スピードアップ (Speed Up) は、イタリアのオートバイレーシングチーム、コンストラクター。2010年に設立され、ヴィチェンツァを拠点とする。2012年にはスピードアップ・ファクトリーの名で独自のシャシーの製造を始めた。

スピードアップ Srl
株式会社
業種 機械工学, オートバイ
設立 2010年
創業者 ルカ・ボスコスクーロ
本社
製品 シャシー, フレーム
ウェブサイト www.speedupfactory.com
スピードアップ
2015年
チーム名
スピードアップ・レーシング
本拠地 イタリアの旗 ヴィチェンツァ, イタリア
代表 ルカ・ボスコスクーロ
ライダー 22. イギリスの旗 サム・ロウズ
マシン スピードアップ・SF15
タイヤ ダンロップ

歴史編集

チームは2010年に元グランプリライダーのルカ・ボスコスクーロが設立、新設されたMoto2クラスに参入した。参戦初年度はFTRモト製の「M210」フレームを元に開発した「S10」を用い、ライダーにアンドレア・イアンノーネガボール・タルマクシを起用して3勝を挙げた[1]2011年にはFTR製の「M211」を用い、ポル・エスパルガロバレンティン・デビーズを起用して参戦した。

 
スピードアップ・S10に乗るアンドレア・イアンノーネ

2012年、チームは自身のシャシー「S12」の製造を始め[2]、アンドレア・イアンノーネのスピードマスター・チームと提携、イアンノーネとマイク・ディ・メッリオにシャシーを供給した。イアンノーネはシーズン2勝を挙げる。このシーズン中にQMMFレーシングチームはモリワキ製シャシーからスピードアップのシャシーにチェンジしている。

2013年は新型シャシーの「SF13」がデビューした。フォワード・レーシング、AGR、QMMFレーシングチームの3チームに供給され、最高位はシモーネ・コルシドイツGPにおける2位であった。

2014年は新型の「SF14」を投入する。サム・ロウズを擁した自身のチームと、QMMFレーシングチームの2チームが使用し、アンソニー・ウエストダッチTTで優勝している。

GP戦績編集

クラス チーム名 車両 ライダー 出走数 勝利数 表彰台数 PP FL ポイント 順位
2010年 Moto2 Fimmco Speed Up スピードアップ・S10   ガボール・タルマクシ 17 0 1 1 0 109 6位
  アンドレア・イアンノーネ 17 3 8 5 6 199 3位
2011年 Moto2 HP Tuenti Speed Up FTRモト・M211   ポル・エスパルガロ 17 0 2 0 1 75 13位
Speed Up   バレンティン・デビーズ 17 0 0 0 0 0 NC
2012年 Moto2 S/Master Speed Up スピードアップ・S12   マイク・ディ・メッリオ 7 (16)[注釈 1] 0 0 0 0 10 (17)[注釈 1] 22位
  アレッサンドロ・アンドレオッツィ 10 (11)[注釈 1] 0 0 0 0 0 NC
2014年 Moto2 Speed Up スピードアップ・SF14   サム・ロウズ 18 0 0 0 0 69 13位
2015年 Moto2 Speed Up Racing スピードアップ・SF15   サム・ロウズ 1 0 0 1 0 0* NC*
  • * 現在進行中。

編集

  1. ^ a b c 数字はチームでの獲得ポイント。括弧内の数字はシーズンに獲得した総ポイント。

参照編集

外部リンク編集