スターデジオ

スターデジオ
基本情報
運営(番組供給)事業者 株式会社第一興商
本社(本部) 〒141-8701
東京都品川区北品川5-5-26
放送(配信)開始 1996年10月1日
ジャンル ラジオ
放送内容 100ch音楽ラジオ
視聴料金 月額1,500円(税別)
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社第一興商
チャンネル番号 Ch.400 - 499
放送開始 1996年10月1日
その他(再送信・配信)
公式サイト

スターデジオ(STAR digio)は、スカパー!プレミアムサービスで放送されるデジタルラジオ放送(CSデジタル音声放送)。第一興商が運営。多チャンネル音楽デジタルラジオの先駆である。

目次

概要編集

放送枠は100チャンネル(チャンネル番号400~499)を保有し、午前4時を起点とした24時間放送。

開局当初、デジタルでの大量放送が行なわれることにより海賊版氾濫や売上低下を招くとの不安からレコード会社から訴訟を起こされた(後述)。その和解結果に基づき、一部のチャンネルを除いて月曜日〜日曜日の一週間同じサイクルで楽曲が流れ(アトランダムで放送するチャンネルは曲順が変更となる)、毎週月曜日に楽曲が変わる放送形態となった。また、新曲解禁に関しては発売後の日数がシングル楽曲に関しては5日後(水曜日発売楽曲は次の月曜日)、アルバム楽曲は12日後(水曜日発売の楽曲は2週後の月曜日)に解禁となる(水曜日以外で発売される楽曲に関しては、もう1週後の月曜日に解禁となる)。

毎月第一日曜日に実施される「プレミアム無料の日」に関しては、当初のノースクランブル放送実施から長らく対象外となっていた時期を経て、現在は400chのみ毎回参加となっている。

なお「大解放デー」参加対象外だった時期はGW、お盆、年末年始等に2日程度、全100チャンネルの無料放送を行っていた。その後長らく実施されなかったが、久しぶりに2014年6月17日から一週間、無料放送が行われた[1]

チャンネル紹介編集

以下は2014年4月現在。

  • 400 - STATION400(コンピレーションチャンネル)
    コンピレーション番組が中心。
    毎週日曜日はスターデジオのプロモ的な役割を果たす「サンデーPOWER PUSH!」[2]となり、これは無料で放送される。
  • 401-419 - J-POP等が中心
  • 421-429 - フォークソング演歌が中心
  • 430-445、462 - ジャズクラシック音楽が中心
  • 446-460 - 洋楽が中心
  • 420、461、463-499 - ワールドミュージック・BGM・ダンス&ソウル等が中心

2013年3月以前の400chは「音楽&トークバラエティ」だった。基本は自社制作による番組だが、一部地上波でも放送されている他番組制作会社による番組(小金沢くんの波乗り歌謡曲、林あさ美のそろそろあさmix、竹川美子のまあまあ聞きんさい!)も放送していた。

また、以前は499chでInterFMの再送信も行っていたが(「Wolfman Jack Show」や毎年2月に放送されるグラミー賞の中継は権利上の関係から放送されず、別の番組に差し替え放送されていた)2011年3月31日で再送信を終了している。さらにコミュニティ放送SHIBUYA-FMの再送信を行っていたこともある。

レコード会社による訴訟編集

1998年、レコード会社13社によりスターデジオの放送差し止めを求める訴訟が起こされた。

レコード会社側の主な主張は、スターデジオが著作権法の定める放送に該当せず、また、受信者がMD等にデジタル録音することは私的複製に当たらない違法なものであり、第一興商は放送時刻情報を提供するなどしてこれを幇助した、といった物であった。

一審の東京地裁は、スターデジオは著作権法上の放送に該当し、また受信者による録音も私的複製に該当するとしてレコード会社側の主張を退けた。[3]

二審の東京高裁において、2002年12月26日に以下の内容の和解が成立した。[4]現在の新譜放送開始日などの条件はこの和解に基づいている。

  • FAXサービスやインターネット等での番組の事前告知において、個別の楽曲の開始、終了時刻を表示しない。
  • 新譜の使用禁止期間を設ける(シングルは発売翌日から四日間、アルバムは同十日間)。
  • 上記条件に加えて、新譜アルバムは原則として発売後の期間に応じて2 - 3週にわたって分割して放送する。

放送の仕様編集

サンプリング周波数48kHz、ビットレート192kbpsのMPEG-1 Audio Layer2(MP2)。スターデジオの100チャンネルだけで通信衛星(JCSAT-3A)のトランスポンダを1つ占有している。

「スカパー!プレミアムサービス(標準画質)」(光を含む)での放送であり、それに対応するチューナーでのみ受信可能。

その他編集

関連項目編集

備考編集

[ヘルプ]
  1. ^ スターデジオからのお知らせ2014年6月8日閲覧
  2. ^ 2013年4月から2014年3月までは「デジオINDEX」であり、「サンデーPOWER PUSH!」はその中の一コーナーだった。
  3. ^ 知っておきたい主要判決 29.「スターデジオ」事件(日本弁理士会 月刊「パテント」2002年7月号)
  4. ^ 株式会社第一興商 スターデジオ訴訟に関する和解成立について(共同通信PRワイヤー)

外部リンク編集