ジェーン・ゲディス

ジェーン・ゲディス(Jane Geddes、1960年2月5日 – )は、アメリカ合衆国の元女子プロゴルファー。 1983年からLPGAツアーに参戦し、メジャー選手権2勝を含む通算11勝を挙げた。また、WWEタレント部門のヴァイスプレジデントであった[1]

TransparentPlaceholder.svg ジェーン・ゲディス Golf pictogram.svg
Jane Geddes
基本情報
名前 ジェーン・ゲディス
生年月日 (1960-02-05) 1960年2月5日(61歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ハンティントン
身長 165センチメートル (5.41 ft)
経歴
大学 フロリダ州立大学
プロ転向 1983年
以前のツアー LPGAツアー(1983-2003年)
プロ勝利数 15勝
優勝数
LPGAツアー 11勝
女子ヨーロッパ 1勝
日本LPGA 1勝
他ツアー 2勝
LPGAメジャー選手権最高成績
(優勝: 2勝)
ANA 5位タイ: 1986年
全米女子プロ 優勝: 1987年
全米女子OP 優勝: 1986年
デュモーリエ 2位: 1985年
全英女子OP 18位タイ: 2002
テンプレートを表示

来歴編集

ニューヨーク州ハンティントンで生まれる。フロリダ州立大学でゴルフ部に所属し、1981年には全国大学選手権チームのメンバーとなった。1983年にLPGAツアーに参戦し、1984年から1985年にかけて3度に亘り準優勝を果たした。

1986年の全米女子オープンで18ホールのプレーオフの末にサリー・リトルを破り、プロ初勝利を収めた。その後、翌週に再び優勝を飾った。1987年は彼女にとってベストシーズンで、マツダLPGA選手権を含む5勝と4度の2位を記録、マネーランキングの3位に喰い込んだ。ゲディスの通算11勝のうち7勝は1986年から1987年までにあげたものである。

1991年に2勝し、最後の優勝は1994年のシカゴ・チャレンジであった。マネーランキングで9回トップ20フィニッシュを果し、メジャー選手権2勝に加え、メジャーで14回のトップ10フィニッシュを記録した。2000年のLPGA50周年に、LPGAにおけるトップ50のプレーヤー及び指導者の1人として認められた。2003年のシーズンを最後にLPGAツアーから引退した。

2001年に売却する事となる「Planesia」というインターネットeコマース会社を共同設立した。2003年にサウスフロリダ大学で犯罪学の学位を取得し、後にフロリダのステットソン・ユニバーシティ・カレッジ・オブ・ロー英語版で法学の学位を取得する。2002年と2003年にはアメリカ合衆国ソルハイムカップ・チームのアシスタントキャプテンを務めた。2007年1月、トーナメント・ビジネス・アフェアーズのシニア・ディレクターとしてLPGAツアーに参加。後に競技会のヴァイスプレジデントに昇進。2009年、トーナメント運営及びプレーヤー・サービスのシニア・ヴァイスプレジデントに再度昇進した。

2011年9月、LPGAを去りWWE(ワールド・レスリング・エンターテインメント)のタレント部門担当のヴァイスプレジデントに就任した[2]。2015年3月4日、ゲディスがWWEを去ったと報じられた。

2017年4月、フロリダの非営利法人である(ビジネスと娯楽のためにゴルフを学び、遊び、楽しむ女性と連携する組織)エグゼクティブ女子ゴルフ協会(EWGA)の最高経営責任者に任命された。EWGAはLPGAに買収され、彼女はLPGAアマチュアゴルフ協会のエグゼクティブ・ディレクターとなった。

2016年から2019年まで、国際ゴルフ経営者協会のエグゼクティブ・ディレクターを務めた。2019年、双方のエグゼクティブ・ディレクターの職を辞した[3]

私生活編集

コネチカット州スタンフォードの近くにパートナーである元プロテニスプレーヤーのジジ・フェルナンデスと、彼女が寄付された卵子と精子を使って出産した双子のカーソン・ザビエルとマディソン・ジェーンと一緒に暮らしている[4][5]

