メインメニューを開く

ステアー・スカウト(Steyr Scout)は、オーストリアステアー社の狙撃銃。「スカウトライフル」という概念に基づいて設計されている。

ステアー・スカウト
Steyr Elite.jpg
.308Win仕様ステアー・スカウトエリート
ステアー・スカウト
種類 狙撃銃、スカウトライフル
製造国 オーストリアの旗 オーストリア
設計・製造 シュタイヤー・マンリヒャー
年代 現代
仕様
種別 汎用狙撃銃
口径 5.56mm
6mm
7.62mmほか
銃身長 508mm
使用弾薬 5.56x45mm NATO弾
7.62x51mm NATO弾など
装弾数 5発/10発
作動方式 ボルトアクション方式
全長 1,039mm
重量 3,300g(スコープ弾薬なし)
有効射程 400m前後
歴史
設計年 1983年
製造期間 1998年-現在
配備期間 1998年-現在
配備先 コソボ解放軍
デルタフォース
テンプレートを表示

概要編集

そもそも「スカウトライフル」とは、アメリカのジェフ・クーパーにより提唱された概念で、全長1,000mm以下・重量3.5kg以下・銃口近くにオフセットされた低倍率スコープなどを特徴とする。もともとこのタイプの銃は民間ガンスミスらの手によってたびたび生産されてきたが、ステアー社がこれに目をつけ、同社製AUGで培った合成樹脂の加工技術を応用し、大量生産品として仕上げたものである。銃全体は軽量化のためポリマーフレームで製作され、フォアエンドは展開すれば二脚にもなる。チークピースは可変式。DSR-1と同じく、予備の弾倉を銃本体にしまっておく事ができる(ストック内部に専用の収納口を有する)。純正モデルは、スコープ破損などに備えて予備用の可倒式ゴーストリングサイトが装備されている。ボルトニッケル加工が施され、機関部の信頼性が高い。命中精度の高さから、競技用・狩猟用などに幅広く使われている。

もともと軍事用途を想定していなかった本銃だが、狙撃銃として「ステアー・タクティカルエリート」なるモデルが存在する。最大の特徴であるフォワードマウントされたスコープはオミットされ、ピカティニー・レールを備えると共にスコープが通常位置まで後退している。また、いずれのモデルも.223Rem.243Win7mm-08Rem.308Win.376Steyr弾薬を使い分ける事ができる。

登場作品編集

映画編集

ツーリスト

ゲーム編集

Left 4 Dead 2
PC版のカスタムサーバーでは隠し武器として登場し、ゴア表現が規制されているバージョンにおいて登場する。
サーバー内にゴア表現が規制されているバージョンでプレイしているプレイヤーが居ると規制版武器(CS:S武器)に自動的に置き換えられる。
性能は連射性能以外ハンティングライフルとあまり変わらない。連射性能はボルトアクションのためハンティングライフルより遅い。登場する銃の中で一番使いづらい銃になる。
カウンターストライク
「Schmidt Scout 」の名称で7.62x51mm NATO弾モデルが登場。TRとCT両方で購入可能。スナイパーライフルの中では一番値段が安い。
性能は、ヘッドショット以外2~3発撃たないと倒せないほど威力が低い。登場する武器の中で一番軽い武器で、何故か近接武器のナイフより移動速度がわずかに早い。
バトルフィールドシリーズ
BF4
BFH
レインボーシックス ベガス

外部リンク編集