メインメニューを開く

ジョージ・ニュージェント=テンプル=グレンヴィル (初代バッキンガム侯爵)

初代バッキンガム侯爵ジョージ・ニュージェント=テンプル=グレンヴィル英語: George Nugent-Temple-Grenville, 1st Marquess of Buckingham, KG, KP, PC1753年6月17日 - 1813年2月11日)は、イギリスの政治家、貴族。

初代バッキンガム侯爵
ジョージ・ニュージェント=テンプル=グレンヴィル
George Nugent-Temple-Grenville
1st Marquess of Buckingham
1stMarquessOfBuckingham.jpg
トマス・ゲインズバラ画のバッキンガム侯
生年月日 1753年6月17日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
イングランドの旗 イングランド ロンドン
没年月日 (1813-02-11) 1813年2月11日(59歳没)
死没地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
イングランドの旗 イングランド バッキンガムシャー
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 ホイッグ党
称号 初代バッキンガム侯爵、第3代テンプル伯爵、第2代ニュージェント伯爵英語版、第4代コバム子爵、第4代コバム男爵、ガーター勲章ナイト(KG)、枢密顧問官(PC)
配偶者 メアリー(旧姓ニュージェント)
親族 ジョージ・グレンヴィル(父)、トマス・グレンヴィル英語版(長弟)、初代グレンヴィル男爵(次弟)、小ピット(従弟)

内閣 第一次小ピット内閣
在任期間 1783年12月19日 - 1783年12月23日

グレートブリテン王国の旗 庶民院議員
選挙区 バッキンガムシャー選挙区英語版
在任期間 1774年 - 1779年

グレートブリテン王国の旗 貴族院議員
在任期間 1779年 - 1813年
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1753年6月17日、後に首相を務める政治家ジョージ・グレンヴィルとその妻エリザベス(第3代準男爵サー・ウィリアム・ウィンダムの娘)の間の長男としてロンドンに生まれる[1][2]

イートン校をへてオックスフォード大学クライスト・チャーチで学ぶ[2]

1774年から1779年にかけて バッキンガムシャー選挙区英語版から選出されてホイッグ党庶民院議員を務める[1][2]1775年にはロバート・ニュージェントの娘メアリーと結婚した(ロバート・ニュージェントは翌1776年にジョージへの特別継承権を認めたアイルランド貴族爵位ニュージェント伯爵英語版に叙されている)[3]

1779年9月に死去した伯父の第2代テンプル伯爵リチャード・グレンヴィル英語版から第3代テンプル伯爵位を継承し、貴族院議員に転じた。またこの際に勅許をえて家名を「グレンヴィル」から「ニュージェント=テンプル=グレンヴィル」に改めた[1][2]

1782年7月から1813年6月にかけてバッキンガムシャー知事英語版を務めた。1782年から1783年にかけてはアイルランド総督を務めた。1783年2月5日には聖パトリック騎士団(勲章)グランド・マスターとなる。1783年中にごく短期間だが、外務大臣内務大臣を務めた。1784年12月にはバッキンガム侯爵に叙された。1787年から1789年にかけてアイルランド総督に再任した[1][2]

1788年10月に岳父が死去し、第2代ニュージェント伯爵位を継承した[2]。1801年にはガーター勲章に叙せられた[1][2]

1813年2月11日に死去した[1][2]

栄典編集

爵位編集

1779年9月12日に死去した伯父リチャード英語版から以下の爵位を継承した[2][4][5]

1784年12月4日に以下の爵位を新規に与えられた[2][1]

1788年10月13日に妻の父ロバート・ニュージェントから特別継承規定(special remainder)で以下の爵位を継承[2][3]

勲章編集

家族編集

1775年に初代ニュージェント伯爵英語版ロバート・ニュージェントの娘メアリー・エリザベス(1758-1812)と結婚した。彼女は1800年に「ウェストミース州におけるニュージェントのニュージェント女男爵英語版(Baroness Nugent of Carlanstown, in the County of Westmeath)」に叙されたが、この爵位は次男ジョージに継がせるとの特別継承権付であった[6]。彼女との間に以下の3子を儲けた[2]

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g Heraldic Media Limited. “Buckingham, Marquess of (GB, 1784 - 1889)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年11月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Lundy, Darryl. “George Nugent-Temple-Grenville, 1st Marquess of Buckingham” (英語). thepeerage.com. 2015年11月26日閲覧。
  3. ^ a b Lundy, Darryl. “Robert Nugent, 1st Earl Nugent” (英語). thepeerage.com. 2015年11月26日閲覧。
  4. ^ Heraldic Media Limited. “Temple, Earl (GB, 1749 - 1889)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年11月26日閲覧。
  5. ^ Heraldic Media Limited. “Cobham, Viscount (GB, 1718)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年11月26日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Mary Elizabeth Nugent, Baroness Nugent of Carlanstown” (英語). thepeerage.com. 2015年11月26日閲覧。
グレートブリテン議会英語版
先代:
リチャード・ラウンデス英語版
第2代ヴァーニー伯爵英語版
バッキンガムシャー選挙区英語版選出庶民院議員
1774年 – 1779年
同一選挙区同時当選者
第2代ヴァーニー伯爵英語版
次代:
第2代ヴァーニー伯爵英語版
トマス・グレンヴィル英語版
公職
先代:
第2代マクルスフィールド伯爵英語版
国庫会計係英語版
1763年 – 1813年
次代:
スペンサー・パーシヴァル英語版
先代:
第3代ポートランド公爵
アイルランド総督
1782年 – 1783年
次代:
第2代ノースイントン伯爵
先代:
チャールズ・ジェームズ・フォックス
外務大臣
1783年
次代:
カーマーゼン侯爵
先代:
ノース卿
内務大臣
1783年
次代:
初代シドニー男爵英語版
先代:
第4代ラトランド公爵英語版
アイルランド総督
1787年 – 1789年
次代:
第10代ウェストモアランド伯爵
名誉職
先代:
第5代チェスターフィールド伯爵英語版
バッキンガムシャー知事英語版
1782年 – 1813年
次代:
第2代バッキンガム侯爵
グレートブリテンの爵位
爵位創設 初代バッキンガム侯爵
1784年–1813年
次代:
リチャード・テンプル=グレンヴィル
先代:
リチャード・グレンヴィル=テンプル
第3代テンプル伯爵
1779年–1813年
アイルランドの爵位
先代:
ロバート・ニュージェント
第2代ニュージェント伯爵英語版
1788年–1813年
次代:
リチャード・テンプル=グレンヴィル