プロ戦績編集

LPGAツアー (11勝)編集

凡例
LPGAメジャー選手権 (2勝)
その他のLPGAツアー (9勝)
No. 日付 トーナメント スコア ストローク差 2位の選手
1 1986年7月14日 全米女子オープン −1 (74-74-70-69=287) プレーオフ   サリー・リトル
2 1986年7月20日 ボストン・ファイブ・クラシック英語版 −7 (71-70-72-68=281) 1打差   デブ・リチャード英語版
3 1987年3月1日 女子ケンパー・オープン英語版 −12 (67-70-69-70=276) プレーオフ   キャシー・ゲリング英語版
4 1987年3月8日 GNA/グレンデール・フェデラル・クラシック英語版 −2 (74-74-71-67=286) プレーオフ   ロビン・ウォルトン
5 1987年3月24日 マツダLPGA選手権 −13 (72-68-68-67=275) 1打差   ベッツィ・キング
6 1987年7月5日 ジェイミー・ファー・トレド・クラシック英語版 −8 (71-73-69-67=280) 2打差   ジル・ブライルズ=ヒントン
  ナンシー・テイラー
7 1987年7月19日 ボストン・ファイブ・クラシック −11 (73-70-67-67=277) 1打差   ジョディ・ローゼンタール英語版
  ドナ・ホワイト英語版
8 1991年1月20日 ジャマイカ・クラシック英語版 −6 (71-72-64=207) 3打差   パティ・シーハン
9 1991年6月9日 アトランティックシティ・クラシック英語版 −8 (71-68-69=208) 1打差   エイミー・オルコット
  シンディ・シュライヤー英語版
10 1993年6月6日 オールズモビル・クラシック英語版 −11 (72-68-68-69=277) 1打差   タミー・グリーン英語版
  トリッシュ・ジョンソン英語版
  アリス・リッツマン英語版
11 1994年8月21日 シカゴ・チャレンジ英語版 −16 (68-69-68-67=272) 3打差   デイル・エッゲリング英語版
  ロビン・ウォルトン

LPGAツアー プレーオフの記録 (3勝2敗)

No. トーナメント 対戦相手 結果
1 1986年 全米女子オープン   サリー・リトル 18ホールのプレーオフに勝利
(ゲディス: 71、リトル: 73)
2 1987年 女子ケンパー・オープン英語版   キャシー・ゲリング英語版 1ホール目ボギーで勝利
3 1987年 GNA/グレンデール・フェデラル・クラシック英語版   ロビン・ウォルトン 1ホール目バーディーで勝利
4 1991年 Phar-Mor ヤングスタウン英語版   デブ・リチャード英語版 1ホール目相手のバーディーで敗退
5 1996年 ヘルスサウス・イノーギュラル英語版   マーサ・ナウジー英語版
  カリー・ウェブ
ウェブが4ホール目パーで勝利
ナウジーは1ホール目パーで脱落

欧州女子ゴルフツアー (1勝)編集

JLPGAツアー (1勝)編集

  • 1987年 宝インビテーショナル[6]

ALPGツアー (2勝)編集

メジャー選手権編集

勝利 (2勝)編集

選手権 スコア ストローク差 2位の選手
1986年 全米女子オープン −1 (74-74-70-69=287) プレーオフ 1   サリー・リトル
1987年 マツダLPGA選手権 −13 (72-68-68-67=275) 1打差   ベッツィ・キング

1 18ホールのプレーオフに勝利。ゲディス: 71、リトル: 73。

団体戦編集

プロ

脚注編集

  1. ^ Wertheim, L. Jon (2013-07-08). “Jane Geddes”. Sports Illustrated. オリジナルの2013-10-05時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131005015634/http://sportsillustrated.cnn.com/vault/article/magazine/MAG1207945/index.htm 2021年10月20日閲覧。. 
  2. ^ Manahan, Theresa (2011-09-28). “LPGA's Jane Geddes Leaving The Tour For Role With WWE”. Sports Business Journal. オリジナルの2013-10-04時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131004233229/http://www.sportsbusinessdaily.com/Daily/Issues/2011/09/28/People-and-Pop-Culture/Jane-Geddes.aspx?hl=geddes&sc=0 2021年10月20日閲覧。. 
  3. ^ LinkedIn Profile Jane Geddes: Legends of the LPGA CEO”. LinkedIn.com. 2021年10月20日閲覧。
  4. ^ Crouse, Karen (2010年8月29日). “A Dream Deferred, Almost Too Long”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2010/08/30/sports/tennis/30motherhood.html?ref=tennis 2021年10月20日閲覧。 
  5. ^ Best, Best (2013年3月24日). “Ex-LPGA golfer Jane Geddes now working for WWE”. Newsday. http://www.newsday.com/sports/golf/ex-lpga-golfer-jane-geddes-now-working-for-wwe-1.4881495 2021年10月20日閲覧。 
  6. ^ 【1987】宝インビテーショナル”. JLPGA. 2021年10月20日閲覧。

外部リンク編集