メインメニューを開く
ストラフォード伯(第3期)ビング家の紋章

ストラフォード伯爵英語: Earl of Strafford)は、イギリス伯爵位。

過去に三回創設されており、第1期はトマス・ウェントワース1640年イングランド貴族として叙されたのに始まるが、二代で絶えた。第2期はその弟の孫であるトマス・ウェントワース1711年グレートブリテン貴族として叙されたのに始まるが、3代で絶えた。現存する第3期はトリントン子爵ビング家の分流でウェントワース家の女系の子孫であるジョン・ビング1847年連合王国貴族として叙されたのに始まる。

目次

歴史編集

ウェントワース家(第1期)編集

 
初代ストラフォード伯(第1期)トマス・ウェントワース

ウェントワース家はヨークシャーウェントワース・ウッドハウス英語版を中心に土地を保有するジェントリ(地主)の家系である。ウェントワース家の当主で最初に称号を得たのは1611年6月29日準男爵に叙せられたウィリアム・ウェントワース(-1614)である[1]

彼の長男である第2代準男爵トマス・ウェントワース(1593–1641)は、清教徒革命イングランド内戦)前夜の国王チャールズ1世の親政期(1629年 - 1640年)にカンタベリー大主教ウィリアム・ロードと共に国王側近として専制政治を行い、1640年から1641年にかけての議会で専制政治の責任を追及されて処刑された人物として知られる[2]。それまでに国王から次々と爵位を与えられ、1628年7月22日イングランド貴族爵位「ウェントワース・ウッドハウスのウェントワース男爵英語版 (Baron Wentworth, of Wentworth Woodhouse)」と「ニューマーチ=オーバーズリー男爵 (Baron of Newmarch and Oversley)」、同年12月13日にイングランド貴族爵位「ウェントワース子爵英語版 (Viscount Wentworth)」、そして1640年1月12日にイングランド貴族爵位ストラフォード伯爵(第1期)と「ダラム州・主教管区におけるラビー男爵 (Baron of Raby in the County or Bishopric of Durham)」に叙せられた。このうちラビー男爵は弟ウィリアムとジョージへの特別継承権が認められていた[1]

初代伯の処刑とともに全保有爵位が剥奪されたが、王政復古後の1662年5月19日の議会法により、初代伯の長男ウィリアム・ウェントワース英語版(1626–1695)に爵位回復が認められた。しかし彼には子供がなく、彼の死とともにラビー男爵位を除く全爵位が廃絶した[1]

ウェントワース家(第2期)編集

ラビー男爵位のみ特別継承権で初代ストラフォード伯(第1期)トマスの弟ウィリアムの孫にあたるトマス・ウェントワース(1672–1739)に継承された。彼は軍人・外交官・政治家として活躍し、駐プロイセン大使(在職1705年-1711年)や駐オランダ大使(在職1711年-1714年)、海軍大臣英語版(在職1712年-1714年)などを歴任し、1711年6月29日に新規にグレートブリテン貴族爵位「ヨーク州におけるスタインバラおよびウェントワース・ウッドハウスのウェントワース子爵 (Viscount Wentworth, of Wentworth Woodhouse and of Stainborough in the County of York)とストラフォード伯爵(第2期)に叙せられた。この2つの爵位は特別継承権として弟ピーターへの継承権を認めていた[3]

初代伯の死後、その長男であるウィリアム・ウェントワース英語版(1722–1791)が2代ストラフォード伯爵位を継承したが、彼には子供がなかったため、彼の死後、特別継承権の規定により初代伯の弟ピーターの孫にあたるフレデリック・ウェントワース英語版(1732–1799)が爵位を継承した。しかし彼も子供がなかったので彼の死とともに爵位は廃絶した[3]

ビング家編集

初代ストラフォード伯(第2期)トマスの孫娘アン・コノリーとジョージ・ビング(初代トリントン子爵ジョージ・ビングの4男ロバート・ビング英語版の長男)の間の4男であるジョン・ビング(1772–1860)は、陸軍軍人としてフランス革命戦争ナポレオン戦争に従軍し、陸軍元帥英語版まで昇進した人物である[4][5][6]。彼は1835年5月12日連合王国貴族「ミドルセックス州におけるハーモンズワースのストラフォード男爵(Baron Strafford, of Harmondsworth in the County of Middlesex)」、1847年9月18日に連合王国貴族「ミドルセックス州におけるインフィールドのインフィールド子爵(Viscount Enfield of Enfield in the County of Middlesex)」とストラフォード伯爵(第3期)に叙せられた。以降これらの爵位は彼の男系男子によって現在まで継承されている[5]

2代伯ジョージ・ビング英語版(1806–1886)と3代伯ジョージ・ビング英語版(1830–1898)は、ホイッグ党自由党の政治家として政府の役職を歴任した[5]

2017年現在の当主は9代ストラフォード伯ロバート・ビング(1964-)である。家訓は「守り抜く(Tuebor)」[5]

現当主の保有爵位編集

現当主の9代ストラフォード伯ロバート・ビングは以下の爵位を保有している[5]

  • 第9代ストラフォード伯爵 (8th Earl of Strafford)
(1847年9月18日勅許状による連合王国貴族爵位)
  • ミドルセックス州におけるインフィールドの第9代インフィールド子爵 (8th Viscount Enfield, of Enfield in the County of Middlesex)
(1847年9月18日の勅許状による連合王国貴族爵位) ※法定推定相続人の儀礼称号
  • ミドルセックス州におけるハーモンズワースの第9代ストラフォード男爵 (8th Baron Strafford, of Harmondsworth in the County of Middlesex)
(1835年5月18日の勅許状による連合王国貴族)

一覧編集

ウェントワース・ウッドハウスのウェントワース準男爵 (1611年)編集

ストラフォード伯 第1期 (1640年)編集

ラビー男爵 (1640年)編集

ストラフォード伯 第2期 (1711年)編集

ストラフォード伯 第3期 (1847年)編集

系譜図編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Strafford, Earl of (E, 1640 - 1695)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月12日閲覧。
  2. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 720.
  3. ^ a b Heraldic Media Limited. “Strafford, Earl of (GB, 1711 - 1799)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月12日閲覧。
  4. ^ Heathcote 1999, p. 63-64.
  5. ^ a b c d e Heraldic Media Limited. “Strafford, Earl of (UK, 1847)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月12日閲覧。
  6. ^ Heraldic Media Limited. “Torrington, Viscount (GB, 1721)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年1月12日閲覧。
  7. ^ 中里介山・白洲次郎にみる 新中間層の成り上がりと 多摩地域の関係多摩大学2011年度インターゼミ多摩学グループ、多摩学電子新書9号、2012年1月

参考文献編集

  • 松村赳富田虎男『英米史辞典』研究社、2000年。ISBN 978-4767430478
  • Heathcote, Tony (1999). The British Field Marshals, 1736–1997: A Biographical Dictionary. Barnsley: Leo Cooper. ISBN 0-85052-696-5. 

関連項目編集