ジェイ・マキナニー

ジェイ・マキナニーJay McInerney, 1955年1月13日 - )は、アメリカ小説家。本名ジョン・バレット・マキナニー・ジュニアJohn Barrett McInerney Jr.)。

ジェイ・マキナニー (2010)

人物編集

コネチカット州ハートフォード生まれ。ウィリアムズ大学を卒業して地方紙の記者となり、その後プリンストン大学から英語を教える奨学金をもらって、日本に渡り2年間を過ごす。アメリカに戻ってからは「ニューヨーカー」の校正係に就くも10カ月で退社し、ランダムハウス社で編集アルバイトとして持ち込み原稿を読む係をしていた。そこでレイモンド・カーヴァーと知り合いになり、彼が創作を教えているシラキュース大学に来ないかと誘われ、同大学から若い無名作家に出されるフェローシップを受け、カーヴァーのもとで学ぶことになる。

その後、短編小説『午前6時、いま君のいる場所』を書きあげ、これが「パリス・レビュー」に発表された。この短編をもとに書き下ろした長編小説デビュー作『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』がベストセラーとなり、その文体の素晴らしさから「'80年代のサリンジャー」「新しい時代のフィリップ・ロス」と呼ばれ、話題になった。

『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』は、タマ・ジャノウィッツの『ニューヨークの奴隷たち』やブレット・イーストン・エリスの『レス・ザン・ゼロ』と同時期に発表された。エリスと並べて語られることが多く、彼らの世代の小説家は「ニュー・ロスト・ジェネレーション(New Lost Generation)」(あらかじめ失われた世代)と呼ばれた。

日本では、『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』が高橋源一郎の翻訳で出版されベストセラーとなった。

現在の妻は4番目の妻で、ウィリアム・ランドルフ・ハーストの孫娘のアン・ハーストである。

著書編集

小説
ノンフィクション
  • Bacchus and Me: Adventures in the Wine Cellar 2000年)
  • A Hedonist in the Cellar: Adventures in Wine 2006年)
  • The Juice: Vinous Veritas 2012年)
その他の日本語訳作品
短編小説
  • 「リアル・タッド・アラガッシュ」(「THIS」 1986年夏号 収録)
  • 「午前6時、いま君のいる場所」(It's Six A.M. Do You Know Where You Are?駒沢としき訳 「SWITCH」 1987年6月 Vol.5 No.3 扶桑社 収録)
  • 「囚人たちの医者」(Con Doctor竹迫仁子訳 『アメリカミステリ傑作選2000』DHC 1999年 収録)
エッセイ
  • 「レイモンド・カーヴァー、その静かな、小さな声」(A Still, Small Voice村上春樹訳 『THE COMPLETE WORKS OF RAYMOND CARVER 3 大聖堂』中央公論新社 1990年 収録。後に『私たちの隣人、レイモンド・カーヴァー』中央公論新社 2009年 に転載)

映画脚本編集