ソーヌ=エ=ロワール県

フランスの県

ソーヌ=エ=ロワール県: Saône-et-Loire[1])は、フランスブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏中央高地の東部であり、名前が示すようにソーヌ川ロワール川の流域[2]。2000年4月7日より、日本の山梨県と姉妹締結している[3]

ソーヌ=エ=ロワール県
Saône-et-Loire
Saône-et-Loireの紋章
ソーヌ=エ=ロワール県の紋章
位置
Saône-et-Loireの位置
概要
県番号 71
地域圏 ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ
県庁所在地 マコン
郡庁所在地 オータン
シャロン=シュル=ソーヌ
シャロル
ルアン
5
小郡 57
コミューン 573
県議会議長 アンドレ・アカリー
共和党 (フランス 2015-)
統計
人口
国内42位
  (2011年)
555,999人
人口密度 65人/km2
面積¹ 8,575 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

目次

歴史編集

中世、もちろんソーヌ=エ=ロワールは県として存在する以前であるが、この地はフランス王国の南北を結ぶ十字路として重要であった。数世紀にわたって現在のソーヌ=エ=ロワールの大半を治めたブランション領主、シャロン=シュル=ソーヌ伯、シャロレー伯といった、強力な男爵たちが領土を分割していた。

1790年3月4日、かつてのブルゴーニュ州の一部から県が創設された。シャロレーの三部会がペール・ブランの旧修道院(のちに国家資産として売却された)で開催された。つい最近までフランス王領であった州から自由を獲得するため、県都はシャロン=シュル=ソーヌよりもマコンがふさわしいとされた。こうしてマコンが県都となった。

1815年のワーテルローの戦い第七次対仏大同盟が勝利すると、県は1918年までオーストリア帝国軍に占領されていた。

地理編集

 
県の地図

県はコート=ドール県ジュラ県アン県ローヌ県ロワール県アリエ県ニエーヴル県と接している。アリエ県との境界は主にロワール川が形成している。しかし、マルシニー小郡に属する6つのコミューンはロワール川左岸に位置している。

  • オテュノワ - 北東部
  • シャロレー - 南西部
  • 鉱山地帯 - ル・クルーゾ、モンソー・レ・ミーヌ、ブランジーにまたがる
  • シャロネ - 北部
  • マコネー - 南部
  • ブレス・ブルギニョンヌ(ブレスに属する) - ソーヌ川東岸

人口統計編集

1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2007年
550 364 569 810 571 852 559 413 544 893 549 359 551 830

sources = SPLAF[4]、2006年以降INSEE[5][6]

主なコミューン編集

コミューン 人口
2010
変遷
2010/1999
コミューン 人口
2010
変遷
2010/1999
シャロン=シュル=ソーヌ 44564   -10,3 % ブランジー 6481   -6,2 %
マコン 32917 == -1,2 % ルーアン (ソーヌ=エ=ロワール県) 6461   4,5 %
ル・クルーゾ 22574   -13,3 % サン・レミ 6476   2,5 %
モンソー=レ=ミーヌ 18956   -6,1 % シャトノワ・ル・ロワイヤル 6076 == -0,5 %
オータン 14124   -13,2 % トゥルニュ 5849   -6,1 %
パレ=ル=モニアル 9029 == -0,9 % サン・マルセル 5932   18,6 %
サン・ヴァリエ 8900   -5,2 % シャニー 5657 == -0,3 %
ディゴワン 8119    -7,2 % モンシャナン 5307   -2,1 %
グニョン 7367   -12,3 % ブルボン=ランシー 5187   -6,6 %
シャルネ・レ・マコン 6874   1,3 %
Source : Insee[7]

産業編集

農業分野においては、ブルゴーニュ・ワインの生産県の一つという側面を持ち[3]、ぶどう畑はほぼ県全域に広がっている。ブズロンメルキュレのような優れたワインを生産する村がある。また、シャロル(シャロレ)を代表とする地において[8]、脂肪の少なめな牛の品種シャロレー(シャロレーズ)種の放牧が盛ん[9]。鶏はブレスの地鶏が名高い[10]。また、チーズの産地としても知られる[3]

工業はシャロネ地方と鉱山地帯に集中する。工業分野では写真製品、機械、電気および家具の製造や、繊維、金属、薬品および合成樹脂の加工が行われている[3]。ル・クルーゾにはアルストムが、モンシャナンにはアレヴァが、モンソー・レ・ミーヌにはアルセロール・ミッタルミシュランが進出している。

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ フランス語発音: [son‿e lwaʁ] ソ(ー)ネロワール
  2. ^ 三省堂編修所編 『コンサイス 外国地名事典』 (3版) 三省堂1998年、517頁。ISBN 4-385-15338-8 
  3. ^ a b c d 山梨県の国際交流”. 山梨県/姉妹友好都市. 山梨県. 2014年6月2日閲覧。 “姉妹県 フランス共和国 ソーヌ・エ・ロアール県”
  4. ^ http://splaf.free.fr/
  5. ^ « Recensement de la population au 1er janvier 2006 », sur Insee
  6. ^ « Évolution et structure de la population du département (de 1968 à 2007) », sur Insee consulté le= 12 septembre 2010
  7. ^ « Résultats du recensement de la population - 2007 - Bases de chiffres clés (évolution et structure de la population) », sur INSEE consulté le= 12 septembre 2010
  8. ^ 日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社2007年、289頁。ISBN 978-4-560-09202-6 
  9. ^ 前掲 (日仏料理協会 2007, p. 66)。
  10. ^ 前掲 (日仏料理協会 2007, p. 590)。