ウクライナ陸軍

ウクライナ軍の陸軍部門

ウクライナ陸軍(ウクライナりくぐん、ウクライナ語: Сухопутні війська України)は、ウクライナ陸軍ウクライナ軍軍種のひとつである。

ウクライナ陸軍
Сухопутні війська України
Emblem of the Ukrainian Ground Forces.svg
ウクライナ陸軍エンブレム
創設1991年12月12日
国籍 ウクライナ
軍種陸軍
任務国土防衛
兵力169,000人(2016年)[1]
上級部隊 ウクライナ軍
主な戦歴ソビエト・ウクライナ戦争
イラク戦争
ドンバス戦争
ロシアのウクライナ侵攻
指揮
現司令官オレクサンドル・シルスキー上級大将
識別
陸軍旗Ensign of the Ukrainian Ground Forces.svg
記章НЗ СВ.svg

概要編集

ソ連軍キエフ軍管区英語版オデッサ軍管区英語版等の部隊を継承した。2005年末の時点で、総員9万7千人(内、軍人7万8千人)。戦車×732両、装甲戦闘車両×1,713両、戦闘ヘリ×106機、火砲(100mm以上)×1,298門を保有する。冷戦時代のソ連地上軍に倣い、ウクライナ地上軍と呼ばれることもある。

2022年ロシアのウクライナ侵攻に伴い、西欧諸国などから多数の兵器の供与を受けたこと、ロシア側の戦車などを鹵獲したことなどから多様、多種な兵器を運用することとなった。 一方、ウクライナ軍の地上部隊後方支援司令官は、2022年6月15日付の米軍事専門誌とのインタビューで、ロシア軍との消耗戦の中で歩兵戦闘車約1,300台、戦車約400両、ミサイル発射システム約700基など、それぞれ最大で50%を失ったことを明らかにしている[2]

兵科編集

組織編集

 
各作戦管区の配置[3]
  西部作戦管区
  北部作戦管区
  東部作戦管区
  南部作戦管区
  クリミア半島

ウクライナ陸軍は、西部、北部、東部、南部の4個作戦管区と陸軍司令部直轄部隊、予備軍団で構成される。また4個作戦管区には、領土防衛隊からそれぞれ5~8個旅団相当の部隊が充足される。

