メインメニューを開く

シンピウェ・ベチェカ(Simpiwe Vetyeka、1980年12月24日 - )は、南アフリカ共和国出身の男子プロボクサー東ケープ州ダンカン・ビレッジ英語版出身。元WBA世界フェザー級スーパー王者。元IBO世界フェザー級王者。元IBO世界バンタム級王者。IBO2階級制覇王者。

シンピウェ・ベチェカ
基本情報
本名 シンピウェ・ベチェカ[1]
通称 V12(V型12気筒・V12エンジン)
階級 フェザー級
身長 170cm
リーチ 172cm
国籍  南アフリカ共和国
誕生日 (1980-12-24) 1980年12月24日(38歳)
出身地 東ケープ州ダンカン・ビレッジ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 30
勝ち 27
KO勝ち 16
敗け 3
テンプレートを表示

来歴編集

2002年1月11日にプロデビュー。

2007年5月3日、全勝のままWBC世界バンタム級王者の長谷川穂積に挑戦するも、3-0の判定負けで王座獲得ならず[2][3]

2011年7月2日、WBCインターナショナルスーパーバンタム級王者ジョバンニ・カロと対戦し3者ともに4ポイント差が付く12回3-0(3者ともに116-112)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。またこの試合はWBC世界スーパーバンタム級王座挑戦者決定戦も兼ねておりこの勝利でベチェカは当時正規王者だった西岡利晃への挑戦権を獲得した[4]

2013年12月6日、オーストラリア西オーストラリア州パースのメトロシティでWBA世界フェザー級スーパー王者クリス・ジョンと対戦し、ジョンの6回終了時棄権によりWBAスーパー王座獲得、IBO王座初防衛に成功した[5][6]。クリス・ジョンはこの試合で引退をした。

2013年12月12日、WBAがWBA世界フェザー級正規王者のニコラス・ウォータースとの間で120日以内(2014年4月5日まで)に王座統一戦を行うよう指令を出した[7]

2014年2月22日、マカオにあるザ・ベネチアン・マカオコタイ・アリーナで、元WBA世界スーパーバンタム級王者下田昭文と対戦する予定だったが、WBAがベトイェカに対し、WBA世界フェザー級正規王者のニコラス・ウォータースとのWBA世界フェザー級王座統一戦を優先するよう指令を出した為、下田昭文戦は中止となった[8]

2014年5月31日、マカオにあるザ・ベネチアン・マカオ内コタイ・アリーナで元世界4階級制覇王者でWBA世界フェザー級2位のノニト・ドネアと対戦するが、初回にドネアがバッティングで負傷しこの傷が原因で試合続行が不可能となり4回負傷判定負けでWBAスーパー王座の初防衛に失敗し王座から陥落した[9]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]
  4. ^ 西岡の指名挑戦者にベチェカ ボクシングニュース「Box-on!」(2011年7月3日)
  5. ^ Simpiwe Vetyeka surprised Chris John and ended his reign WBA公式サイト 2013年12月6日
  6. ^ クリス・ジョン敗れる ベチェカ殊勲の勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月7日
  7. ^ Championships Committee orders mandatory fight between Veyteka and Walters WBA公式サイト 2013年12月12日
  8. ^ マカオの下田×ベチェカ戦はなし Boxing News(ボクシングニュース) 2014年1月10日
  9. ^ ドネアまさかの負傷判定で5階級制覇達成 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月1日

関連項目編集

外部リンク編集

前スーパー王者
クリス・ジョン
WBA世界フェザー級スーパー王者
2013年12月6日 - 2014年5月31日
次スーパー王者
ノニト・ドネア