メインメニューを開く

ジョージ・サザーランド=ルーソン=ゴア (第2代サザーランド公爵)

第2代サザーランド公爵ジョージ・グランヴィル・サザーランド=ルーソン=ゴア英語: George Granville Sutherland-Leveson-Gower, 2nd Duke of Sutherland, KG1786年8月8日-1861年2月22日)は、イギリス貴族政治家

第2代サザーランド公爵
ジョージ・サザーランド・ルーソン=ゴア
George Sutherland-Leveson-Gower
2nd Duke of Sutherland
George Granville Sutherland-Leveson-Gower, 2nd Duke of Sutherland, by English school circa 1810.jpg
生年月日 1786年8月8日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国イングランドロンドン
没年月日 (1861-02-22) 1861年2月22日(74歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス・イングランド・スタッフォードシャートリンタム荘園英語版
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャート
所属政党 ホイッグ党
称号 第2代サザーランド公爵、第20代サザーランド伯爵ガーター勲章勲爵士(KG)
配偶者 ハリエット英語版(旧姓ハワード)
親族 初代スタッフォード侯(祖父)
初代サザーランド公(父)
3代サザーランド公英語版(長男)
ロナルド英語版(四男)
初代エレズミーア伯英語版(弟)
初代グランヴィル伯(叔父)
2代グランヴィル伯(従兄弟)

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 セント・モース選挙区英語版
ニューカッスル=アンダー=ライム選挙区英語版
スタッフォードシャー選挙区英語版
在任期間 1808年4月22日 - 1812年11月24日
1812年10月13日 - 1815年7月22日
1815年7月31日 - 1820年3月16日

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1826年11月22日 - 1861年2月22日
テンプレートを表示

経歴編集

1786年8月8日ゴア伯爵(儀礼称号)ジョージ・ルーソン・ゴア(1803年に第2代スタッフォード侯爵位を継承し、1833年に初代サザーランド公爵に叙せられる)とその妻である第19代サザーランド女伯爵エリザベスの間の長男としてロンドンに生まれる[1][2]

1790年に父が駐フランス大使に任じられたため、父に連れられてフランス革命直後のフランスで数年を過ごした。フランス皇太子ルイ(ルイ17世)とは遊び仲間だった[3]

1798年から1803年までハーロー校に通い、オックスフォード大学クライスト・チャーチへ進学した。同大学より1806年バチェラー・オブ・アーツ1810年マスター・オブ・アーツ英語版1841年民事法学博士英語版の学位を授与されている[1]

1808年4月から1812年11月にかけてセント・モース選挙区英語版、1812年10月から1815年7月にかけてニューカッスル=アンダー=ライム選挙区英語版、1815年7月から1820年3月までスタッフォードシャー選挙区英語版から選出されて庶民院議員を務める[4]1826年11月22日には繰上勅書によりいまだ父が存命ながらイングランド貴族爵位ゴア男爵位を継承し、貴族院議員となった[5]。1833年7月19日の父の死により、第2代サザーランド公爵位を継承した。1831年から死去までサザーランド知事英語版、1839年から1845年までシュロップシャー知事英語版を務める[1]

彼はホイッグ党に所属する議員だった。そのため1838年ヴィクトリア女王が即位すると妻ハリエット英語版がホイッグ党の首相第2代メルバーン子爵ウィリアム・ラムの手回しで女王の女官長に任じられた。彼女は「女王と見間違う」と言われるほど物腰が洗練されており、女王からも宮廷人からも絶大な信頼を寄せられていたという[6]

1839年1月29日の母の死により、第20代サザーランド伯爵位を継承した。1841年にはガーター勲章を受勲した[1]

1861年2月22日にスタッフォードシャーのトリンタム荘園英語版で死去した[1]

家族編集

プロイセン王室との恋愛問題がトラウマになって、長い間結婚を避けていた[3]。しかし結局1823年に第6代カーライル伯爵ジョージ・ハワードの娘ハリエット英語版と結婚[7]。彼女との間に以下の11子を儲ける。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e The Complete Peerage, Volume XII. St Catherine's Press. (1953). p. 565. 
  2. ^ Lundy, Darryl. “George Granville Leveson-Gower, 1st Duke of Sutherland” (英語). thepeerage.com. 2015年8月18日閲覧。
  3. ^ a b 水谷三公 1987, p. 27.
  4. ^ UK Parliament. “Mr George Leveson-Gower” (英語). HANSARD 1803–2005. 2015年8月18日閲覧。
  5. ^ The London Gazette: no. 18310. p. 2834. 1826年12月1日。
  6. ^ ワイントラウブ & 1993上, p. 196.
  7. ^ Lundy, Darryl. “George Granville Sutherland-Leveson-Gower, 2nd Duke of Sutherland” (英語). thepeerage.com. 2015年8月18日閲覧。

参考文献編集

  • 水谷三公『英国貴族と近代 持続する統治1640-1880』東京大学出版会、1987年。ISBN 978-4130300636
  • ワイントラウブ, スタンリー『ヴィクトリア女王〈上〉』平岡緑訳、中央公論社、1993上。ISBN 978-4120022340

外部リンク編集

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
スクロープ・バーナード英語版
エブリントン子爵英語版
セント・モース選挙区英語版
選出庶民院議員

1808年1812年英語版
同一選挙区同時当選者
エブリントン子爵英語版(1808年–1809年)
スクロープ・バーナード英語版 (1809年–1812年)
次代:
ウィリアム・シプリー
スクロープ・バーナード=モーランド英語版
先代:
ジェイムズ・マクドナルド英語版
エドワード・ブートル=ウィルブラハム英語版
ニューカッスル=アンダー=ライム選挙区英語版
選出庶民院議員

1812年英語版1815年
同一選挙区同時当選者
サー・ジョン・ボウヒー準男爵
次代:
サー・ジョン・チェットウード準男爵英語版
サー・ジョン・ボウヒー準男爵
先代:
グランヴィル・ルーソン=ゴア卿
エドワード・リトルトン英語版
スタッフォードシャー選挙区英語版
選出庶民院議員

1815年1820年英語版
同一選挙区同時当選者
エドワード・リトルトン英語版
次代:
サー・ジョン・ボウヒー準男爵
エドワード・リトルトン英語版
名誉職
先代:
第2代スタッフォード侯爵
サザーランド知事英語版
1830年1861年
次代:
第3代サザーランド公爵英語版
先代:
初代パヴィス伯爵英語版
シュロップシャー知事英語版
1839年1845年
次代:
第2代ヒル子爵英語版
イギリスの爵位
先代:
ジョージ・ルーソン=ゴア
第2代サザーランド公爵
1833年1861年
次代:
ジョージ・サザーランド=ルーソン=ゴア英語版
スコットランドの爵位
先代:
エリザベス・ルーソン=ゴア
第20代サザーランド伯爵
1839年1861年
次代:
ジョージ・サザーランド=ルーソン=ゴア英語版
イングランドの爵位
先代:
ジョージ・ルーソン=ゴア
第5代ゴア男爵
(繰上勅書により)

1826年1861年
次代:
ジョージ・サザーランド=ルーソン=ゴア英語版