陸軍司令部直轄部隊編集

陸軍司令部直属のロケット兵・砲兵部隊
  第8陸軍航空司令部(陸軍航空隊

西部作戦管区編集

1998年に、旧ソ連陸軍から引き継いだ沿カルパチア軍管区を再編して編成。

北部作戦管区編集

東部作戦管区編集

南部作戦管区編集

1998年に、旧ソ連陸軍から引き継いだオデッサ軍管区英語版を再編して設立。

予備軍団編集

訓練・教育機関編集

装備編集

装甲戦闘車両編集

名称 画像 製造国 種別 保有数 備考
T-64BVウクライナ語版     ソビエト連邦 主力戦車 620 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、4両をロシア連邦軍から鹵獲[4]
T-64BM     ウクライナ 100
T-72A/AB/B/BA/B1/B3/AMT/M/M1     ソビエト連邦 133 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、T-72A 13両、T-72AB 2両、T-72B 63両、T-72BA 4両T-72B3 98両をロシア連邦軍から鹵獲[4]チェコからT-72M 50両以上[5]ポーランドからT-72M1 232両供与[6]
T-80BV/BVM   22 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、T-80BV 9両、T-80BVM 13両をロシア連邦軍から鹵獲[4]
T-80U/UK   29 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、T-80BV 16両、T-80U 27両、T-80UK 1両、T-80UE-1 4両、T-80BVM 17両をロシア連邦軍から鹵獲[4]
T-90A   17 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、T-90A 9両をロシア連邦軍から鹵獲[4]
T-84U オプロート     ウクライナ 5
BM オプロート   1
T-84-120 ヤタハーン   1
M-84     ユーゴスラビア 54 スロベニアから供与[7][8]
PT-91     ポーランド 200 ポーランドより供与[9]
レオパルト2A4     ドイツ連邦共和国 20 NATOより[10]。スペインから供与されるはずだったものは状態が悪く断念された。
BRM-1Kウクライナ語版     ソビエト連邦 偵察戦闘車 115
FV107 シミター     イギリス 5 イギリスからの供与[11]
BRDM-2DI/T     ソビエト連邦 432
BMP-1/P/U/AK   歩兵戦闘車 213
BMP-2   890
BMP-3   4
BMD-1   15
BMD-2   15
BMD-4M   11 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシア連邦軍から鹵獲[4]
BMPV-64ウクライナ語版   ウクライナ 1
BTR-60PB     ソビエト連邦 装甲兵員輸送車 5
BTR-70   215
BTR-80   102
BTR-82A     ロシア 46 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシア連邦軍から鹵獲[4]
BTR-3E/DA/E1/DA/70     ウクライナ 60
BTR-4E   30
BTR-D     ソビエト連邦 15
BTR-MDロシア語版   7 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシア連邦軍から鹵獲[4]
MT-LB   45
PTS-3ロシア語版   2+ 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシア連邦軍から鹵獲[4]
M113     アメリカ合衆国 250 アメリカ合衆国デンマークからの供与[12][13]
M113AS4英語版     オーストラリア 14 オーストラリアからの供与[14][15]
YPR-765     オランダ オランダからの供与[16][17]
FV103 スパルタン     イギリス イギリスからの供与[18]
AT105 サクソン   40
ピラーニャIIIC     スイス 25 デンマークからの供与[13]
コザック2ウクライナ語版     ウクライナ 装輪装甲車 40
ノヴァトールウクライナ語版   50
ヴァルタウクライナ語版   200
ティーグル/ティーグルM     ロシア 27 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシア連邦軍から鹵獲[4]
タイフーン-K   3 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシア連邦軍から鹵獲[4]
ブッシュマスターPMV     オーストラリア 20[19] オーストラリアからの供与[19][15]
ハスキー TSV英語版     アメリカ合衆国 イギリスからの供与[18]
ウルフハウンド   イギリスからの供与[18]
マスティフ     イギリス イギリスからの供与[18]
DT-30英語版     ソビエト連邦 全地形対応車 1 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシア連邦軍から鹵獲[4]

火砲・自走砲・多連装ロケット編集

名称 画像 製造国 種別 保有数 備考
KBA-118 60mm迫撃砲ウクライナ語版     ウクライナ 迫撃砲
M60-16 60mm迫撃砲ウクライナ語版   100[20]
UPIK-82 82mm迫撃砲ウクライナ語版   300[20]
KBA-48M 82mm迫撃砲ウクライナ語版
2B9 82mm自動迫撃砲     ソビエト連邦
M120-15 120mm迫撃砲ウクライナ語版     ウクライナ 120
MP-120 120mm迫撃砲ウクライナ語版   80
2B16 120mm直射・迫撃両用砲ロシア語版     ソビエト連邦 迫撃砲 2 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシア連邦軍から鹵獲[4]
D-30 122mm榴弾砲   榴弾砲 75
D-20 152mm榴弾砲   130
2A65 152mm榴弾砲   130
FH70 155mm榴弾砲     ドイツ
  イタリア
  イギリス
イタリアからの供与[21][22]
M777 155mm榴弾砲     アメリカ合衆国 100 アメリカ合衆国から90門[23]オーストラリアから6門[24]カナダから4門供与[25]
2A36 152mmカノン砲     ソビエト連邦 カノン砲 180
バルス 8 120mm自走迫撃砲ウクライナ語版     ウクライナ 自走迫撃砲 12
2S23ロシア語版     ソビエト連邦 1 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシア連邦軍から鹵獲[4]
2S1   自走榴弾砲 579
2S34ロシア語版   2 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシア連邦軍から鹵獲[4]
2S3   579
2S19   37
ダナ     チェコ 126
PzH2000NL     ドイツ連邦共和国 12 オランダおよびドイツからの供与[26][27][28]
クラブ     ポーランド 18 ポーランドからの供与[29]
カエサル     フランス 12 フランスからの供与[30][31]
2S22 ボグダナ英語版     ウクライナ 1
2S5     ソビエト連邦 自走カノン砲 205
2S7   90+
2S9   自走迫撃砲 40+
ヴェルバウクライナ語版     ウクライナ 自走多連装ロケット砲
RM-70     チェコ チェコからの供与[32][33]
HIMARS     アメリカ合衆国 4 アメリカからの供与[34]
MLRS   3 イギリスからの供与[35]
BM-21     ソビエト連邦 185
9A53-Gロシア語版   2 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシア連邦軍から鹵獲[4]
BM-27   70
BM-30   81
TOS-1A   4+ 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシア連邦軍から鹵獲。
9K79/9K79-1   戦術弾道ミサイル 90
グリムウクライナ語版     ウクライナ 20

