メインメニューを開く

スピード測定器(スピードそくていき)は、運動する物体の速度の特定方向成分を測定する測定機器である。一般には、ディケイター・エレクトロニクス[注 1]商標であるスピードガンの名称で知られる。

目次

原理と構造編集

測定する物体に向けて電波を照射し、物体による反射波を測定する。物体が運動している時はドップラー効果によって反射波の周波数が変化するため、これと発射波の周波数を比較することにより、運動の速さを算出する。電波を利用して測定するため、対象物の運動が光速を超えない限り、理論的には計測が可能である[1]

自動車の速度違反取締り編集

自動速度違反取締装置は、制限速度を超過して走行している自動車を検出するために用いられる。一般にはボーイングの商標であるオービスの名称で知られる[1]

電波法令上は無線標定陸上局または無線標定移動局であり、警察用であるので、操作またはその監督に第二級陸上特殊無線技士以上の無線従事者を要する[2]

野球の球速測定編集

 
野球のスカウトでの様子

概要編集

野球において、投手が投げるボールの速さを測定するために用いられ、専らスピードガンと呼ばれる。但し英語ではレーダーガン(Radar gun)という。 空中線電力0.1W以下の適合表示無線設備技適マークのあるもの)を用いた無線標定陸上局または無線標定移動局であれば、操作に無線従事者は不要[2]で誰でも使用できる。

日本での導入経緯編集

スピードガンが日本に初めて伝わったのは、1976年(昭和51年)のこと[3]。翌年より木庭教スカウト活動で用いるようになり[3]、1979年(昭和54年)には全球団に広まった[4]。テレビの野球中継でスピードガンによる球速表示を初めて行ったのは、1979年(昭和54年)4月1日の巨人対阪神戦とされている[3]。球場の電光掲示板において球速表示がされるようになったのは、1980年(昭和55年)4月5日のナゴヤ球場である[3]。高校野球における甲子園球場(オーロラビジョン)での球速表示は、2004年(平成16年)の選抜高校野球からである(それまでは球速表示と同時に広告スポンサーが表示されていたため、表示が見送られていた)[3]

メジャーリーグ編集

日本に先駆けて[3]20世紀後半から球速の測定にはスピードガンが使われてきた。スポートビジョン社の開発した「PITCHf/x」という投球解析装置が2006年ポストシーズンからメジャーリーグ各球場へ設置され始めた。「PITCHf/x」は現在メジャーリーグ全球場に共通の機種が設置されており、MLB公式ホームページの1球速報「Gameday」やアメリカの野球データサイト「FanGraphs」などでデータが一般公開されている。3方向から投球を解析するこの装置の導入により、球速に限らず投手のリリースポイントやボールの回転数、変化球の曲がり具合、落差などを解析することが可能となり、スピードガンの問題点であった機種や設置場所による精度の違いを克服した[5]。「PITCHf/x」の他にも、ドップラー・レーダーを利用して投手のリリースポイントと、そこからのボールの移動速度やボールの回転数、回転速度を計測して「ボールの伸び」を解析する装置がデンマークのトラックマン社によって開発されている[5]。また、近年では野手の送球も計測されている[6][7][8][9][10][11]

脚注編集

関連項目編集