メインメニューを開く

スペースバリューホールディングス

日本の持株会社

株式会社スペースバリューホールディングス(SPACE VALUE HOLDINGS CO., LTD.)は、日本の持株会社日成ビルド工業株式会社の単独株式移転によって設立された。監査役会設置会社の形態をとる東証一部上場企業である。

株式会社スペースバリューホールディングス
SPACE VALUE HOLDINGS CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 1448
2018年10月1日上場
本社所在地 日本の旗 日本
105-0014
東京都港区芝3-4-12
SVHDビル
本店所在地 920-0396[1]
石川県金沢市金石北3-16-10[1]
設立 2018年10月1日
業種 建設業
法人番号 5220001022512 ウィキデータを編集
事業内容 システム建築事業、立体駐車場事業及び総合建設事業等を展開するグループ会社の経営管理及びそれに附帯する業務
代表者 代表取締役社長CEO森岡直樹
資本金 70億円
発行済株式総数 35,556,584 株 [2]
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人[2]
主要子会社 日成ビルド工業100%
関係する人物 森岡篤弘
外部リンク https://www.svh.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

日成ビルド工業は1961年の設立以来、プレハブ建築、立体駐車場などの製造、販売、施行を行い、2012年に小澤建設(現・NB建設北関東)、2013年に相鉄建設(現・NB建設)、2016年にコマツハウス(現・システムハウスR&C)を子会社化するなどして事業を拡大してきた。

日成ビルド工業は2018年5月10日、企業価値の最大化・グループシナジー効果の最大化と経営の効率化・コーポレート・ガバナンスの強化を目的として、スペースバリューホールディングスを設立することを発表[3][4]。2018年10月1日に、日成ビルド工業株式を単独移転する形でスペースバリューホールディングスを設立した[2]

スペースバリューホールディングスは、2段階に分けてグループ会社の再編を行う予定である[3]

沿革編集

  • 2018年
    • 5月10日 - 日成ビルド工業が2018年10月1日付で持株会社制へ移行することを決議。
    • 10月1日 -日成ビルド工業株式を単独移転する形で設立。同時に日成ビルド工業に代わり、東京証券取引所一部へ上場。

グループ企業編集

国内編集

  • 日成ビルド工業株式会社
  • 株式会社NBマネジメント
  • 株式会社システムハウスR&C
  • 株式会社NBネットワークス
  • アーバン・スタッフ株式会社
  • 株式会社NB建設
  • 株式会社NB建設北関東
  • NBNS投資事業有限責任組合
  • 合同会社スペースバリューA号
  • 株式会社スペースバリューホテルディベロップメント
  • 株式会社NBパーキング
  • 株式会社NBインベストメント
  • 株式会社NBネットワークス

海外編集

  • NISSEI BUILD ASIA PTE. LTD.(シンガポール)
  • P-PARKING INTERNATIONAL PTE LTD(シンガポール)
  • SPACE VALUE(THAILAND)CO.,LTD.(タイ)
  • PCC-1 NISSEI TIC AUTO PARKING JOINT STOCK COMPANY(ベトナム)
  • EXCELLENCE PARKING SOLUTION SDN. BHD.(マレーシア)

脚注編集

  1. ^ a b 新規上場会社概要 スペースバリューホールディングス東京証券取引所 2018年9月3日
  2. ^ a b c 株式会社スペースバリューホールディングス設立に関するお知らせ”. スペースバリューホールディングス (2018年10月1日). 2018年10月6日閲覧。
  3. ^ a b 単独株式移転による持株会社設立に関するお知らせ”. 日成ビルド工業 (2018年5月10日). 2018年10月6日閲覧。
  4. ^ 名称は「スペースバリュー」 日成ビルド、持ち株会社10月設立”. 北国新聞 (2018年5月11日). 2018年10月6日閲覧。

外部リンク編集