ゾーロモン・ビルンバウム

ゾーロモン・アッシャー・ビルンバウム(Solomon Ascher Birnbaum, 1891年12月24日 - 1989年12月28日)は、イディッシュ語ヘブライ語学者、美術史家。

来歴編集

著名なシオニストであるナータン・ビルンバウムの子としてウィーンで生まれる。第一次世界大戦のときにオーストリア・ハンガリー帝国に従軍。ヴュルツブルク大学で博士号をとる。1922年から1933年にかけてハンブルク大学でイディッシュ語の講義を行う。

ナチ党が抬頭すると、1933年に妻のイレーネ・グリューンヴァルト、子供たちとともにイギリスに亡命する[1]1936年から1957年ロンドン大学の東洋アフリカ研究所で古文書学、碑文学、また1938年からスラブ・東欧学部の講師を務める。第二次世界大戦中はイギリスの書籍の翻訳に専心する。

1970年、カナダのトロントに移住[1]1989年12月28日、死去。

著書編集

  • Praktische Grammatik der jiddischen Sprache; Vienna and Leipzig, 1918; in: Grammatik der jiddischen Sprache, Hamburg 1966, 1979, 1984.
  • Leben und Worte des Balschemm; 1920
  • Die jiddische Sprache; in: Germanisch-Romanische Monatsschrift (1923)
  • Die Umschrift des Jiddischen; in: Teuthonista (1933)
  • the Age of the Yiddish Language; in: Transactions of the Philological Society, London 1939
  • Jewish Languages; in: Essays in Honour of the Very Rev. Dr. J.H. Hertz, London 1944 (1942)
  • Yiddish Phrase Book; hg. v. The Linguaphone Institute for The Jewish Committee for Relief Abroad, London 1945
  • The Cultural Structure of East Ashkenazic Jewry; in: The Slavonic and East European Review, London 1946
  • The Verb in the Bukharic Language of Samarkand; in: Archivum Linguisticum 2 (1950/51)
  • How old are the Cave Manuscripts?, in: Vetus Testamentum (1951)
  • The Hebrew Scripts; 2 Bde., Leiden 1954-57, 1971
  • Die jiddische Sprache; Hamburg 1974, 1986
  • Yiddish - A Survey and a Grammar, Toronto 1979
  • Zur Geschichte der u-Laute im Jiddischen; in: Zeitschrift für Deutsche Philologie (1981)

脚注編集

  1. ^ a b "Birnbaum, Solomon Asher" (2007). Encyclopaedia Judaica. 2nd ed. Vol. 3. Detroit: Macmillan Reference USA. p. 716.

Category:20世紀の言語学者