ズットズレテルズ

ズットズレテルズ(ZUTTOZULETELLZ)は、日本ロックバンド2008年結成、2009年解散。2012年に再稼働。

ズットズレテルズ
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル ロック
ファンク
ヒップホップ
活動期間 2008年 - 2009年
2012年
レーベル redrec (sputniklab)
公式サイト http://www.setagaya90.com/
メンバー ドカットカット
リョフ
セイマン
ひでちゃん
ヒゲメガネ
スコポン
皿・粉

略歴編集

ヒゲメガネ(ハマ・オカモト)、セイマン(ラキタ)、スコポン(オカモトレイジ)、皿・粉(オカモトショウ)が「ズットズレテルズ」結成。その後、和光高等学校の卒業式のアフターパーティーに呂布らを加え出演[1]。このライブ限りで解散する予定だったが、ライブ後が「閃光ライオット2009」の開催時期で、「優勝賞金が100万円」という話で盛り上がり、エントリーに至った。閃光ライオットではファイナルステージへ進出。大会当日の8月8日にステージ上で解散を発表。同年11月11日にアルバム『第一集』を発売[2]。その後はバンドに対する取材やライブを全て断っており、SAKEROCKのイベントや音楽フェスティバル「ワールド・ハピネス」のオファーも断っていたという[1]

2012年5月に行われた「JAPAN JAM 2012[注釈 1]で再稼働[3]

2015年2月、MCのドカットカットが急逝。

2016年にアルバム『第一集』のアナログ盤を550枚限定で発売[4]

2019年に代表曲『僕の果汁』に加え、未発表バージョン『地球のへそ』と未発表曲『絶体絶命』[注釈 2]を収録したアナログ盤シングル『僕の果汁』を2000枚限定で発売[5]。後に1000枚の追加生産[6]

メンバー編集

  • ドカットカット (ドカット):MC
本名:草刈雄士。YUSHI。KANDYTOWN・BankRollのメンバー。血液型はA型。父親は俳優の草刈正雄、姉はタレントの紅蘭、妹は女優の草刈麻有。「WEEDCUT」としてSIMI LABの初期メンバーとしても活動していた。
2015年2月14日に草刈正雄の個人事務所がある東京都渋谷区のマンションから転落し、死去[7]
  • リョフ (呂布):MC
本名:中山亮平。Ryohu。ドカットと同じく、KANDYTOWN・BankRollのメンバー。呂布カルマとは別人。
本名:久富ラキ太[注釈 3]ニューヨーク生まれ。父親はBO GUMBOSの久富隆司(どんと)、母親はZELDAの小嶋さちほ[8]。5歳までは湘南で過ごし、18歳まで沖縄県で生活。沖縄県立首里高等学校卒業後に「卒業旅行のような感じ」で上京。ドラムのオカモトレイジ(スコポン)は父親同士仲が良かったため幼馴染であった[8]。バンド解散後はラキタとして活動。
  • ひでちゃん:ギター
本名:芝秀峰。
本名:濱田郁未。2009年にハマ・オカモトとしてOKAMOTO'Sへ加入。
本名:三宅零治。2006年からオカモトレイジとしてOKAMOTO'Sで活動。
本名:飯村翔。2006年からオカモトショウとしてOKAMOTO'Sで活動。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 チャート 収録曲
オリコン
[9]
redrec (sputniklab)
1st 2009年11月11日 第一集 RCSP-0017 (CD) 270位
  1. 僕の果汁
  2. Good Shit~思うようにさせるな!~
  3. バジャイナ バジャイナ
  4. 地球のへそ
  5. Nis!
  6. アウトサイドは濡れていた
  7. ズレテルリズムアンドブルウス
  8. 真っ赤な目っから
  9. ワーメン・ビーツ
  10. HがAとかYからYo!
  11. K-Town Is Burning
  12. 世田谷'90のテーマ
2016年1月29日 RCSP-0064 (2LP) 203位 A面
  1. 僕の果汁
  2. アウトサイドは濡れていた


B面

  1. Good Shit~思うようにさせるな!~
  2. バジャイナ バジャイナ
  3. 地球のへそ
  4. ズレテルリズムアンドブルウス


C面

  1. Nis!
  2. ワーメン・ビーツ
  3. HがAとかYからYo!


D面

  1. 真っ赤な目っから
  2. K-Town Is Burning
  3. 世田谷'90のテーマ

シングル編集

  発売日 タイトル 規格品番 チャート 収録曲
オリコン
[9]
redrec (sputniklab)
1st 2019年9月11日 僕の果汁 RCSP-0097 (EP) 40位 A面
  1. 僕の果汁


B面

  1. 地球のへそ
  2. 絶体絶命

収録作品編集

発売日 アーティスト タイトル 収録曲
2009年12月2日 V.A. 閃光ライオット2009
  • 僕の果汁
2010年6月16日 やついいちろう ATARASHII YATSU!
  • 僕の果汁

タイアップ編集

使用楽曲 タイアップ
僕の果汁 日本テレビ系「汐留☆イベント部」エンディングテーマ (2009年11月)[10]
テレビ神奈川音楽缶#」テーマソング (2009年11月)[11]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ OKAMOTO'Sのステージゲストとして出演。
  2. ^ BO GUMBOSの同名楽曲のカバー。『第一集』レコーディング時のアウトテイク。
  3. ^ 名付け親はボ・ディドリー[8]

出典編集

外部リンク編集