スイサイダル・テンデンシーズ

スイサイダル・テンデンシーズ (Suicidal Tendencies) は、アメリカ合衆国出身のスラッシュ/ハードコアバンド

スイサイダル・テンデンシーズ
Suicidal Tendencies
Hellfest2017SuicidalTendencies 06.jpg
フランス・クリソン公演 (2017年6月)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州 ヴェニス
ジャンル ハードコア・パンク
クロスオーバー・スラッシュ
スラッシュメタル
ミクスチャーロック
活動期間 1982年 - 1995年
1997年 - 現在
レーベル Frontier Records
キャロライン・レコード
ヴァージン・レコード
エピック・レコード
Suicidal Records
公式サイト www.suicidaltendencies.com
メンバー マイク・ミューア (Vo)
ディーン・プレザンツ (G)
ジェフ・ポーガン (G)
ラ・ディアス (B)
デイヴ・ロンバード (Ds)
旧メンバー ロッキー・ジョージ (G)
マイク・クラーク (G)
ロバート・トゥルージロ (B)
ステファン・ブルーナー (B)
ほか別記参照

米国西海岸の代表的なハードコアバンドで、1980年代初期はスケーターズロック、以降はスラッシュメタルファンクの影響を取り入れた「クロスオーバー・スラッシュ」の先駆者となった。

目次

略歴編集

 
スウェーデン・ブレーキンゲ公演 (2010年6月)

1982年カリフォルニア州ヴェニスで、スケートチームZ-BOYSのオリジナルメンバーだったJim Muir(ジム・ミューア)の実弟マイク・ミューアを中心に結成された。1983年Frontier Recordsから『Suicidal Tendencies』でデビュー。過激な歌詞、カリフォルニアのローカルギャングのようなファッション(初期メンバーのエイメリー・スミスは実際に元ギャングだった)、そして自殺を示唆するバンド名が問題となり、1983年から1991年までの間、バンドはロサンジェルスでのライヴパフォーマンスを禁止された。

1987年にリリースされた2nd『Join The Army』では、新たに加入したギタリストロッキー・ジョージの影響もあり、スラッシュメタル寄りのアプローチを見せるようになる。地元のスラッシュメタルバンド、ノー・マーシー(No Marcy)のギタリストだったマイク・クラークがリズムギターとして加入した3rd『How Will I Laugh Tomorrow...』ではさらにメタル色が強まった。1989年にベースにロバート・トゥルージロを迎えた後の4th『Lights...Camera...Revolution!』、5th『Arts Of Rebellion』では従来のサウンドにファンク色が取り入れられている。セールス上はこの時期がバンドの絶頂期に当たり、1991年にはメガデステスタメントスレイヤーと共にClash Of The Titansツアーに参加している。

1991年より、マイク・ミューアはベーシストのロバート・トゥルージロと共にインフェクシャス・グルーブスを始める。スイサイダル・テンデンシーズ本体としては、1993年に1st&2ndの再録盤『Still Cyco After All These Years』を、1994年には6th『Suicidal For Life』をリリースする。しかし、『Suicidal For Life』のセールスは芳しくなく、エピック・レコードとの契約を切られたバンドは、ツアー後の1995年に解散した。

解散後、1996年よりマイク・ミューアはCyco Mikoの名義でソロ活動を行っていたが、1997年にスイサイダル・テンデンシーズの活動を再開する。1999年には『Freedumb』、2000年には『Free Your Soul And Save My Mind』をSuicidal Recordsよりリリースした。

21世紀に入ってからは新作を発表せずライヴ活動に専念していたが、2010年に初期作品を再録した『No Mercy Fool!/The Suicidal Family』をリリース。2012年4月には来日公演を行い[1]、その翌年にもインフェクシャス・グルーブスと共に来日した。2013年、13年ぶりの完全新作となるアルバム『13』を発表したが、翌年、ベース担当のティムが病気により急逝した[2]。 後に、ティムの後任としてマイケル・モーガンを迎え、同時に一時期バンドを離れていたドラマーのエリック・ムーアも復帰した。

2016年デイヴ・ロンバード、ジェフ・ポーガン、ラ・ディアスが加入しリズム隊を総入れ替え。14thアルバム『World Gone Mad』をリリース[3]

メンバー編集

現ラインナップ編集

旧メンバー編集

ギタリスト
 
リードギタリストのロッキー・ジョージは11年間に渡って在籍した
  • マイク・ボール Mike Ball (1980−1982)
  • リック・バットソン Rick Battson (1982−1983) 

上記2名が参加した音源は存在しない。

  • グラント・エステス Grant Estes (1982−1983)

 ファーストアルバムに参加。

  • ジョン・ネルソン Jon Nelson (1983−1984)

 スタジオ音源は存在しない。1983年に行われたファーストアルバムのツアーに参加。Join The Armyなどに収録される曲を数曲作っている。それらの曲の権利は脱退時にすべてマイク・ミューアに売り渡した(マイクの持っていたフライングVのプロトタイプモデルと交換したとも言われる)。

