メインメニューを開く

セントラルシネマ宮崎(セントラルシネマみやざき)は、宮崎県宮崎市新別府町のイオンモール宮崎2階に所在する映画館シネマコンプレックス)。セントラル観光株式会社(代表:力武嘉壽子[1][2])が経営・運営している。

セントラルシネマ宮崎
Central Cinema Miyazaki
セントラルシネマ宮崎があるイオンモール宮崎
情報
正式名称 セントラルシネマ宮崎
旧名称 宮崎セントラルシネマ
完成 2005年
開館 2005年5月17日
収容人員 (9スクリーン合計)1,821人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX
ドルビー3D
用途 映画上映
運営 セントラル観光株式会社
所在地 880-0834
宮崎県宮崎市新別府町江口862番地1
イオンモール宮崎2階
位置 北緯31度55分22.519秒 東経131度27分21.456秒 / 北緯31.92292194度 東経131.45596000度 / 31.92292194; 131.45596000座標: 北緯31度55分22.519秒 東経131度27分21.456秒 / 北緯31.92292194度 東経131.45596000度 / 31.92292194; 131.45596000
アクセス 宮崎交通バス「イオンモール宮崎」停留所下車
イオンモール宮崎#周囲も参照)
外部リンク http://www.mcc-9.jp/
宮崎セントラル会館
Miyazaki Central Kaikan
情報
正式名称 宮崎セントラル会館
開館 1977年
閉館 2005年5月1日
収容人員 (7スクリーン合計)1,361人
設備 ドルビーデジタル
用途 映画上映
旧用途 ホテル
運営 セントラル観光株式会社
所在地 880-0001
宮崎県宮崎市橘通り西4丁目1-2
アクセス 宮崎駅より徒歩11分
宮崎交通バス「デパート前」停留所下車(2番のりば「宮交橘通支店前」より近い)

ここでは、当館の前身となる宮崎セントラル会館(みやざきセントラルかいかん)についても記述する。

歴史編集

1962年8月、橘百貨店の運営により、橘通り西4丁目1-2において開業された橘国際観光ホテル(たちばなこくさいかんこうホテル)がその前身である。地上9階地下2階建てのホテルとして当時の話題を呼んだが、わずか13年後の1975年に旧法人が倒産しホテルは廃業となってしまう。

ホテル閉鎖後、その跡地をセントラル観光が1977年に買収して、映画館ビル宮崎セントラル会館としてオープン。当初は東宝と共同で経営していたが、次第に番組編成がフリーとなる[2]。最盛期には7スクリーンを有する映画館として、ヒット作や大作を多数上映し同市内の映画ファンに親しまれた。

やがてホームビデオの台頭などで徐々に客足が低下し、さらにはビル自体の老朽化も重なり[1]2005年5月1日をもって28年続いたセントラル会館は閉館。同年5月17日、イオンモール宮崎[3]内に9スクリーンのシネマコンプレックスとして宮崎セントラルシネマがオープンし発展的に生まれ変わった。

2015年、セントラルシネマ宮崎に改称[4]

施設概要編集

宮崎セントラル会館編集

  • 所在地:宮崎県宮崎市橘通り西4丁目1-2
    宮崎放送本社(MRT miccを併設)に隣接していた。現在、跡地は駐車場となっている。
シアター名(座席数)
6階 宮崎ティアラ(111席)
4階 宮崎スカラ座(296席)
3階 宮崎東宝(294席)
2階 宮崎プラザ(288席)
1階 宮崎セントラル(176席)
地下1階 宮崎オスカー(126席)、宮崎アカデミー(70席)

セントラルシネマ宮崎編集

  • 所在地:宮崎県宮崎市新別府町江口862番地1 イオンモール宮崎2階
  • 全スクリーンともサラウンドEX対応。
スクリーン 座席数 備考
1 399
2 200
3 278 ドルビー3D対応
4 152 ドルビー3D対応
5 115 ドルビー3D対応
6 143
7 143
8 241
9 150

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b キーパーソン (2011年7月14日). “セントラル観光社長 力武嘉壽子さん”. 宮日ビジネスe-PRESS「みやビズ」. 2012年11月17日閲覧。
  2. ^ a b チャレンジする女性たち (2010年7月). “力武嘉壽子さん(宮崎市)”. 宮崎男女共同参画センター. 2012年11月17日閲覧。
  3. ^ 当初の名称は「イオン宮崎ショッピングセンター」。
  4. ^ フェイスブックページをオープン致しました! - セントラルシネマ宮崎、2015年1月1日、2015年5月4日閲覧。

外部リンク編集