ジュヌヴィエーヴ・クリュニー

ジュヌヴィエーヴ・クリュニーGeneviève Cluny1928年4月18日 - )は、フランス女優である。

Geneviève Cluny
ジュヌヴィエーヴ・クリュニー
生年月日 (1928-04-18) 1928年4月18日(94歳)
出生地 フランスの旗 フランス ドゥー=セーヴル県ブレシュイール
国籍 フランスの旗 フランス
職業 女優
ジャンル 映画
活動期間 1956年 - 1984年
活動内容 1956年 映画デビュー
1961年 ドイツ映画に進出
1968年 アメリカ映画に出演
1984年 脚本家デビュー
主な作品
いとこ同志
愛の戯れ
女は女である』 - 原案
テンプレートを表示

人物・来歴編集

1928年4月18日、フランス・ドゥー=セーヴル県ブレシュイールに生まれる。

1956年、28歳のときに、アンリ・ディアマン=ベルジェ監督の『貧民街の牧師』に出演して映画界にデビューした。1959年、ヌーヴェルヴァーグの映画作家のひとりクロード・シャブロル監督の長篇劇映画第2作『いとこ同志』に準主役級のジュヌヴィエーヴ役で出演、エドゥアール・モリナロ監督の『彼奴を殺せ』にブロードキャスターの役で出演、1960年にはフィリップ・ド・ブロカ監督の『愛の戯れ』で主役級の大きな役であるシュザンヌ役を得て、ジャン=ピエール・カッセルらと共演、その後もド・ブロカ作品に多く出演した。

1960年前後の当時、シャブロル、ド・ブロカらと親しい映画作家のジャン=リュック・ゴダールと話をする機会があり、そのときに話した内容を原案として、ゴダールが脚本を書き、映画『女は女である』となった。同作にクリュニーが出演した記録はない。

1961年以降、ドイツでの長篇劇映画やテレビ映画への出演がつづいた。1968年には、ジョン・ギラーミン監督のアメリカ映画『非情の切り札』に出演している。

45歳になる1973年以降の映画への出演記録は途切れるが、56歳になる1984年には脚本家としてデビューしている。

フィルモグラフィ編集

関連事項編集

編集

外部リンク編集