メインメニューを開く

クリス・ジョンChris John1979年9月14日 - )は、インドネシアの元プロボクサー。元WBA世界フェザー級スーパー王者。本名はヨハネス・クリスチャン・ジョン(Yohannes Christian John)。バンジャルネガラ出身。右ボクサーファイター。元IBF世界スーパーフライ級王者エリー・ピカル、元IBF世界ミニマム級王者ニコ・トーマスに続くインドネシアでは3人目の世界王者。インドネシア初のWBA世界王者。

クリス・ジョン
Yohannes Christian John.jpg
基本情報
本名 ヨハネス・クリスチャン・ジョン
通称 The Dragon
The Indonesian Thin Man
階級 フェザー級
身長 169.2cm
リーチ 175.0cm
国籍  インドネシア
誕生日 (1979-09-14) 1979年9月14日(39歳)
出身地 インドネシア中部ジャワ州
バンジャルネガラ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 52
勝ち 48
KO勝ち 22
敗け 1
引き分け 3
テンプレートを表示

体が柔らかく相手に芯を打たせない戦い方をする。“The Dragon(ザ・ドラゴン)”、“The Indonesian Thin Man(細身のインドネシア人)”などの異名を持つ。元散打選手で、インドネシアでは少数派のクリスチャンに属する。トレーナーはインドネシアの敏腕トレーナーであるスタン・ランビンがデビューから2004年まで務め、2005年から引退までオーストラリアのクレイグ・クリスチャンがマネージャーを兼任する形でトレーナーを務めた。

目次

来歴編集

1998年6月4日、プロデビュー。

1999年7月13日、インドネシアフェザー級王座獲得。その後1度の防衛に成功。

2000年5月5日、IBA(インドネシアボクシング協会)フェザー級王座獲得。

2001年11月9日、PABAフェザー級王座獲得。その後5度の防衛に成功。

2003年9月26日、オスカー・レオン(コロンビア)とWBA世界フェザー級暫定王座決定戦で対戦し、2-1の判定勝ちで暫定王座を獲得。同年11月1日に、正規王者デリック・ゲイナーがファン・マヌエル・マルケスとのWBA・IBF世界フェザー級王座統一戦に敗れ、マルケスがスーパー王座に認定されたため、ジョンが正規王者に認定された。

2004年6月4日、有明コロシアム佐藤修協栄)と対戦し、3-0の判定勝ちで初防衛に成功した[1]

2004年12月3日、ホセ・ロハス(ベネズエラ)と対戦し、4回負傷判定引き分けで2度目の防衛に成功した。

2005年4月22日、元王者デリック・ゲイナー(アメリカ)と対戦し、3-0の判定勝ちで3度目の防衛に成功した。

2005年8月7日、オーストラリアペンリスでトミー・ブラウン(オーストラリア)と対戦し、10回TKO勝ちで4度目の防衛に成功した。

2006年3月4日、ジョンの地元インドネシアでファン・マヌエル・マルケス(メキシコ)と対戦し、ローブローで2度の減点を追い風に3-0(117-111、116-112、116-110)の判定勝ちで5度目の防衛に成功した。

2006年9月9日、レナン・アコスタ(パナマ)と対戦し、3-0の判定勝ちで6度目の防衛に成功した[2]

2007年3月3日、同級1位ホセ・ロハスと再戦し、3-0の判定勝ちで7度目の防衛に成功した[3]

2007年8月19日、神戸ファッションマートで同級6位武本在樹千里馬神戸)と対戦し、9回終了TKO勝ち。8度目の防衛に成功した[4]

2008年1月26日、ロイネット・カバジェロ(パナマ)と対戦し、7回終了TKO勝ちで9度目の防衛に成功した。

2008年10月24日、後楽園ホールで同級4位榎洋之角海老宝石)と指名試合を行い、3-0の大差判定勝ちで10度目の防衛に成功した[5]

2009年2月28日、アメリカ・テキサス州ヒューストントヨタセンターロッキー・ファレス(アメリカ)と対戦し、試合を優勢に進めながらも、判定ドローで11度目の防衛に成功[6]。6月27日に再戦予定であったが、自身の病気により試合が中止された[7]

2009年9月19日、アメリカ・ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデンアリーナで同級1位ロッキー・ファレスと再戦。3-0の判定勝ちで12度目の防衛を果たした[8]

2010年12月5日、約1年3か月ぶりの試合として、地元インドネシアにおいて同級15位フェルナンド・デビッド・サウセド(アルゼンチン)を迎えて13度目の防衛戦を行い、12回判定勝ちを収めて13度目の防衛に成功した[9]

