シュンエイとは日本アングロアラブ競走馬である。1歳年上の全兄セイユウとともに1950年代中央競馬で活躍し、引退後には記念競走が創設された。

シュンエイ
品種 アングロアラブ
性別
毛色 栗毛
生誕 1955年5月18日
死没 1977年9月
ライジングフレーム
弟猛
母の父 レイモンド
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 日高種畜牧場
馬主 山春雄
→園田信太
調教師 武田文吾京都
競走成績
生涯成績 27戦23勝
獲得賞金 511万6180円
テンプレートを表示

概要編集

馬齢は旧表記を用いる。

3歳となった1957年10月6日京都競馬場のアラブ系3歳競走でデビューすると、1959年1月24日中京競馬場で行われたアラブ系オープン競走まで20連勝を飾った。21戦目はサラブレッド相手のオープン競走に出走し3着に敗れ連勝はストップしたが、20連勝、1番人気で18連勝および22勝といった記録はすべて中央競馬に現在まで残る記録である。その後はもう2戦サラブレッドに挑戦したものの兄セイユウに続く勝利はならなかった。その後はアラブ系限定の競走に戻り、タマツバキ記念(春)ではアングロアラブ相手に初の敗戦(4着)を喫したが、その後はふたたび3連勝して引退した。4歳時の1958年は15戦全勝で啓衆社賞最優秀アラブを受賞した。レコードタイム更新は1回だったが、1958年の読売カップ(秋)では72キログラム負担重量で勝利している。セイユウは当時果敢にサラブレッドに挑戦していたため対戦はしていない。

引退後は種牡馬となり、産駒には1971年の啓衆社賞最優秀アラブを受賞したラオスオーなどがいる。

また兄セイユウとともに1974年には記念競走の「シュンエイ記念」が創設された。当初は重賞競走であったが1983年以降はオープン特別競走に格下げされたものの、中央競馬がアングロアラブ競走を廃止した1995年まで続いた。

おもな勝利編集

  • 1958年 - タマツバキ記念(春)、読売カップ(春)、タマツバキ記念(秋)、読売カップ(秋)

血統表編集

シュンエイ血統アラブ血量25% / サラ ベンドア系(エクリプス系) / Neil Gow5×5=6.25%、Sunstar5×5=6.25%) (血統表の出典)

サラ *ライジングフレーム
Rising Flame
1947 黒鹿毛
父の父
サラ The Phoenix
1940 鹿毛
サラ Chateau Bouscaut サラ Kircubbin
サラ Ramondie
サラ Fille de Poete サラ Firdaussi
サラ Fille d'Amour
父の母
サラ Adomirable
1942 黒鹿毛
サラ Nearco サラ Pharos
サラ Nogara
サラ Silvia サラ Craig an Eran
サラ Angela

アア 弟猛
1949 鹿毛
サラ *レイモンド
Raymond
1930 鹿毛
サラ Gainsborough サラ Bayardo
サラ Rosedrop
サラ Nipsiquit サラ Buchan
サラ Herself
母の母
アラ 弟詠
1945 鹿毛
アラ *イブンヂアド アラ マナギイ
アラ マナギイエスウベリイエ
アラ 太陽 アラ *エルワルド
アラ 師陽 オーバーヤン五ノ七系


外部リンク編集