対戦車兵器編集

名称 画像 製造国 種別 保有数 備考
T-12/MT-12 100mm対戦車砲ロシア語版     ソビエト連邦 対戦車砲 500 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、1門がロシア連邦軍から鹵獲[4]
NLAW   対戦車ミサイル 2,200[36]
FGM-148 ジャベリン     アメリカ合衆国 2,500+[36]
RK-2 ステューフナ-P     ウクライナ 200[37]
バリアウクライナ語版   BMP-1Uウクライナ語版BTR-3BTR-4BTR-70DIウクライナ語版に装備。
RK-3 コルサル   50[38]
コンバート   砲発射型ミサイル。T-64BM ブラートT-72AG/B/ST-80UDBMオプロートで運用可能。
ミラン   イタリアとスペインから供与[39]
9M111     ソビエト連邦
9M113  
9M117ロシア語版   T-12/MT-12 100mm対戦車砲より発射。
9P149ロシア語版   4 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシア連邦軍から鹵獲[4]

対空兵器編集

名称 画像 製造国 種別 保有数 備考
ZPU-1     ソビエト連邦 対空機関砲
ZPU-2  
ZU-23-2   1,000
S-60   400
ZSU-23-4   自走式対空砲 300
ゲパルト     ドイツ連邦共和国 50 ドイツからの供与[40][41]
9K32     ソビエト連邦 携帯式地対空ミサイル ドイツからの供与[42]
9K310/9K38[43]  
ピオルン英語版     ポーランド ポーランドからの供与.[44][45]
FIM-92     アメリカ合衆国 ラトビアリトアニア、ドイツ、デンマークからの供与[46][47]
ミストラル     フランス フランスノルウェーからの供与[48][49]
スターストリーク     イギリス イギリスからの供与[50]
9K35     ソビエト連邦 地対空ミサイル 150
9K33   100
2K22   75
ストーマー HVM     イギリス イギリスからの供与[51]
パーンツィリ-S1     ロシア 2022年ロシアのウクライナ侵攻において、ロシア連邦軍から鹵獲[4]
9K330     ソビエト連邦 6

歴代司令官編集

歴代の陸軍司令官
氏名 階級 在任期間 出身校 前職
1 ヴァシリー・ソブコフウクライナ語版 上級大将 1994.4.7[52] - 1998.9.30[53] ソビエト連邦軍参謀本部大学校英語版 沿カルパチア軍管区司令官
2 ペトロ・シュリヤクウクライナ語版 上級大将 1998.9.30[54] - 2001.11.27[55] ソビエト連邦軍参謀本部大学校 西部作戦司令部司令官
3 オレクサンドル・ザティナイコウクライナ語版 上級大将 2001.12.19[56] - 2002.8.13[57] ソビエト連邦軍参謀本部大学校 南部作戦司令部司令官
4 ミコラ・ペトリュクウクライナ語版 上級大将 2004.7.19[58] - 2006.5.6[59] ロシア連邦軍参謀本部大学校 西部作戦司令部司令官
5 ワレーリー・フロロフウクライナ語版 中将 2006.5.26[60] - 2007.6.25[61] カザン高等戦車学校 陸軍第一副司令官
6 イワン・スヴィダウクライナ語版 中将 2007.6.25 - 2009.11.18[62] ロシア連邦軍参謀本部大学校 南部作戦司令部司令官
7 ゲンナジー・ヴォロビョフウクライナ語版 上級大将 2009.11.18[63] - 2014.1.17[64] フルンゼ軍事大学英語版 参謀本部副参謀総長
8 アナトリー・プシュニャコフウクライナ語版 中将 2014.5.6 - 2016.1.13[65] ウクライナ国防大学校 陸軍第一副司令官
9 セルゲイ・ポプコウクライナ語版 中将 2016.3 - 2019.8.5[66] キエフ高等軍学校ロシア語版 統合作戦司令官
10 オレクサンドル・シルスキー 上級大将 2019.8.5[67] - 統合作戦司令官

