収録アルバム
US
[19]
US
R&B

[19]
UK
[20]
1963 "Simon Says" (As The Shangra-Las)
b/w "Simon Speaks"
アルバム未収録
1964 "Wishing Well"
b/w "Hate to Say I Told You So"
"Remember (Walking in the Sand)英語版"
b/w "It's Easier to Cry"
5
5
14
Leader of the Pack英語版
"Leader of the Pack"
b/w "What is Love?"
1
1
11
"Give Him a Great Big Kiss英語版"
b/w "Twist and Shout"
18
"Maybe英語版"
b/w "Shout英語版"
91
1965 "Wishing Well"(再発盤)
b/w "Hate to Say I Told You So"
アルバム未収録
"Out in the Streets英語版"
b/w "The Boy"
53
Shangri-Las-65!英語版
"Give Us Your Blessings"
b/w "Heaven Only Knows"
29
"Right Now and Not Later"
b/w "The Train from Kansas City"
99
"I Can Never Go Home Any More英語版"
b/w "Bulldog" (from Leader of the Pack)
6
Shangri-Las-65!(第2盤のみ)
1966 "Long Live Our Love"
b/w "Sophisticated Boom Boom" (from Shangri-Las-65!)
33
Golden Hits of The Shangri-Las
"He Cried"
b/w "Dressed in Black"
65
アルバム未収録
"Past, Present and Future"
b/w "Paradise" or "Love You More Than Yesterday" (いずれもアルバム未収録)
59
Golden Hits of The Shangri-Las
"The Sweet Sound of Summer"
b/w "I'll Never Learn"
123
アルバム未収録
1967 "Take the Time"
b/w "Footsteps on the Roof"
1972 "Leader of the Pack"(再発盤)
b/w "Remember (Walking in the Sand)"
3
Leader of the Pack
1976 "Leader of the Pack"(再発盤)
b/w "Give Him a Great Big Kiss"
7
「—」は、チャート圏外を表す。

スタジオ・アルバム編集

邦題
原題
詳細 最高位
(US)
[19]
リーダー・オブ・ザ・パック
Leader of the Pack
109
シャングリラス-65!
Shangri-Las-65!
  • 発売日 : 1965年9月
  • レーベル : レッド・バード・レコード
  • 1965年11月にリパッケージ盤『I Can Never Go Home Anymore』が発売された。
  • 初回盤には「ザ・ダム・ダム・ディッティー」が収録されていたが、第2盤(リパッケージ盤)では「家へは帰れない」に差し替えられている。

コンピレーション・アルバム編集

  • Golden Hits of the Shangri-Las(1966年)
  • The Shangri-Las Sing(1975年)
  • The Dixie Cups Meet the Shangri-Las(1986年)
  • Myrmidons of Melodrama(1994年)
  • The Best of the Shangri-Las(1996年)
  • Myrmidons of Melodrama(2002年)※再発盤
  • Remembered(2008年)
  • The Complete Collection(2009年)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ メアリーの死因については複数の説があり、『ニューヨーク・タイムズ』紙の報道やメアリーの死亡証明書では「ヘロインの過剰摂取」となっている[9][10]一方で、メアリーの母はジャーナリストにバルビツール酸の過剰摂取の可能性を示唆している[11][12]

出典編集

  1. ^ a b c d e Unterberger, Richie. “The Shangri-Las Biography, Songs & Albums”. AllMusic. All Media Network. 2021年11月27日閲覧。
  2. ^ TikTokで話題"Oh No"元ネタ、シャングリラスのヒット曲とビリー・ジョエル”. uDiscover. ユニバーサルミュージック (2021年7月22日). 2021年11月27日閲覧。
  3. ^ a b Warner 2000, p. 447.
  4. ^ Mulligan, Stephen (2011). Were You There?: Over 300 Wonderful, Weird, and Wacky Moments from the Pittsburgh Civic/Mellon Arena. p. 21. ISBN 1-4349-7547-9 
  5. ^ The Hot 100 Chart”. Billboard. Billboard Media, LLC (1964年9月26日). 2021年11月27日閲覧。
  6. ^ The Hot 100 Chart”. Billboard. Billboard Media, LLC (1964年11月28日). 2021年11月27日閲覧。
  7. ^ “Hot 100”. Billboard (Nielsen Business Media) 79 (1): 20. (7 January 1967). ISSN 0006-2510. https://books.google.co.jp/books?id=CSkEAAAAMBAJ&pg=PA20. 
  8. ^ MacKinney, Lisa A. (2012). Dressed in Black: The Shangri-Las and Their Recorded Legacy (Thesis). The University of Western Australia. p. 182.
  9. ^ “4 Teen-Agers Die From Heroin Here”. The New York Times. (1970年3月17日). https://www.nytimes.com/1970/03/17/archives/4-teenagers-die-from-heroin-here-youths-are-among-8-addicts-killed.html? 2017年5月31日閲覧。 
  10. ^ MacKinney, Lisa A. (2012). Dressed in Black: The Shangri-Las and Their Recorded Legacy (Thesis). The University of Western Australia. p. 183.
  11. ^ MacKinney, Lisa A. (2012). Dressed in Black: The Shangri-Las and Their Recorded Legacy (Thesis). The University of Western Australia. p. 181.
  12. ^ Simmonds, Jerry (2008). The Encyclopedia of Dead Rock Stars: Heroin, Handguns, and Ham Sandwiches. Chicago ReviewPress. p. 34 
  13. ^ Official Singles Chart Top 50”. Official Charts Company. 2021年11月27日閲覧。
  14. ^ Official Singles Chart Top 50”. Official Charts Company. 2021年11月27日閲覧。
  15. ^ a b c d Blumenthal (2007年3月4日). “40 Years Between Records: A Shangri-La Returns”. The New York Times (The New York Times Company). https://www.nytimes.com/2007/03/04/arts/music/04blum.html 2021年11月27日閲覧。 
  16. ^ Warner 2000, p. 448.
  17. ^ “Best Of The Rest”. Billboard (Nielsen Business Media) 119 (1): 32. (6 January 2007). ISSN 0006-2510. https://books.google.co.jp/books?id=mBIEAAAAMBAJ&pg=PA32. 
  18. ^ Wilson, Scott (2016). Resting Places: The Burial Sites of More Than 14,000 Famous Persons (3rd ed.). McFarland. p. 268. ISBN 1-4766-2599-9 
  19. ^ a b c The Shangri-Las - Awards”. AllMusic. All Media Network. 2012年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月27日閲覧。
  20. ^ SHANGRI-LAS | full Official Chart History”. Official Charts Company. 2021年11月27日閲覧。

参考文献編集

  • Warner, Jay (2000) [1992]. The Da Capo Book Of American Singing Groups. Da Capo Press. ISBN 0-3068-0923-0