ジョージア軍団 (ウクライナ)

ジョージア民族軍団(ジョージアみんぞくぐんだん)は、ドンバス戦争とウクライナ紛争においてウクライナ側で戦う主にジョージア人義勇兵によって結成された部隊[4]。部隊は2014年に組織され[5]、2016年にはウクライナ陸軍第25自動車化歩兵大隊「キエフ大公国」の指揮下に移された[6]。このグループは、ジョージアの退役将校であるマムカ・マムラシビリによって指揮されている[7][5]。ウクライナの外国人戦闘員の専門家であるKacper Rekawekは、同部隊がアメリカ人の採用に特に優れていると指摘しており[8]、2022年にウクライナ領土防衛部隊外国人軍団が結成される前は、ほとんどの外国人戦闘員はジョージア軍団に所属していた[9]

ジョージア民族軍団
ウクライナ語: Грузинський національний легіон
グルジア語: ქართული ლეგიონი
Georgia National Legion Ukr.png
部隊の記章
創設2014年 (2014)
国籍ウクライナの旗 ウクライナ
忠誠国防省
軍種 ウクライナ陸軍
兵力700–1,000+ (2022年3月)[1][2][3]
名の由来ジョージア
主な戦歴ウクライナ紛争
指揮
著名な司令官マムカ・マムラシビリ
識別
識別Flag of Georgia.svg
トビリシにあるステンシルのグラフィティ「英雄への栄光」には、2015年に死亡した義勇兵Alexander Grigolashviliが描かれている

歴史編集

背景編集

ジョージア軍団は、アブハジア紛争第一次チェチェン戦争および南オセチア紛争の退役軍人であるマムカ・マムラシビリが設立した[5]。彼は後に、「軍団の創設を考えたのは、ロシアの侵略に対抗するために共に奉仕する様々な国籍の人々を集めるためであった。そして我々はそれを行った」と述べた[4]。ジョージアの義勇兵は頻繁にロシアに対するウクライナとジョージアの共通の利害に言及し、ウクライナでのロシアの侵略との戦いもジョージアの利益に役立つ愛国的な行為であると主張した[10]

創設編集

ジョージア軍団は、ドンバス戦争が始まった後の2014年に、たった6人のジョージア人で結成され、同年末までに軍団のメンバーは約20人に増加した。2014年12月中旬、当時ジョージアの欧州統合大臣であったGiorgi Baramidzeがジョージア軍団を訪問した。2015年1月、ジョージア陸軍の退役兵のTamaz Sukhiashviliが同軍団初の犠牲者となった[11]。ウクライナ側へのジョージア人個人の関与は、当時ウクライナを拠点としていたミヘイル・サアカシュビリジョージア大統領と彼が所属するジョージアの統一国民運動党の仲間によってある程度奨励された[12]

2月5日、ウクライナ正教会・キエフ総主教庁トップのフィラレートが、29人のジョージア人戦闘員に彼らの「ウクライナへの愛と犠牲」のメダルを授与し、ジョージア人の奉仕を高く評価した[12]

2月11日のミンスクII合意後、部隊の将来は一時的に不透明となっていた。10月、ウクライナ議会は、外国人と無国籍者を契約に基づいてウクライナ陸軍に雇用することを許可する法律を可決し、11月5日に署名、成立した[11]

ウクライナ軍との統合編集

2016年2月、ジョージア軍団は、ウクライナ軍第25自動車化歩兵大隊「キエフ大公国」に正式に統合された[6]

ジョージア軍団は第54機械化旅団の全体的な指揮の下でウクライナ東部で戦った。2017年12月16日、スヴィトロダルスク近郊で犠牲の大きい作戦が行われた後、軍団は旅団の指揮の「無能さ」に言及し、同月中に旅団から脱退した[13]。第54機械化旅団は、「ジョージア軍団」が同旅団内にいたことはないと表明した[14]

2018年1月、軍団の司令官マムラシビリは、部隊はウクライナの大義にコミットし続けており、別の旅団に移動したことを明らかにし、この決定はミヘイル・サアカシュビリとウクライナ大統領ペトロ・ポロシェンコとの間の政治的対立とは関係がないと付け加えた[15]

ロシアによるウクライナ侵攻直前の2022年2月、ジョージア軍団は新たに採用されたウクライナの民間人の訓練に関与した[16]。部隊は侵攻初日から戦闘に参加し、アントノフ国際空港の戦いホストメリの戦いで戦った[17][18]。2022年3月初旬、ジョージア軍団は新たに300人以上の新兵が同軍団に参加しようとしたと伝えられている[19]。軍団の方針によると、経験豊富な戦闘員か退役軍人だけが彼らの軍団に加わることを許されており、それらの要件を満たさなかった人々は拒否されている[20]。過激な意見を持つ人々も部隊では歓迎されていない[21]。その後、軍団はウクライナ東部攻勢を防ぐために再配置された[22]