  • ロッキー・ジョージ Rocky George (1984−1995)

 Welcome to Veniceからバンドに加入し、Join the ArmyからSuicidal for Lifeまで参加。アイバニーズ・RGシリーズがトレードマーク。スレイヤーのジェフ・ハンネマンと「Pap Smear」というパンクバンドをしていた時期もある。

  • マイク・クラーク Mike Clark (1987−2012)

 How Will I Laugh Tomorrow When I Can't Even Smile Todayから13まで参加。バンドのメインソングライターとして数多くの曲を作った。クラーク参加以前に作曲された曲のみを収録したStill Cyco After All These Yearsを除けば、参加したすべてのアルバムで作曲を担当している。

  • ニコ・サントラ Nico Santora (2012−2016)
ベーシスト
 
元メンバーのロバート・トゥルージロは脱退後、オジー・オズボーンメタリカでプレイしている
  • マイク・ダニガン Mike Dunnigan (1980−1981)

 マイク・ボール脱退直後はギタリストとして参加していた。

  • アンドリュー・エヴァンス Andrew Evans (1981)

 マイク・ボール脱退直後にベーシストとして参加。

  • ルイス・マヨルガ Louiche Mayorga (1981−1987)

 ファーストアルバムからJoin The Armyまで参加。パンク志向が強く、メタルに影響されて変化することに否定的だった。

  • リック・クレイトン Ric Clayton (1988)

 元No Mercyのベーシストで、マイク・クラークと同時に加入。現在使用されているバンドのロゴを制作した。

  • ボブ・ヒースコート Bob Heathcote (1987−1989)

 How Will I Laugh Tomorrow When I Can't Even Smile Todayに参加。突如解雇された後、しばらくは音楽活動を続けていたが、その後はカーレース専門の写真家に転身した。

 Lights...Camera...Revolution!からSuicidal for Lifeまで参加。現在はメタリカに加入。

  • ジョシュ・ポール Josh Paul (1997−2001)

 Six the Hard WayからFree Your Soul and Save My Mindまで参加。現在はドートリーのベーシスト。

 Year of the CycosからNo Mercy Fool!/The Suicidal Familyまで参加。サンダーキャットという名義でベーシストとして活動を続けている。

  • ティム・ウィリアムス Tim "RAWBIZ" Williams (2011−2014)

 バークリー音楽大学出身。2014年に死去。

  • マイケル・モーガン Michael Morgan (2014-2016)
ドラマー
  • エイメリー・スミス Amery Smith (1982−1984)
  • R.J.ヘレーラ R. J. Herrera (1984−1991)
  • ジミー・デグラッソ Jimmy DeGrasso (1992−1995)
  • ブルックス・ワッカーマン Brooks Wackerman (1997−2001)
  • ロン・ブラナー・ジュニア Ron Brunner, Jr. (2001−2004)
  • デイヴ・イダルゴ Dave Hidalgo (2005−2008)
  • エリック・ムーア Eric Moore (2008−2014, 2014−2016)
  • トーマス・プリジェン Thomas Pridgen (2014)

タイムライン編集

 

ディスコグラフィー編集

スタジオアルバム
  • 1983 スイサイダル・テンデンシーズ Suicidal Tendencies
  • 1987 軍団宣言 Join The Army
  • 1988 ハウ・ウィル・アイ・ラフ・トゥモロウ How Will I Laugh Tomorrow When I Can't Even Smile Today
  • 1990 ライツ…カメラ…レボリューション Lights...Camera...Revolution!
  • 1992 ジ・アート・オブ・リベリオン Art Of Rebellion
  • 1994 スイサイダル・フォー・ライフ Suicidal For Life
  • 1999 フリーダム Freedumb
  • 2000 フリー・ユア・ソウル…アンド・セイヴ・マイ・マインド Free Your Soul And Save My Mind
  • 2010 ノー・マーシー・フール!/ザ・スイサイダル・ファミリー No Mercy Fool!/The Suicidal Family
  • 2013 13 13
  • 2016 ワールド・ゴーン・マッド World Gone Mad
EP
  • 1998 Six The Hard Way
コンピレーション
  • 1989 檄 Controlled by Hatred / Feel like Shit...Deja Vu - 初期EP集
  • 1992 F.N.G. - 初期アルバム3作からのベストアルバム
  • 1993 スティル・サイコ・アフター・オール・ジーズ・イヤーズ Still Cyco After All These Years - リ・レコーディング集
  • 1997 プライム・カッツ Prime Cuts - ベストアルバム
  • 2010 Playlist: The Very Best of Suicidal Tendencies - ベストアルバム
  • 2010 No Mercy Fool!/The Suicidal Family - リ・レコーディング集

脚注編集

外部リンク編集