歓楽街

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

歓楽街(かんらくがい)とは、飲食店映画館などのレジャー施設が多数集まっている地区のことである。盛り場ネオン街とも称される。

すすきの(札幌)
歌舞伎町(東京)
中洲(福岡)

都市部においては、昼間も活気があるイメージの「繁華街」という言葉に対し、夜間に営業されるスナックバークラブなど、酒類の提供を主とする飲食店や、場所によっては性風俗産業風俗街)なども集まる夜の街を強調する意図をもって言い表すことが多い。

夜間営業の店が多いため、電飾を多用した派手で目立つ看板が多いのがひとつの特徴である。また、表向きは合法的な営業を装い、実際には非合法な行為が行われる店も少なくない。

また、旅行者が訪れる温泉街や宿場町などには、都市部ほど派手ではなく数も少ないが、歓楽街と称される一帯が付随していることが多い。業種の構成そのものは都市部とさほど違いはないが、外観は大きく違う。

目次

日本の歓楽街編集

北海道編集

東北編集

関東編集

中部編集

近畿編集

中国・四国編集

九州・沖縄編集

韓国の歓楽街編集

台湾編集

タイの歓楽街編集

シンガポールの歓楽街編集

アメリカ合衆国の歓楽街編集

フランス編集

香港編集

ドイツ編集

関連項目編集