メインメニューを開く

セントラル・スタジアム (エカテリンブルク)

セントラル・スタジアムロシア語: Центральный стадион, - Tsentralnyi Stadion)もしくはエカテリンブルク・アリーナは、ロシアスヴェルドロフスク州エカテリンブルクに所在する多目的スタジアム。2018年開催のFIFAワールドカップ開催会場となる[3][4]

セントラル・スタジアム
(Центральный стадион)

建設中(2017年)のスタジアム

施設情報
所在地 5, ulitsa Repina
Yekaterinburg, Sverdlovsk
620028, Russia[1]
位置 北緯56度49分57秒 東経60度34分25秒 / 北緯56.83250度 東経60.57361度 / 56.83250; 60.57361座標: 北緯56度49分57秒 東経60度34分25秒 / 北緯56.83250度 東経60.57361度 / 56.83250; 60.57361
建設期間 1957年
修繕 2017年
運用者 FCウラル・スヴェルドロフスク・オブラスト
ピッチサイズ 105x68 m
使用チーム、大会
収容能力
35,696 (Official)
33,061 (2018 FIFA World Cup)[2]
23,000 (W杯後)

もともとは自転車競技場であり、またスピードスケートとしての開催が多く、1959年に世界女子スピードスケート選手権大会が開催された。2017年に全面屋根付きのサッカー専用スタジアムとして改修された[5]。W杯ではゴール裏に仮設スタンドを設け、大会後に撤去される予定[6]

目次

主なイベント編集

サッカーの国際試合編集

日付 結果
2012年09月06日   ロシアU-21 4 - 1   ポーランドU-21
2012年09月10日   ロシアU-21 2 – 2   モルドバU-21
2012年10月16日   ロシアU-21 2 - 2   チェコU-21

ギャラリー編集

アクセス編集

  • エカテリンブルクの中心駅・エカテリンブルク駅の近くЖелезнодорожный вокзалから48番バスに乗り、Институт Связиで下車。そこから徒歩約5分(0.4km)[7]

脚注編集

外部リンク編集