Gia Tsertsvadzeのスキャンダル編集

2017年1月15日、Gia Tsertsvadzeは、2003年の殺人の疑いでロシアから出された国際逮捕状によりキエフのジュリャーヌィ空港で拘留された後、同月27日に釈放された。Tsertsvadzeの弁護人は、Tsertsvadzeが親ロシアの分離主義勢力と戦ったため、彼の逮捕は政治的な動機によるものと述べた。彼の釈放前に、マムカ・マムラシビリは、Tsertsvadzeがロシアに引き渡された場合、彼の戦闘員はウクライナを離れるだろうとウクライナ政府に警告していた[23]

死傷者編集

2022年のロシアの侵攻中に、ジョージア軍団の義勇兵16人の死亡がこれまでに報告されている[24]。これらには以下が含まれる:

戦争犯罪の可能性編集

2022年3月30日、キエフ州ブチャから数キロ離れたドミトロフカ地域で、待ち伏せ攻撃を受けた後のロシア空挺部隊の装甲車BMD-2の映像がアップされた[33]。同じ出来事の別の映像では、負傷したとみられるロシア軍人の捕虜の1人が、ウクライナ軍の未知のメンバーに撃たれる様子が映されていた[34]

ウクライナのドミトロ・クレーバ外相は、この映像は「確実に調査される」と述べた[35]。マムカ・マムラシビリは、映像のジョージア人が軍団の一員であることを否定した[33]