2011年4月17日、地元インドネシアで同級5位ダウド・ヨルダン(インドネシア)を相手に防衛戦を戦い、3-0の判定勝利を収めて14度目の王座防衛に成功した[10]

2011年11月30日、オーストラリア・パースで同級11位スタニスラフ・メルドフ(ウクライナ)と対戦し、3-0の判定勝ちで15度目の防衛に成功した。

2012年5月5日、シンガポールマリーナベイ・サンズで同級14位木村章司花形)と対戦。挑戦者に何もさせず3-0の判定勝ちで16度目の防衛を果たした[11]

2012年11月9日、マリーナベイ・サンズで同級7位チョンラターン・ピリヤピンヨータイ)と対戦し、3-0の大差判定勝ちで17度目の防衛に成功した[12]

2013年4月14日、インドネシア・ジャカルタで同級6位細野悟大橋)と対戦し、3回負傷引き分けで18度目の防衛に成功した[13]

2013年12月6日、オーストラリア・パースのメトロシティにて、IBO世界フェザー級王者シンピウィ・ベトイェカと対戦し、ジョンの6回終了時棄権によりプロ初黒星を喫すると共にWBA王座の19度目の防衛に失敗しWBA王座から陥落、IBO王座の獲得にも失敗した[14][15]

2013年12月19日、ボクシングから完全に引退すると声明を発表した[16][17][18]

獲得タイトル編集

  • インドネシアフェザー級王座
  • IBA(インドネシアボクシング協会)フェザー級王座
  • PABAフェザー級王座
  • WBA世界フェザー級暫定王座(防衛0→正規王座認定)
  • WBA世界フェザー級王座(防衛11→スーパー王座認定)
  • WBA世界フェザー級スーパー王座(防衛7)

脚注編集

  1. ^ 佐藤、坂田は判定負け WBAダブル世界戦 47NEWS 2004年6月4日
  2. ^ クリス・ジョン 6度目の防衛に成功 - インドネシア AFPBB News 2006年9月10日
  3. ^ クリス・ジョン 7度目の防衛に成功 - インドネシア AFPBB News 2007年3月4日
  4. ^ 武本は王座奪取ならず WBAフェザー級戦 47NEWS 2007年8月19日
  5. ^ 榎 ジョンに判定で敗れ王座獲得ならず AFPBB News 2008年10月25日
  6. ^ WBAライト級、マルケスが王者に ロイター 2009年3月2日
  7. ^ ジョン、謎の病気で出場辞退 ボクシングニュース「Box-on!」 2009年6月23日
  8. ^ ジョンV12、因縁のフアレスとの再戦に勝つ ボクシングニュース「Box-on!」 2009年9月20日
  9. ^ ジョンV13 サウセドに大差判定 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年12月6日
  10. ^ ジョン、14度目の防衛 WBAフェザー級 ボクシングニュース「Box-on!」 2011年4月18日
  11. ^ 2年ぶり世界挑戦実らず…木村はスーパー王者に判定負け スポニチアネックス 2012年5月6日
  12. ^ ジョン 無敗対決制しV17 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月10日
  13. ^ 細野とジョンは3回負傷ドロー ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月15日
  14. ^ Simpiwe Vetyeka surprised Chris John and ended his reign WBA公式サイト 2013年12月6日
  15. ^ クリス・ジョン敗れる ベチェカ殊勲の勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月7日
  16. ^ Chris John retires WBA公式サイト 2013年12月19日
  17. ^ Chris John's Full Retirement Speech, Says Goodbye”. BoxingScene.com (2013年12月19日). 2013年12月19日閲覧。
  18. ^ クリス・ジョンが引退を発表 Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月20日

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
ソレア・サンダバ
第5代PABAフェザー級王者

2001年11月9日 - 2003年9月27日(返上)

空位
次タイトル獲得者
サオヒン・シリタイコンドー
暫定王座決定戦 対戦者
オスカー・レオン
WBA世界フェザー級暫定王者
2003年9月26日 - 2003年11月1日
次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
デリック・ゲイナー
WBA世界フェザー級王者

2003年11月1日 - 2009年6月27日

空位
次タイトル獲得者
ユリオルキス・ガンボア
前スーパー王者
N/A
WBA世界フェザー級スーパー王者
2009年6月27日 - 2013年12月6日
次スーパー王者
シンピウィ・ベトイェカ