ジャン・ド・リュクサンブール (ソワソン伯)

ジャン・ド・リュクサンブールJean de Luxembourg, 1436年頃 - 1476年6月22日)は、フランスの貴族、軍人。マルル伯およびソワソン伯ブルゴーニュ公国に軍指揮官として仕えた。

ジャン・ド・リュクサンブール
Jean de Luxembourg
ソワソン伯・マルル伯
SOAOTO - Folio 077R.jpg

出生 1436年
死去 1476年6月22日
父親 サン=ポル伯ルイ
母親 マルル女伯・ソワソン女伯ジャンヌ
テンプレートを表示

生涯編集

サン=ポル伯ルイとその最初の妻のマルル女伯・ソワソン女伯ジャンヌの間の長男として生まれた。1462年の母の死と共に2つの伯爵領を相続した。フィリップ善良公、シャルル突進公の2代のブルゴーニュ公に軍指揮官として仕え、1471年よりブルゴーニュ軍の殿軍大将を務め[1] 、1473年に金羊毛騎士団騎士に叙任された。1476年、スイス八邦同盟ドイツ語版とのムルテンの戦い英語版で討死した。独身で子供がいなかったため、マルルとソワソンの伯爵領は弟のサン=ポル伯ピエール2世が継いだ。

脚注編集

  1. ^ Smedt, Chevaliers nennt ihn "chef de l'arrière-garde de l'armee bourguignonne".

参考文献編集

  • Raphael de Smedt (Hrsg.): Les chevaliers de l'ordre de la Toison d'or au XVe siècle. Notices bio-bibliographiques. 2. verbesserte Auflage. Peter Lang, Frankfurt 2000, ISBN 3-631-36017-7, S. 176f. (Kieler Werkstücke. D 3).

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、Jean de Luxembourg-Soissonsに関するカテゴリがあります。

先代:
ジャンヌ・ド・マルル
ソワソン伯
マルル伯
1462年 - 1476年
次代:
ピエール2世