外国人戦闘員編集

ジョージア軍団は、約500人のジョージア人と同数のさまざまな民族で構成されている[36]。ジョージア軍団のメンバーに国民がいると報告されている国は以下の通り。

活動編集

軍団はサボタージュや偵察活動の他、ウクライナ兵の指導・訓練も行っている。また、陣地戦闘や攻勢にも繰り返し参加している。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ US veterans head to Ukraine to fight, but Zelenskyy's legion faces hurdles”. MilitaryTimes (2022年3月14日). 2022年4月12日閲覧。
  2. ^ Band of others: Ukraine's legions of foreign soldiers are on the frontline”. Politico (2022年3月24日). 2022年3月25日閲覧。
  3. ^ Georgia mourns two fighters killed in Ukraine”. France24 (2022年3月25日). 2022年5月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Foreign Fighters Vow to Support Ukraine Against Russian Invasion” (英語). Coffee or Die Magazine (2021年12月24日). 2022年1月20日閲覧。
  5. ^ a b c d Waller, Nicholas (2016年2月26日). “American Ex-Paratrooper Joins Georgian Legion Fighting in Ukraine”. Georgia Today. http://georgiatoday.ge/news/3112/American-Ex-Paratrooper-Joins-Georgian-Legion-Fighting-in-Ukraine 2019年2月3日閲覧。 
  6. ^ a b “Georgian Legion join Ukraine Armed Force” (英語). Ukrinform. (2016年2月24日). https://www.ukrinform.net/rubric-other_news/1971360-georgian-legion-join-ukraine-armed-force.html 2019年2月3日閲覧。 
  7. ^ The Georgians of Ukraine. Who are they? • Ukraїner ∙ Expedition through Ukraine!”. Ukraїner ∙ Expedition through Ukraine! (2019年8月11日). 2020年1月27日閲覧。
  8. ^ Olmstead, Molly (2022年3月10日). “Who Are the Americans Who Went to Fight in Ukraine?”. Slate. https://slate.com/news-and-politics/2022/03/americans-fighting-ukraine-russia.html 2022年3月13日閲覧。 
  9. ^ Foreign Fighters Are Rushing to Join Ukraine’s New International Battalion” (英語). www.vice.com. 2022年5月7日閲覧。
  10. ^ Cecire, Michael (4 October 2016). “Same sides of different coins: contrasting militant activisms between Georgian fighters in Syria and Ukraine”. Caucasus Survey 4 (3): 282–295. doi:10.1080/23761199.2016.1231382. 
  11. ^ a b Potočňák, Adam; Mareš, Miroslav (2019). “Georgian Foreign Fighters in the Conflict in Eastern Ukraine, 2014–2017”. The Journal of Slavic Military Studies 32 (2): 164–171. https://www.researchgate.net/profile/Adam-Potocnak-2/publication/334037596_Georgian_Foreign_Fighters_in_the_Conflict_in_Eastern_Ukraine_2014-2017/links/618d0745d7d1af224bd59aa7/Georgian-Foreign-Fighters-in-the-Conflict-in-Eastern-Ukraine-2014-2017.pdf?_sg%5B0%5D=started_experiment_milestone&origin=journalDetail 2022年6月12日閲覧。. 
  12. ^ a b Kakachia, Kornely (2016). “Georgia and the Russian–Ukrainian conflict”. In Besier, Gerhard; Stoklosa, Katarzyna. Neighbourhood Perceptions of the Ukraine Crisis: From the Soviet Union into Eurasia?. Taylor & Francis. p. 148. ISBN 9781317089117 
  13. ^ UAWire - 'Georgian Legion' leaves Ukrainian Armed Forces”. uawire.org. 2020年1月27日閲覧。
  14. ^ “Georgian volunteers in Ukraine war quit military unit after 'provocations'”. Democracy and Freedom Watch. (2018年1月10日). https://dfwatch.net/georgian-volunteers-in-ukraine-war-quit-military-unit-after-provocations-49727 
  15. ^ “Georgian Legion Commander: we moved to another brigade within Ukrainian Armed Forces”. UAWire. (2018年1月15日). https://uawire.org/georgian-legion-commander-we-moved-to-another-brigade-with-a-competent-commander 2019年2月3日閲覧。 
  16. ^ a b Hauer, Neil (2022年2月16日). “The Georgian fighters stiffening Ukraine's defences against possible Russian attack”. National Post. https://nationalpost.com/news/world/the-georgian-fighters-stiffening-ukraines-defences-against-russia 2022年3月13日閲覧。 
  17. ^ Andy Blatchford (2022年3月24日). “Band of others: Ukraine's legions of foreign soldiers are on the frontline”. Politico. https://www.politico.com/news/2022/03/24/ukraine-legion-foreign-soldiers-00020233 2022年3月31日閲覧。 
  18. ^ Wendell Steavenson (2022年3月15日). “"I'll stay until Putin's dead or the war is over": the Americans fighting for Ukraine”. Economist. https://www.economist.com/1843/2022/03/15/ill-stay-until-putins-dead-or-the-war-is-over-the-americans-fighting-for-ukraine 2022年3月31日閲覧。 
  19. ^ Lowry, Willy (2022年3月4日). “Foreign fighters answer Zelenskyy's call to defend Ukraine”. The National News. https://www.thenationalnews.com/world/us-news/2022/03/04/foreign-fighters-answer-zelenskyys-call-to-defend-ukraine/ 2022年3月13日閲覧。 
  20. ^ - He had no experience - VG” (2022年3月17日). 2022年7月14日閲覧。
  21. ^ Band of others: Ukraine’s legions of foreign soldiers are on the frontline” (2022年3月24日). 2022年7月14日閲覧。
  22. ^ Texas paratrooper and Iraq veteran reveals his reasons for protecting Ukraine”. NV (2022年4月18日). 2022年4月22日閲覧。
  23. ^ Ukraine Releases Georgian Wanted in Russia for Murder”. 2022年7月14日閲覧。
  24. ^ a b “Georgian fighter was killed in Ukraine”. https://www.interpressnews.ge/en/article/120431-georgian-fighter-was-killed-in-ukraine 2022年6月19日閲覧。 
  25. ^ Identities of Two Georgian Volunteer Fighters Killed in Ukraine Revealed” (英語). Georgia Today (2022年3月18日). 2022年3月20日閲覧。
  26. ^ Gia Beriashvili Death, Georgian volunteers for Ukraine Dead” (英語). InsideEko.com (2022年3月18日). 2022年3月18日閲覧。
  27. ^ Two More Georgian Fighters Killed in Ukraine” (英語). Civil.ge (2022年4月11日). 2022年4月11日閲覧。
  28. ^ Two More Georgian Fighters Killed in Ukraine” (英語). Civil.ge (2022年4月11日). 2022年4月11日閲覧。
  29. ^ staff, DFWatch (2022年5月12日). “27 y/o Georgian killed in the bastion of Mariupol’s Ukrainian defenders” (英語). Democracy & Freedom Watch. 2022年5月13日閲覧。
  30. ^ Three More Georgian Fighters Killed in Ukraine Today” (英語). Civil.ge (2022年4月16日). 2022年4月16日閲覧。
  31. ^ “Georgian volunteer fighter died in Ukraine”. https://1tv.ge/lang/en/news/georgian-volunteer-fighter-died-in-ukraine/ 2022年6月6日閲覧。 
  32. ^ “Georgian fighter Kiril Shanava, 23, was killed in Ukraine”. https://gtmedia.ge/en/news/sazogadoeba/georgian-fighter-kiril-shanava-23-was-killed-in-ukraine 2022年6月9日閲覧。 
  33. ^ a b Video appears to show Ukrainian soldier killing Russian prisoner” (英語). Sky News. 2022年4月7日閲覧。
  34. ^ “Video appears to show killing of captive Russian soldier” (英語). BBC News. (2022年4月7日). https://www.bbc.com/news/61025388 2022年4月7日閲覧。 
  35. ^ Nathan Hodge, Eoin McSweeney and Niamh Kennedy. “Video appears to show execution of Russian prisoner by Ukrainian forces”. CNN. 2022年4月7日閲覧。
  36. ^ Georgia mourns two fighters killed in Ukraine” (2022年3月25日). 2022年7月14日閲覧。
  37. ^ a b c d e f g h i “British conflict medic joins Ukrainian forces in Donbas” (英語). Unian. (2018年4月30日). https://www.unian.info/war/10099904-british-conflict-medic-joins-ukrainian-forces-in-donbas.html 2019年2月3日閲覧。 
  38. ^ Visioner [@@visionergeo]. "A Chilean volunteer fights alongside the Georgian Legion against Russian occupation forces in Ukraine" (ツイート). 2022年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。Twitterより2022年5月11日閲覧
  39. ^ Russia-Ukraine crisis: Came to Ukraine for studies, Indian student now taking combat training | Ground report”. 2022年7月14日閲覧。