ジョー・ウォルシュJoe Walsh, 1947年11月20日 - 、本名・ジョセフ・ウォルシュ・フィドラー)は、アメリカカントリーロックバンドイーグルスギタリストである。マルチ・ミュージシャンとしても知られている。

ジョー・ウォルシュ
Joe Walsh
ジョー・ウォルシュ(2019年)
基本情報
出生名 Joseph Fidler
生誕 (1947-11-20) 1947年11月20日(76歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カンザス州ウィチタ
ジャンル ハードロックロックカントリー・ロック
職業 ギタリストシンガーソングライター
担当楽器 ギターボーカルキーボードベースドラムスマンドリンクラリネットオーボエ
活動期間 1967年 -
レーベル ゲフィンコロムビアアサイラムABC
共同作業者 ジェイムス・ギャング
イーグルス
公式サイト www.joewalsh.com
著名使用楽器
ギブソン・レスポール
フェンダー・テレキャスター
フェンダー・ストラトキャスター
ギブソン・ES-335
リッケンバッカー・330
グレッチ・カントリークラブ
ジョー・ウォルシュ(1975年)
イーグルスで演奏するウォルシュ(右から2人目、2008年)

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第54位。

経歴

編集

彼は1947年にカンザス州のウィチタで生まれた。父のロバート・ニュートン・フィドラー中尉はアメリカ空軍のパイロットだったが、1949年に沖縄で墜落事故にあい、死亡している。[1] 1965年、オハイオ州ケント州立大学に音楽を学ぶために入学するが、ライブ活動に熱中し1年半で退学。

1969年に、ハードロック・バンド、ジェイムス・ギャングのギタリスト兼ボーカリストとしてデビュー。「ファンク#49」「ウォーク・アウェイ」などの佳曲を残した。その後、バーンストームを結成。ソロ活動にも早くから取りくみ、1973年の「ロッキー・マウンテン・ウェイ」が代表曲となった。彼は1975年、イーグルスに加入した。

イーグルスに加入する前から、ジェイムス・ギャングのメンバーとして、音楽業界ではその名が知られていた。1974年のアルバム『ソー・ホワット』にはグレン・フライドン・ヘンリーランディ・マイズナーが参加しており、イーグルスの代表的アルバム『ホテル・カリフォルニア』のプロデューサーを務めたビル・シムジクをイーグルスと引き合わせたのは、ウォルシュである(シムジクとウォルシュはジェイムス・ギャング時代から共に仕事をしていた)。ウォルシュ加入後のイーグルスも、ステージでウォルシュやジェイムス・ギャングの曲を演奏している。1978年にはソロ・アルバム『ロスからの蒼い風』を発表し、このアルバムからカットされたシングル「この人生に賭けて(Life's Been Good)」(全米第12位、アルバムでは8分を超える大作)とともに、自身最大のヒットを収めた。

ウォルシュとドン・フェルダーのエレキ・ギターの掛け合いは、時にはバンドのフロントマンであるドン・ヘンリーとグレン・フライよりも目立つこともあった。また、1980年にはアメリカ大統領選に立候補をしようとした(当時33歳。被選挙権下限の35歳を下回るので実際にはできない)。『イーグルス・ライヴ』において、ティモシー・B・シュミットが「The next president of the United States, Mr. Joe Walsh」と紹介しているのを聴くことができる。

最も影響を受けたギタリストとしてデュアン・オールマンを挙げており、「自分は彼がやり残したことをやっているに過ぎない」と語っている。

ファンの間では、エクストラ級免許を持つアマチュア無線家としても知られている。[2]

2008年リンゴ・スターの妻であるバーバラ・バックの妹と結婚し、リンゴと姻族関係になった。

ディスコグラフィ

編集

ソロ・アルバム

編集
  • 『バーンストーム』 - Barnstorm (1972年)
  • 『ジョー・ウォルシュ・セカンド (ザ・スモーカー・ユー・ドリンク、ザ・プレイヤー・ユー・ゲット)』 - The Smoker You Drink, the Player You Get (1973年)
  • 『ソー・ホワット』 - So What (1974年)
  • 『ジョー・ウォルシュ・ライヴ』 - You Can't Argue with a Sick Mind (1976年) ※ライブ
  • 『ロスからの蒼い風』 - But Seriously, Folks... (1978年)
  • 『愛すべきならず者』 - There Goes the Neighborhood (1981年)
  • 『リバティ・ベル (自由の鐘)』 - You Bought It – You Name It (1983年)
  • 『コンフェッサー (聖なる予言)』 - The Confessor (1985年)
  • 『ガット・エニー・ガム』 - Got Any Gum? (1987年)
  • 『オーディナリー・アヴェレージ・ガイ』 - Ordinary Average Guy (1991年)[3]
  • 『ソングス・フォー・ア・ダイイング・プラネット』 - Songs for a Dying Planet (1992年)
  • 『アナログ・マン』 - Analog Man (2012年)

ジェイムス・ギャング

編集
  • 『ヤー・アルバム』 - Yer' Album (1969年)
  • 『ジェイムス・ギャング・ライズ・アゲイン』 - James Gang Rides Again (1970年)
  • 『サーズ』 - Thirds (1971年)

イーグルス

編集

映画・ドラマ出演

編集

脚注

編集
  1. ^ “Pacific Pilot's Rites Tuesday”. The Wichita Eagle: pp. 2. (1949年9月4日). https://www.newspapers.com/article/the-wichita-eagle-pacific-pilots-rites/142595379/ 
  2. ^ コールサインWB6ACU、在留者局のコールサインは7J1AXX)。2004年10月、イーグルスの日本公演で来日した際、東京都豊島区巣鴨日本アマチュア無線連盟本部を表敬訪問している
  3. ^ Releases / Ordinary Average Guy” (英語). Joe Walsh. 2021年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年6月29日閲覧。

関連項目

編集

外部リンク

編集