メインメニューを開く

ジェイミー・モンロー・ブラウンJamie Monroe Brown , 1977年3月31日 - )は、アメリカ合衆国ミシシッピ州出身の元プロ野球選手投手)。

ジェイミー・ブラウン
Jamie Brown
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシシッピ州メリディアン
生年月日 (1977-03-31) 1977年3月31日(42歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 MLBドラフト21巡目
初出場 MLB / 2004年5月20日
NPB / 2005年4月30日
KBO / 2006年
最終出場 MLB / 2004年5月31日
NPB / 2005年6月4日
KBO / 2008年5月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

1996年MLBドラフト21巡目でクリーブランド・インディアンスに指名され契約。

2003年シーズン途中にボストン・レッドソックスに移籍し、2004年5月20日の対タンパベイ・デビルレイズ戦でメジャー初登板を果たす。

2005年阪神タイガースに入団。先発ローテーション入りの期待がかかったが、開幕直前に体調を崩して出遅れ、結局11試合の登板にとどまり、退団。同年オフの12月20日に韓国プロ野球サムスン・ライオンズに入団。

2006年は、シーズン中は主に先発として11勝9敗、防御率2.68とまずまずの成績を残す。また、11月に行われたアジアシリーズの予選リーグ(対La Newベアーズ戦)に登板し、約1年ぶりに日本でのプレーを見せた。なお、この試合で先発し、4回2/3を2失点という結果を残している。

2007年のオフに、「長いイニングを持たなくて先発として使いづらいし、ブルペン陣の消耗が多い」という三星の宣銅烈監督の判断によって解雇された。

同年オフの12月21日、2年連続2ケタ勝利の実績を買われてLGツインズに入団。しかし、2008年は開幕から1勝5敗、防御率7点台と期待に応えられず、さらにチームが元巨人ロベルト・ペタジーニを獲得したこともあり、5月12日に解雇された。

プレースタイル・人物編集

スリー・クォーターからの140km/h中盤のストレートスライダーカットボールカーブなどの多彩な変化球で打者を打ち取るというもの。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2004 BOS 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 41 7.2 15 1 4 0 0 6 0 0 7 5 5.87 2.48
2005 阪神 11 7 0 0 0 4 1 0 0 .800 155 33.0 44 6 11 1 5 24 0 0 19 19 5.18 1.67
2006 三星 27 26 0 0 -- 11 9 0 0 .550 625 154.1 118 14 44 1 13 92 3 0 50 46 2.68 1.05
2007 30 30 1 0 -- 12 8 0 0 .600 681 162.1 155 10 43 1 14 68 2 1 65 60 3.33 1.22
2008 LG 8 8 0 0 -- 1 5 0 0 .167 178 36.1 57 4 13 0 5 15 1 0 34 32 7.93 1.93
MLB:1年 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 41 7.2 15 1 4 0 0 6 0 0 7 5 5.87 2.48
NPB:1年 11 7 0 0 0 4 1 0 0 .800 155 33.0 44 6 11 1 5 24 0 0 19 19 5.18 1.67
KBO:3年 65 64 1 0 -- 24 22 0 0 .522 1484 353.0 330 28 100 2 32 175 6 1 149 138 3.52 1.22

記録編集

NPB

背番号編集

  • 52 (2004年)
  • 17 (2005年)
  • 29 (2006年 - 2008年)

関連項目編集

外部リンク編集