画像編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Полторак поставив сухопутні війська за приклад реформ в Україні” (2016年12月13日). 2018年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月1日閲覧。
  2. ^ ウクライナ軍、装備の半分失う消耗戦…ゼレンスキー氏は激戦の南部訪れ兵士激励”. 読売新聞 (2022年6月19日). 2022年6月18日閲覧。
  3. ^ Указ Президента України №39/2016 «Про затвердження військово-адміністративного поділу території України»”. ПРЕЗИДЕНТ УКРАЇНИ (2016年2月5日). 2017年1月5日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s https://www.oryxspioenkop.com/2022/02/attack-on-europe-documenting-equipment.html” (2022年2月24日). 2022年4月16日閲覧。
  5. ^ Czech Republic sends dozens of T-72 tanks, infantry vehicles to Ukraine.”. Kyiv Independent (2022年4月5日). 2022年8月2日閲覧。
  6. ^ Poland handed over 232 T-72 tanks, self-propelled howitzers and drones to Ukraine”. CMIO International (2022年5月1日). 2022年8月2日閲覧。
  7. ^ Slovenia to provide its fleet of M-84 main battle tanks to Ukraine. Army Recognition. 21 April 2022.
  8. ^ Slovenia Sending Tanks to Ukraine in Weapons Swap with Germany. Total-Slovenia-News. 21 April 2022.
  9. ^ rzecznik agencji uzbrojenia potwierdza wyslanie pt-91 na ukraine”. kresy.pl (2022年7月24日). 2022年8月2日閲覧。
  10. ^ Танки Leopard Україна отримає спочатку для навчання – Резніков”. mil.in.ua (2022年7月25日). 2022年8月2日閲覧。
  11. ^ Roblin, Sebastien (2022年4月18日). “The UK Is Delivering a Menagerie of Armored Vehicles to Ukraine”. 19FortyFive. 2022年5月10日閲覧。
  12. ^ What’s in $800 Million U.S. Security Package for Ukraine?”. The Wall Street Journal (2022年4月14日). 2022年5月5日閲覧。
  13. ^ a b Denmark to supply Ukraine with dozens of armored personnel carriers, mortars.”. The Kyiv Independent (2022年4月30日). 2022年5月5日閲覧。
  14. ^ Australia promises more armoured vehicles to Ukraine | Shephard”. www.shephardmedia.com. 2022年5月22日閲覧。
  15. ^ a b Australia to send M113 APCs, additional Bushmasters to Ukraine”. www.defenceconnect.com.au (2022年5月18日). 2022年5月22日閲覧。
  16. ^ Dutch YPR-765 infantry vehicles arrived in Ukraine”. defence-blog.com (2022年5月14日). 2022年5月22日閲覧。
  17. ^ by admin (2022年5月12日). “Ukrainian Ground Forces Uses Dutch YPR-765 Infantry Fighting Vehicles”. MilitaryLeak. 2022年5月16日閲覧。
  18. ^ a b c d What armoured vehicles is the UK sending to Ukraine?”. Forces.net (2022年4月13日). 2022年5月5日閲覧。
  19. ^ a b 「その兵器ウクライナにいい」交渉上手なだけでないゼレンスキー大統領の安全保障戦略”. 乗りものニュース (2022年4月16日). 2022年4月16日閲覧。
  20. ^ a b «Українська бронетехніка» витісняє конкурентів з ринку вітчизняних мінометів”. 2020年8月9日閲覧。
  21. ^ Italy approves the delivery of FH70 155mm towed howitzers to Ukraine | Defense News May 2022 Global Security army industry | Defense Security global news industry army year 2022 | Archive News year”. www.armyrecognition.com. 2022年5月16日閲覧。
  22. ^ miroslav-trinko. “Nach den USA: Italien wird der Ukraine Haubitzen FH70 NATO-Standard geben” (ドイツ語). gagadget.com. 2022年5月16日閲覧。
