メインメニューを開く

ジョージ・ルーソン=ゴア (初代サザーランド公爵)

初代サザーランド公爵ジョージ・グランヴィル・ルーソン=ゴア英語: George Granville Leveson-Gower, 1st Duke of Sutherland, KG, PC1758年1月9日 - 1833年7月19日)は、イギリス外交官政治家貴族、大地主。

初代サザーランド公爵
ジョージ・ルーソン=ゴア
George Leveson-Gower
1st Duke of Sutherland
George Granville Leveson-Gower, 1st Duke of Sutherland by Thomas Phillips.jpg
生年月日 1758年1月9日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国イングランドロンドン
没年月日 (1833-07-19) 1833年7月19日(75歳没)
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャート
称号 初代サザーランド公爵、第2代スタッフォード侯爵、第3代ゴア伯爵ガーター勲章勲爵士(KG)、枢密顧問官(PC)
配偶者 19代サザーランド女伯
親族 初代スタッフォード侯(父)
2代サザーランド公(長男)
初代エレズミーア伯英語版(次男)
初代グランヴィル伯(弟)
第2代グランヴィル伯(甥)

在任期間 1790年 - 1792年

グレートブリテン王国の旗 庶民院議員
選挙区 ニューカッスル=アンダー=ライム選挙区英語版
スタッフォードシャー選挙区英語版
在任期間 1779年 - 1784年
1787年 - 1799年

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1799年 - 1833年7月19日
テンプレートを表示

1758年から1786年にかけてはトレンタム子爵 (Viscount Trentham)、1786年から1803年まではゴア伯爵 (Earl Gower) の儀礼称号で称された。1803年スタッフォード侯爵 (Marquess of Stafford) を継承し、1833年にはサザーランド公爵に叙せられた。

経歴編集

1758年1月9日、第2代ゴア伯爵グランヴィル・ルーソン=ゴア(1786年にスタッフォード侯爵に叙される)とその二番目の妻ルイーザ(初代ブリッジウォーター公爵スクロープ・エジャートンの娘)の間の長男としてロンドン・アリントンストリートに生まれる[1][2]

ウェストミンスター・スクールを経てオックスフォード大学クライスト・チャーチで学ぶ。大学を出た後、グランドツアーを行った[1]

1778年9月にニューカッスル=アンダー=ライム選挙区英語版から庶民院議員に初当選した。1784年総選挙で落選して一時議席を失うも、1787年にはスタッフォードシャー選挙区英語版から再選される[1]

1790年にはそれまで外交官経歴がないにも関わらず、フランス革命後のフランス駐フランス大使として派遣された[1]。フランス滞在中、彼の妻19代サザーランド女伯爵エリザベスは、マリー・アントワネットと親交を結んだ[3]。しかし結局1793年には英国大使館は撤収することになった[1]

1799年には繰上勅書によりいまだ父が存命ながらゴア男爵を一足早く継承して庶民院議員から貴族院議員に転じた。1803年10月26日には父が死去し、スタッフォード侯爵位を継承。さらに1833年1月28日にはサザーランド公爵に叙せられた。

イングランドとスコットランドに莫大な土地を所有する英国有数の大地主だった。フランス革命と戦争で英国農業が大きく発展したのに伴い、彼の地代収入は1802年からの13年間で5万5000ポンド弱から20万ポンドにも急増している。そのためチャールズ・グレヴィルは彼について「富のリヴァイアサン」「最も富裕な個人」と評した。その資金を元手に100万エーカーに近いスコットランド高地帯の所領の開発を推進した。この開発を熱心に推進したのは妻エリザベスだったという[4]

1833年7月19日に死去した[1]

家族編集

1785年9月に第18代サザーランド伯爵ウィリアム・ゴードンの娘第19代サザーランド女伯爵エリザベスと結婚。彼女との間に以下の4子を儲ける[5]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f "Leveson-Gower, George Granville (1758-1833)" . Dictionary of National Biography (in English). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  2. ^ Lundy, Darryl. “Granville Leveson-Gower, 1st Marquess of Stafford” (英語). thepeerage.com. 2015年8月13日閲覧。
  3. ^ 水谷三公 1987, p. 27.
  4. ^ 水谷三公 1987, p. 26-27.
  5. ^ Lundy, Darryl. “George Granville Leveson-Gower, 1st Duke of Sutherland” (英語). thepeerage.com. 2015年8月13日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集

グレートブリテン議会英語版
先代:
ジョージ・ヘイ英語版
チュートン子爵
ニューカッスル=アンダー=ライム選挙区英語版
選出庶民院議員

1779年–1784年
同一選挙区同時当選者
チュートン子爵(1779年)
アーチボルド・マクドナルド英語版[要リンク修正](1780年–1784年)
次代:
リチャード・ヴァーノン
アーチボルド・マクドナルド英語版[要リンク修正]
先代:
サー・ジョン・ロッテスリー準男爵英語版
サー・エドワード・リトルトン準男爵英語版
スタッフォードシャー選挙区英語版
選出庶民院議員

1787年1799年
同一選挙区同時当選者
サー・エドワード・リトルトン準男爵英語版
次代:
グランヴィル・ルーソン=ゴア卿
サー・エドワード・リトルトン準男爵英語版
外交職
先代:
第3代ドーセット公爵英語版
駐フランス大使
1790年1792年
次代:
初代コーンウォリス侯爵
(次の就任者)
名誉職
先代:
初代スタッフォード侯爵
スタッフォードシャー知事英語版
1799年1801年
次代:
初代アクスブリッジ伯爵英語版
スタッフォードシャー首席治安判事英語版
1799年1828年
次代:
タルボット伯爵英語版
爵位創設 サザーランド知事英語版
1794年1830年
次代:
ゴア伯爵
イギリスの爵位
爵位創設 初代サザーランド公爵
1833年
次代:
ジョージ・サザーランド=ルーソン=ゴア
グレートブリテンの爵位
先代:
グランヴィル・ルーソン=ゴア
第2代スタッフォード侯爵
1803年1833年
次代:
ジョージ・サザーランド=ルーソン=ゴア
イングランドの爵位
先代:
グランヴィル・ルーソン=ゴア
第4代ゴア男爵
(繰上勅書により父存命中に襲爵し、また生前に爵位譲る

1799年1826年
次代:
ジョージ・サザーランド=ルーソン=ゴア