ジョフロワ1世・ド・スミュール

ジョフロワ1世・ド・スミュール [1]フランス語:Geoffroy Ier de Semur, 950年-1015年)フランスの貴族であり、ブルゴーニュ公領、現在のソーヌ=エ=ロワール県コミューンスミュール=アン=ブリオネ封建領主であった人物。

ジョフロワ1世・ド・スミュール
Geoffroy Ier de Semur
Blason Semur Brionnais.svg
スミュール家の紋章の盾、銀に赤のスリーベンドレット

称号 スミュール=アン=ブリオネ卿
出生 950年
死去 1015年
配偶者 ブリウド副伯ダルマス2世の娘
  マティルド・ド・シャロン
子女 ブリウド副伯ダルマス2世の娘との子
ダルマス
マティルド・ド・シャロンとの子
ランベール
ティボー
ブランシュ
家名 スミュール家
父親 ジョスラン・ベール
母親 リコエール・ド・ブリウド
役職 封建領主
テンプレートを表示

家族関係編集

ジョフロワ1世はスミュール=アン=ブリオネ領主ジョスラン・ベール(994年没)とその妻リコエールの息子であった。

ジョフロワは生涯で2回結婚しており、初婚でブリウド副伯ダルマス2世955年-?)とその妻アルドガルダの名前不明の娘(970年-?)と結婚し、一男をもうけた。

  1. ダルマス [2] -(約995年 - 1048年)次代スミュールの領主・男爵ブルゴーニュ公アンリ1世(946年-1002年10月15日)と後述の継母に当たるマティルド・ド・シャロン(975-?)の娘アランブルジュ(999年-1016年)と結婚。 [3]

後にシャロン伯ランベール930年-978年2月22日)と妻アデライード・ド・シャロン(950年-980年)の娘でブルゴーニュ公アンリ1世の未亡人ドンジー女卿マティルド(975年-?)と再婚し、以下二男をもうけた。

  1. ジョフロワ - ドンジー卿。
  2. ティボー(?-1065年 ) - シャロン伯、エルマントルド・ド・オータンと結婚。
  3. ブランシュ(986年以降/生没年不詳) - ティエール副伯エティエンヌ2世・ド・ティエルン(985年以降 - 1060年)と結婚した。

参考文献編集

  1. ^ A Herança Genética de D. Afonso Henriques, Luiz de Mello Vaz de São Payo, Universidade Moderna, 1ª Edição, Porto, 2002. pág. 284.
  2. ^ A Herança Genética de D. Afonso Henriques, Luiz de Mello Vaz de São Payo, Universidade Moderna, 1ª Edição, Porto, 2002. pág. 283.
  3. ^ Thierry Le Hête, La Dinastie Capétienne, Edição do Autor, 1ª Edição, La Bonneville-sur-Iton, 1998, pág. 13.