アザーワイズ賞(アザーワイズしょう、Otherwise Award)は、ジェンダーへの理解に貢献したSFファンタジー作品に送られる文学賞。1991年2月、SF作家パット・マーフィーカレン・ジョイ・ファウラーにより、WisCon英語版でのディスカッションを経て創始された。

正賞の他に、選考委員による"Tiptree Award Honor List"も公開される。これは「この賞のアイデンティティの強力な一部であり(……)多くの読者にとって推薦図書リストとなるだろう」とされている[1]

当初の賞名はSF作家ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア(本名アリス・B・シェルドン)にちなむ「ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア賞」(James Tiptree Jr. Award)だった。ティプトリーの名を冠する賞名の適切さをめぐる議論を経て、2019年10月13日に賞運営委員会は「アザーワイズ賞」への改称を決定した[2]

背景編集

「ティプトリー」の名の選択編集

男性名のペンネームを用いて作品を発表し、複数の賞を受賞したアリス・シェルドンは、男性SFと女性SFという区別が幻影でしかないことを示すことに貢献した。「ティプトリー」が初めてSFを発表してから数年後、シェルドンは「ラクーナ・シェルドン」という女性名義でいくつかの著作を発表した。のちにSF界は「ティプトリー」がずっと女性であったことを知ることになる。この発見は(もしそういうものがあるとして)ジェンダーに固有の執筆傾向というテーマについての議論を広く引き起こした。批評や執筆においてジェンダーが果たす役割を読者に気づかせるため、カレン・ジョイ・ファウラーの提案により本賞はシェルドンの名誉を称えて命名された。

議論と改名編集

2019年、ティプトリーの名を冠することの適切さについての議論が起こった。1987年、ティプトリーは闘病中の夫ハンティントン・シェルドンを殺害し、自身も自殺した。この殺害については「自殺契約」に基づくものだと主張する者もいたが、これを「介護殺人」つまり障害のある人物を介護に責任を持つ人物が殺害したケースであると解釈する者もいた。ティプトリー賞運営委員会はこの疑義に基づく改名要求を受領した。

2019年9月2日、運営委員会はこれらの要求に応えて、「ティプトリー賞の改名は現在のところ確実ではない」という声明を出した。だが9日後の9月11日、運営委員会は「(この賞は)現行の名称のままでは続けられない」という声明を出した[3]

2019年10月13日、運営委員会はティプトリー賞を「アザーワイズ賞」に改名するという声明を出した。この名称はブラック・クィア・フェミニスト・スカラーシップの「アザーワイズ・ポリティクス」という概念から取られている[2]。この声明によれば、「『アザーワイズ』とは進むべき別の方向を見つけること――新たに生まれた複数の道筋や手法を用いることにより、新たにありうべき場所に向かって進むこと――を意味している」という[2]

受賞作編集

年度は発表年(授賞の前年)。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2015 Winners, Honor List, and Long List Announced!”. James Tiptree, Jr. Literary Award. 2016年4月2日閲覧。
  2. ^ a b c Lothian, Alexis (2019年10月13日). “From Tiptree to Otherwise « James Tiptree, Jr. Literary Award” (英語). James Tiptree, Jr. Literary Award. 2019年10月13日閲覧。
  3. ^ Lothian, Alexis (2019年9月2日). “Alice Sheldon and the name of the Tiptree Award”. James Tiptree, Jr. Literary Award. 2019年9月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集