スタートレック:ショートトレック

スタートレック ショートトレック(Star Trek: Short Treks)CBS All AccessによるアメリカSFドラマシリーズ『スタートレック』の短編アンソロジー・シリーズである。

概要編集

シーズン1は、12年ぶりに復活した『スタートレック』シリーズである『スタートレック:ディスカバリー』のシーズン1とシーズン2の間に4話の15分から18分の短編がCBS All Accessにより配信され[1]、アメリカとカナダ以外では『スタートレック:ディスカバリー』と同じくNetflixにより配信された(予告編などと同じタブにある)。日本では、さらに2020年1月にスーパー!ドラマTVで放送されている。4話はすべて『スタートレック:ディスカバリー』関連である。

シーズン2は『スタートレック:ディスカバリー』のシーズン2と『スタートレック:ピカード』のシーズン1の間にアニメーションエピソード2話を含む6話が配信され、いずれかに関連するエピソードと関連性の希薄なエピソードの混在となっている。『スタートレック:ピカード』がアメリカ・カナダ以外ではAmazonビデオで配信されることもあり、これら6話の両国以外でのリリースは2020年9月現在未定である。

エピソード編集

シーズン1編集

通算
話数
タイトル監督脚本放送日
1"逃亡者"
"Runaway"
Maja VrviloJenny Lumet & アレックス・カーツマン2018年10月4日 (2018-10-04)
惑星連邦の船内で、ティリーは怪我をした密航者のザヒアン人の少女のポー(ミハニイカハリカポー)に出会う。ポーはダイリチウムの合成器を発明した天才技術者であり、女王としての戴冠式を翌日に控える。ティリーはポーを送り出す。
2"宇宙の恋人"
"Calypso"
Olatunde OsunsanmiSean Cochran &マイケル・シェイボン2018年11月8日 (2018-11-08)
1000年後、無人のまま特定座標に留まるよう命令されたディスカバリーのコンピューターは自意識を持つようになり、自分をゾーラと呼ぶ。ゾーラは救命ポッドを回収してクラフトという男性を救助して治療し、親しくなる。やがてゾーラはクラフト(オルディス・ホッジ)をシャトルに乗せて母星に帰す。
3"希望の輝き"
"The Brightest Star"
Douglas AarniokoskiBo Yeon Kim & Erika Lippoldt2018年12月6日 (2018-12-06)
若き日のサルーが描かれる。遅れた被捕食種族ケルピアン人のサルーは外の世界に憧れ、ワープ技術を持つバウル人の通信機を盗んで信号を送る。これに応えてフィリッパ・ジョージャウが訪れ宇宙への旅に誘うが、二度と戻れるかどうかは保証しない。
4"華麗なる脱出"
"The Escape Artist"
レイン・ウィルソンMichael McMahan2019年1月3日 (2019-01-03)
詐欺師でお尋ね者のハリー・マッドは賞金稼ぎに捕らえられ、惑星連邦に引き渡されそうになる。だが、連邦船にはマッドの外見を持つ大量のアンドロイドが引き渡されている。本物のマッドは自分の姿のアンドロイドを製作し、賞金稼ぎに販売していたことがわかる。

シーズン2編集

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本放送日 [2]
51
"Q&A"
マーク・ペリントンマイケル・シェイボン2019年10月5日 (2019-10-05)

スタートレック:ディスカバリー』関連


62
"The Trouble with Edward"
Daniel Gray LonginoGraham Wagner2019年10月10日 (2019-10-10)

スタートレック:ディスカバリー』関連


73
"Ask Not"
Sanji SenakaKalinda Vazquez2019年11月14日 (2019-11-14)

スタートレック:ディスカバリー』関連


84
"Ephraim and Dot"
マイケル・ジアッチーノChris Silvestri & Anthony Maranville2019年12月12日 (2019-12-12)

アニメーション


95
"The Girl Who Made the Stars"
Olatunde OsunsanmiBrandon Schultz2019年12月12日 (2019-12-12)

アニメーション


106
"Children of Mars"
Mark PellingtonKirsten Beyer & Jenny Lumet & アレックス・カーツマン2020年1月9日 (2020-01-09)

スタートレック:ピカード』関連


ホームメディア編集

シーズン1のうち2話 - 『逃亡者』(Runaway)と『希望の輝き』(The Brightest Star)は『スタートレック:ディスカバリー』のシーズン2の内容に直接関係しており、アメリカ国内で発売されたシーズン2のBlu-ray およびDVDに含まれ、日本でもBlu-rayには含まれている。

シーズン1の全4話、およびシーズン2のうち『スタートレック:ピカード』関連のエピソードである"Children of Mars"を除く5話を含む全9話からなるDVDおよびBlu-rayが2020年6月2日にアメリカ国内で発売されている[3]

シーズン2の"Children of Mars"は2020年10月6日にアメリカで発売予定のDVD およびBlu-Rayの『スタートレック:ピカード』シーズン1に収録予定である。

脚注編集

  1. ^ N'Duka, Amanda (2018年7月20日). “'Star Trek: Short Treks' Set On CBS All Access, 'Discovery' Season 2 Trailer Unveiled, Rebecca Romijn Joining The Cast – Comic-Con”. Deadline Hollywood. 2018年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月21日閲覧。
  2. ^ Boucher, Geoff (2019年10月5日). “‘Star Trek: Discovery’: Season 3 Teaser, ‘Short Treks’ Announced At New York Comic Con”. Deadline Hollywood. 2019年10月6日閲覧。
  3. ^ Announcing Star Trek: Short Treks Release on Blu-Ray and DVD”. StarTrek.com (2020年3月15日). 2020年3月16日閲覧。

外部リンク編集