スイッチ・パブリッシング

株式会社スイッチ・パブリッシング(英語表記:Switch Publishing Co., Ltd)は日本出版社東京都港区に本社を置く。

スイッチ・パブリッシング
Switch Publishing Co., Ltd
種類 株式会社
市場情報 未上場
本社所在地 日本の旗 日本
106-0031
東京都港区西麻布2丁目21番28号
設立 1994年8月1日
業種 情報・通信業
事業内容 出版
代表者 新井敏記(代表取締役社長)
外部リンク switch-pub.co.jp/
テンプレートを表示

目次

沿革編集

主な出版物編集

  • SWITCH
1985年創刊。2004年1月に新装刊。
創刊より当社設立まで、フジパシフィック音楽出版子会社のスイッチ・コーポレーション(現株式会社スイッチ)により発行、扶桑社から発売されていた。
個人により深くスポットを当て、普段のインタビューでは語りつくせない事も取り上げる。2004年の新装刊以降は、より現場に密着取材した内容が増えている。特定の分野にとらわれずに、モノをつくる「クリエイター」「アーティスト」を中心に幅広く特集しており、そのため本屋では置かれる分野のコーナーが店ごとに違っていることもある。
読者層は20代の会社員が中心で、やや男性のほうが読者が多い[1]
  • COYOTE
2004年8月5日創刊。
をテーマにした雑誌。クリエイター達に海外を中心に旅をしてもらい、その独自の感性によるアイデアや見聞を伝えている。毎号ごとにテーマが違うのが特徴。
読者層は30代の男性が中心で、それなりに経済力のある人が多い[1]
  • MONKEY
2013年10月7日創刊。
翻訳家柴田元幸が責任編集を務める文芸誌
ヴィレッジブックスで刊行されていた雑誌「モンキービジネス」の実質的な後継誌であり、執筆陣も踏襲している。創刊号の特集はポール・オースター

Rainy Day Bookstore & Cafe編集

2006年5月にオープンしたスイッチ・パブリッシング直営のカフェと本屋であり、社ビル地下1階に店を構える。カフェの料理は季節の移り変わりに合わせてメニューも変わっていくのが特徴。本屋のほうでは2007年1月から特定の人物にスポットを当てた特集を組み、第3土曜日に文筆家の大竹昭子MCにしたトークイベント「カタリココ」を行っている。過去に迎えたトークゲストは以下の通り。カタリココ以外でもイベントや演奏会を何度も行っている。

カタリココ編集

出典・参考文献編集

  1. ^ a b 公式サイト内「会社概要」にあるpdf媒体資料(参照日2008年2月11日)

外部リンク編集