メインメニューを開く

ピエール2世・ド・リュクサンブール (サン=ポル伯)

ピエール2世・ド・リュクサンブールPierre II de Luxembourg, 1440年頃 - 1482年10月25日)は、フランスの貴族、軍人サン=ポル伯、ブリエンヌ伯、マルル伯、ソワソン伯およびアンギャン英語版領主

ピエール2世・ド・リュクサンブール
Pierre II de Luxembourg
マルル伯・ソワソン伯
サン=ポル伯・ブリエンヌ伯
SOAOTO - Folio 079R.jpg
出生 1440年
死去 1482年10月25日
配偶者 マルゲリータ・ディ・サヴォイア
子女 マリー
フランソワーズ
父親 サン=ポル伯ルイ
母親 マルル女伯・ソワソン女伯ジャンヌ
テンプレートを表示

生涯編集

サン=ポル伯ルイとその最初の妻のマルル女伯・ソワソン女伯ジャンヌの間の次男として生まれた。一族はブルゴーニュ公爵家と密接な関係にあり、父は1475年、シャルル突進公と組んでフランス王ルイ11世に対する陰謀を企てたため、反逆罪で処刑された。このためピエールは父の所領の大部分を没収され、アンギャンの所領のみを相続した。

翌1476年に兄ジャンムルテンの戦い英語版戦死すると、マルル伯領およびソワソン伯領を受け継ぎ、死んだ兄に代わってブルゴーニュ公爵家と関わりを持つようになった。1477年に突進公の後継者マリー・ド・ブルゴーニュの宮廷に出仕し、1478年に金羊毛騎士団騎士に列せられた。マリー・ド・ブルゴーニュのフランス王室に対する執り成しのおかげで、ピエールは父の処刑後に没収されたサン=ポルとブリエンヌの2つの伯爵領を取り戻すことが出来た。

子女編集

1454年、サヴォイア公ルドヴィーコの娘マルゲリータ(1439年 - 1483年)と結婚し、間に5人の子女をもうけたが、成育したのは娘2人だけだった。

参考文献編集

  • Raphael de Smedt (Hrsg.): Les chevaliers de l'ordre de la Toison d'or au XVe siècle. Notices bio-bibliographiques. 2. verbesserte Auflage. Peter Lang, Frankfurt 2000, ISBN 3-631-36017-7, S. 200f. (Kieler Werkstücke. D 3).

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、Pierre II de Luxembourg-Saint-Polに関するカテゴリがあります。


先代:
ジャン
ソワソン伯
マルル伯
1476年 - 1482年
次代:
マリー
先代:
ルイ
サン=ポル伯
1477年 - 1482年
次代:
マリー
先代:
ルイ
ブリエンヌ伯
1477年 - 1482年
次代:
アントワーヌ