  23. ^ БізнесЦензор. “Яку зброю Україна отримала від країн НАТО” (ウクライナ語). БізнесЦензор. 2022年4月28日閲覧。
  24. ^ Нові фото гаубиць M777 з українським прапором: зброю відправили Україні з Австралії | Defense Express” (ウクライナ語). defence-ua.com. 2022年4月27日閲覧。
  25. ^ Україна отримає від Канади високоточні далекобійні снаряди Excalibur для 155-мм гаубиць”. mil.in.ua (2022年4月23日). 2022年4月23日閲覧。
  26. ^ オランダ政府 ウクライナに自軍の超重量級自走砲を供与済みと公表”. 乗りものニュース (2022年4月28日). 2022年5月1日閲覧。
  27. ^ The Dutch Are Sending Huge German Armored Howitzers To Ukraine”. Forbes (2022年4月21日). 2022年5月5日閲覧。
  28. ^ Ukraine conflict: European countries supply Kyiv with more weapons”. Janes (2022年4月22日). 2022年5月5日閲覧。
  29. ^ ポーランド、自走式榴弾砲提供 ウクライナへ東欧から兵器支援”. 時事通信社 (2022年5月30日). 2022年5月31日閲覧。
  30. ^ Le risque d’escalade en Ukraine est très fort”. ouest-france (2022年4月22日). 2022年5月5日閲覧。
  31. ^ La France livre des canons Caesar et des missiles antichars Milan à l’Ukraine”. Le Monde (2022年4月23日). 2022年5月5日閲覧。
  32. ^ Vojenská pomoc Ukrajině - Na Ukrajinu odjely i houfnice Dana a raketomety RM-70 Grad” (チェコ語). www.echo24.cz. 2022年4月14日閲覧。
  33. ^ Бійці з рашизмом отримали "Вампіри", які допоможуть влаштувати нову "Чорнобаївку" окупантам” (ウクライナ語). www.echo24.cz. 2022年4月19日閲覧。
  34. ^ 米、高機動ロケット砲4門など供与 ウクライナへ追加支援910億円”. 時事通信社 (2022年6月2日). 2022年6月2日閲覧。
  35. ^ プーチン氏、西側の長距離兵器供与について警告 ウクライナ内の標的拡大と 英は提供発表”. BBC (2022年6月6日). 2022年6月8日閲覧。
  36. ^ a b Бутусов – про отриману військову допомогу: у ЗСУ є можливості завдати ворогу непоправних втрат”. news.obozrevatel.com (2022年1月26日). 2022年3月9日閲覧。
  37. ^ ЗСУ отримали 200 ПТРК «Стугна» і 3000 ракет”. ukr.segodnya.ua. 2022年3月9日閲覧。
  38. ^ "Тектонічний зсув" у головах: Яку зброю нарешті отримає армія на передку”. https://www.depo.ua/. Depo.ua (2018年1月17日). 2018年1月19日閲覧。
  39. ^ Західний воєнторг. Як Захід допомагає Україні у нашій війні проти РФ”. thepage.ua. 2022年3月9日閲覧。
  40. ^ ドイツ政府が決断 ウクライナへ「ゲパルト」対空戦車を供与”. 乗りものニュース (2022年4月27日). 2022年5月1日閲覧。
  41. ^ Ukraine’s wish list for the Donbas fight”. POLITICO (2022年4月26日). 2022年5月5日閲覧。
  42. ^ 1.500 Strela-Raketen in Ukraine eingetroffen - Kiew bestellt selbst” (ドイツ語). Oldenburger Onlinezeitung (2022年3月25日). 2022年5月10日閲覧。
  43. ^ The West Needs to Keep Supporting Ukraine with MANPADS” (英語). GMFUS. 2022年5月15日閲覧。
  44. ^ Trevithick, Joseph (2022年2月1日). “Poland Will Send Shoulder-Fired Anti-Aircraft Missiles To Ukraine”. The Drive. 2022年5月22日閲覧。
  45. ^ Głowacki, Bartosz (2022年2月4日). “What weapons will Poland send to Ukraine – and is an alliance next?”. Breaking Defense. 2022年5月22日閲覧。
  46. ^ “Baltic states to supply Ukraine with Stinger, Javelin missiles”. LRT. (2022年1月21日). https://www.lrt.lt/en/news-in-english/19/1594802/baltic-states-to-supply-ukraine-with-stinger-javelin-missiles 2022年1月21日閲覧。 
  47. ^ Germany to send thousands of weapons to Ukraine in major reversal” (2022年2月26日). 2022年2月26日閲覧。
  48. ^ La France a formé des soldats ukrainiens juste avant l'invasion russe” (2022年4月12日). 2022年4月12日閲覧。
