ジーン・ワイルダー

ジーン・ワイルダー(Gene Wilder、本名:Jerome Silberman〈ジェロム・シルバーマン〉、1933年6月11日 - 2016年8月28日[1])は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキー出身の俳優映画監督

Gene Wilder
ジーン・ワイルダー
ジーン・ワイルダー
1970年撮影
本名 Jerome Silberman
生年月日 (1933-06-11) 1933年6月11日
没年月日 (2016-08-28) 2016年8月28日(83歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ウィスコンシン州ミルウォーキー
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コネチカット州スタンフォード
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
映画監督
配偶者 Mary Mercier (1960–1965)
Mary Joan Schutz (1967–1974)
ギルダ・ラドナー (1984–1989)
Karen Boyer (1991–2016)
主な作品
俺たちに明日はない』(1967年)
テンプレートを表示

三度の結婚歴があり、コメディ女優ギルダ・ラドナー英語版は3番目の妻で、1989年に死別している。

経歴編集

ロシアからのユダヤ系移民の子として生まれる。

アイオワ大学では演劇を学び、アルファ・エプスロン・パイクラブに所属していた。 1955年に卒業し、英国ブリストル・オールド・ヴィック演劇学校で学ぶ。帰国後、徴兵され陸軍に入り、1956年から1958年にかけて衛生兵として訓練および軍務に就いた。

除隊後、ワイルダーはリムジンの運転手とフェンシングの教師を続けながら劇場での仕事を探した。オフ・ブロードウェイのショーからブロードウェイへ進出。1961年、ブロードウェイのショー『The Complaisant Lover』と『Roots』でClarence Derwent賞を受賞。1968年、映画『プロデューサーズ』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされる。

『プロデューサーズ』のメル・ブルックス監督とはその後もコンビを組み、『ブレージングサドル』『ヤング・フランケンシュタイン』などのブルックスの代表作で主演を務める。また、黒人コメディアンのリチャード・プライヤーともコンビを組み、『大陸横断超特急』『スター・クレイジー』『見ざる聞かざる目撃者』『詐欺師とウソつき患者』などで共演した。

その他の出演作品に、ロアルド・ダールの原作を映画化したカルト作『夢のチョコレート工場』、ユダヤ人牧師役として荒くれカウボーイ役のハリソン・フォードと共演した『フリスコ・キッド』などがある。

また、1975年の『新シャーロック・ホームズ おかしな弟の大冒険』以降は、自身の出演作の監督も行った。

2016年8月28日アルツハイマー病の合併症によりコネチカット州スタンフォードの自宅で亡くなった[1]。83歳没。

主な出演作品編集

外部リンク編集

脚注編集