メインメニューを開く

座標: 北緯13度44分13.2秒 東経100度33分43秒

ソイ・カウボーイ

ソイ・カウボーイ (タイ語: ซอยคาวบอย, Soi Cowboy) は、タイ王国の首都バンコク歓楽街の一つである。 短い通りに約40軒のバーが連なっており独特の雰囲気を醸し出している。

概要編集

店の殆どがゴーゴーバーと呼ばれるスタイルで、肌を露出した女性がステージの上で踊りその周りに座る客に酒を提供している。 ダンサーのほとんどが売春婦であり、バーに「ペイバー」と呼ばれる連れだし料を払えば店外に連れ出すことが可能である。 またこれらの店には、外国人客と同伴で無い限りタイ人の客は入店ができない。

通りの名前であるソイ・カウボーイ(カウボーイ通り)は、アメリカ人の元飛行士 T.G "Cowboy" Edwardsがこの地でバーを開いたことに由来する。 黒人である彼は常にテンガロンハットを被っていたのでニックネームでカウボーイと呼ばれていた。

2001年にタクシン・チナワットが首相に選ばれたときに、「社会秩序」キャンペーンを起こした。このキャンペーンの一環として、全てのバーとナイトクラブは午前2時までに閉店しなければならなくなった。そして公式に「エンターテインメント地域」に指定された全ての地域は午前1時までに閉店することになった。2010年現在、ソイ・カウボーイは午前1時になると全てのネオンが消されるが、営業は午前2時まで行われている。

場所としては、スクムウィットSoi21(アソーク)とスクムウィットSoi23を結ぶ通り、バンコク・スカイトレイン(BTS)のアソーク駅バンコク・メトロ(MRT)のスクムウィット駅からすぐの距離。

外部リンク編集