  49. ^ Norway provides an air defense system to Ukraine”. Norwegian Ministry of Defense (2022年4月20日). 2022年4月20日閲覧。
  50. ^ “UK supplying Starstreak anti-aircraft missiles to Ukraine, defence minister Wallace tells BBC”. Reuters. (2022年3月16日). https://www.reuters.com/world/europe/uk-supplying-starstreak-anti-aircraft-missiles-ukraine-defence-minister-wallace-2022-03-16/ 2022年3月16日閲覧。 
  51. ^ Parker, Charlie. “Britain sends Stormer anti-aircraft vehicles to Ukraine”. The Times. ISSN 0140-0460. https://www.thetimes.co.uk/article/britain-sends-stormer-anti-aircraft-vehicles-to-ukraine-86hcsj7mh 2022年4月20日閲覧。 
  52. ^ № 142/94 Про заступника Міністра оборони України - Командуючого Сухопутними військами Збройних Сил України” (1994年4月7日). 2022/01-30閲覧。
  53. ^ № 1085/98 Про призначення В. Собкова Генеральним інспектором Генеральної військової інспекції при Президентові України” (1998年9月30日). 2022年1月30日閲覧。
  54. ^ № 1086/98 Про призначення П. Шуляка заступником Міністра оборони України - командувачем Сухопутними військами Збройних Сил України” (1998年9月30日). 2022年1月30日閲覧。
  55. ^ № 1148/2001 Про звільнення П. Шуляка з посади Головнокомандувача Сухопутних військ Збройних Сил України” (2001年11月27日). 2022年1月30日閲覧。
  56. ^ № 1233/2001 Про призначення О. Затинайка Головнокомандувачем Сухопутних військ Збройних Сил України” (2001年12月19日). 2022年1月30日閲覧。
  57. ^ № 709/2002 Про призначення О. Затинайка начальником Генерального штабу Збройних Сил України” (2002年8月23日). 2022年1月30日閲覧。
  58. ^ № 819/2004 Про призначення М. Петрука Головнокомандувачем Сухопутних військ Збройних Сил України” (2004年7月19日). 2022年1月30日閲覧。
  59. ^ № 353/2006 Про звільнення М. Петрука з посади командувача Сухопутних військ Збройних Сил України” (2006年5月6日). 2022年1月30日閲覧。
  60. ^ № 441/2006 Про призначення В. Фролова командувачем Сухопутних військ Збройних Сил України” (2006年5月26日). 2022年1月30日閲覧。
  61. ^ № 560/2007 Про звільнення В. Фролова з посади командувача Сухопутних військ Збройних Сил України” (2007年6月25日). 2022年1月30日閲覧。
  62. ^ № 936/2009 Про звільнення І. Свиди з посади командувача Сухопутних військ Збройних Сил України” (2009年11月18日). 2022年1月30日閲覧。
  63. ^ № 938/2009 Про призначення Г. Воробйова командувачем Сухопутних військ Збройних Сил України” (2009年11月18日). 2022年1月30日閲覧。
  64. ^ № 11/2014 Про звільнення Г. Воробйова з посади командувача Сухопутних військ Збройних Сил України” (2014年1月17日). 2022年1月30日閲覧。
  65. ^ № 4/2016 Про звільнення А. Пушнякова з посади командувача Сухопутних військ Збройних Сил України” (2016年1月13日). 2022年1月30日閲覧。
  66. ^ № 576/2019 Про звільнення С. Попка з посади командувача Сухопутних військ Збройних Сил України” (2019年8月5日). 2022年1月30日閲覧。
  67. ^ № 578/2019 Про призначення О. Сирського командувачем Сухопутних військ Збройних Сил України” (2019年8月5日). 2022年1月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集