この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

ソウニッビルマ語: စောနစ်1276年 - 1325年、在位:1299年[1] - 1312年)は、パガン王朝の第13代の国王。第12代国王チョウスワーの子。ツオウニとも表記される。

ソウニッ
စောနစ်
パガン王朝第13代王
在位 1299年 - 1312年

出生 1276年
死去 1325年
子女 オウサナー2世英語版
王朝 パガン王朝
父親 チョウスワー
宗教 上座部仏教
テンプレートを表示

生涯編集

チョウスワーが16歳の時にもうけた子である[2]

13世紀末のパガン宮廷で最も強勢であったアサンカヤー英語版ヤーザティンジャン英語版ティハトゥ英語版シャン族3兄弟のミンザイン王国英語版によって、1299年頃にチョウスワーに代わるパガン王に擁立される。ソウニッ在位中のパガンは過剰な灌漑、乱伐などによって土地の生産力が低下し、食料の供給が困難となり人口の流出が問題となっていた[3]。1312年に祖母である皇太后ソウと共に王家に伝わる金帯と金盆をティハトゥに贈り、王権の譲渡を表明した。ピンヤ朝建国後は地方城主(ミョウ・ザー)としてパガンを統治し、ティハトゥがパゴダを建立した際には彼と共に功徳を分かち合った。

彼の死後は子のオウサナー2世英語版1369年没)がミョウ・ザーの地位を継いでパガンを治めるが、オウサナー2世の死後アノーヤターの血統はアヴァ王朝に連なる女系を除いて断絶した[4]

脚注編集

  1. ^ 17世紀末の王統史『出生票集王統史』に拠る。
  2. ^ G.E.ハーヴェイ『ビルマ史』、112頁
  3. ^ G.E.ハーヴェイ『ビルマ史』、115頁
  4. ^ G.E.ハーヴェイ『ビルマ史』、116頁

参考文献編集

  • G.E.ハーヴェイ『ビルマ史』(東亜研究所訳, ユーラシア叢書, 原書房, 1976年)、112-116頁
  • 大野徹『謎の仏教王国パガン』(NHKブックス, 日本放送出版協会, 2002年11月)